婚活応援ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚活コラム
  4. 運命の女性に見つけてもらうための男性プロフィールの書き方と結婚相談所の活用方

運命の女性に見つけてもらうための男性プロフィールの書き方と結婚相談所の活用方

運命のお相手と巡り会うためには、結婚相談所に入会しただけで大丈夫とはいきません。まずは、ご自身のことを見つけてもらわなくてはならないからです。

そこで重要になるのがプロフィールです。運命の女性にささるあなたのプロフィールを、一緒に作成していきましょう。

プロフィールの構成

結婚相談所によってプロフィールの内容は多少ちがいますが、注意すべき点は同じです。
年齢や性別などの単語で答える項目以外は、なるべく文章にして回答してください。
女性は想像する生き物なので「どんな人なのかな」と想像できる材料があればあるほど興味をもってもらえます。

単語の回答が多いプロフィールよりも文章の多いものの方が、自己PRまで目をとおしてもらえる確率が増えます。

■名前     ○森 太郎
■年齢     ○○歳
■居住地    東京都
■出身地    千葉県
■職業     文章で記入する 
■年収     ○○○万円
■婚姻歴    有の場合は補足で一言記入する
■子どもの有無 有の場合は補足で一言記入する
■喫煙     有の場合は補足で一言記入する
■飲酒     文章で記入する
■自己PR   ここが重要!

自己PRの書き方

人は出会った瞬間に、相手に対しての印象が8割以上決まると言われています。自己PRの書き方を知っているだけで、女性と巡り会うチャンスの数が増えるのです。

ご挨拶・人の魅力は第一印象が重要

プロフィールでは、書き出しのご挨拶こそが第一印象にあたります。
書き出しを疎かにすると、その先へ目を運んでもらえません。プロフィールを選んでもらった感謝の気持ちを添えて、冒頭のご挨拶文を考えてみましょう。

また、馴れ馴れしい言葉を使用するのもよくありません。早く打ち解けたい方や社交的であるなどのPRをしたい人は「人と話すのが好き」「初対面の人とでもすぐに打ち解けることができる」などの文章を入れてアピールすることをおすすめします。

挨拶文の例
■たくさんの会員の中から私のプロフィールをえらんでいただきありがとうございます。
■はじめまして。○○と申します。プロフィールを読んでいただいてとても嬉しいです。

女性の心をつかむ長所と短所

自分には長所がないと心配している方もご安心ください。どんな些細なことでも表し方によって長所になり得るからです。すべて、ポジティブな表現に変換すればよいのです。
また、抽象的な言葉だけではなく、具体的な日常の例をあげることで女性はあなたを想像しやすくなります。

このように、同じ人の性格でも嘘を書くのではなく、ポジティブな表現をするだけで女性への印象はとてもよいものになります。
変換例
「暗い」→「物静か」「感情の波が少ない」「穏やか」
「人見知り」→「時間をかけて深い人間関係を築くのが得意」
「短気」→「感情表現が素直で裏表がない」「わかりやすい性格」
「おおざっぱ」→「おおらか」「細かいことにとらわれない」

趣味はタイプな女性を捕まえるアイテム

ここでも、嘘はつかないということは鉄則です。趣味がないと思っている人でも、日常生活の中から必ず素敵なアイテムが見つかります。
例えば「休日は仕事で疲れているから、家でだらだら撮りためていたテレビドラマをみて時間が過ぎている。」なんて人も多いと思います。こんな日常も変換可能です!
変換すると→「平日撮りためておいたテレビドラマを、休日にゆっくり鑑賞するのが密かな楽しみです。ドラマがお好きな方に出会えたら、一緒に楽しさを共有したいです。」

また、女性の趣味を参考にするのもおすすめです。例えば「料理」「ヨガ」「アロマ」「カフェ巡り」「ピラティス」「テニス」など、女性の趣味として多いものは、男性の趣味としてはあまりあがってきません。 要するに、これらのことを趣味にかかげている男性は、女性の目にとまりやすく、親近感が湧くのです。気になる女性と趣味が少しでも重なれば、初めてお会いしたときの会話も弾みます。

これらのことを踏まえ、女性と一緒にいることが想像できる文章。明るい未来への希望をふくむ文章にすることがポイントです。

ポイント
■女性に多い趣味に注目する
■日常生活の中で趣味を見つける

プロフィール写真

良い写真の撮り方と、絶対やってはいけないNG行為を比較しながらプロフィール写真の正しい撮影方法をご紹介します。

写真撮影のNG行為

結婚を目的としたプロフィール作りにおいて、これだけは避けたい写真の撮影方法をいくつかご紹介します。

まず、SNSや婚活アプリなどで見かける自撮り写真です。結婚相談所へ登録されているのは、結婚相手を探している人です。気軽に遊びに誘える相手を探しているのではありません。次に、ピースサインや楽しそうなポージングをしている写真です。こちらも、真剣さが伝わらずあまりよい印象にはなりません。

このほか、当たり前のことですが、複数の人数で写っているものや集合写真から切り取って引き延ばしたような画質の粗い写真。携帯アプリで加工した写真も好ましくありません。携帯アプリで加工された写真を使用したいというお話をよく耳にしますが、加工はプロのカメラマンにお任せしてしっかりとした撮影技術のあるスタジオで撮ってもらうことをおすすめします。

NG行為
■自撮り
■ピースサイン
■集合写真
■画質の粗いもの
■携帯アプリ

服装

プロフィールを見てまず目に入ってくるのが写真です。ここで好印象を与えるためには、まずは正しい服装選びからはじめていきたいです。
就職用のプロフィールではありませんが、スーツを着用するのが無難です。普段からスーツを着ないので違和感があるという人は、綺麗なシャツやポロシャツにジャケットを羽織るというような「きちんと感」が感じられる服装を選んでください。結婚を意識している女性が見るのは、男性の「きちんと感」「清潔感」「爽やかさ」なのです。

注意としては、冠婚葬祭の黒いスーツしか持っていないなどの理由から黒を選ぶのはやめてください。せっかくスーツを着て「きちんと感」「清潔感」をまとったとしても、黒を着ることによって暗く重苦しいイメージが際立ってしまいます。
ダークな色でも、グレーのジャケットに淡い暖色系のネクタイを合わせて「爽やかさ」を取り入れるなど工夫をしてみてください。

また、極端に明るい色のジャケットや、蛍光色などの差し色も避けた方が無難です。
おすすめしたいジャケットの色はネイビーです。ネイビーと白の組合せはどんな方の肌の色にもマッチし、知性と清潔感を連想させてくれます。
ネクタイを薄いブルーやミントグリーンにすることで爽やかさもプラスされます。

もう少し個性を出したい場合は、中に着るシャツの色を変え、胸元のポケットチーフに好きな色をプラスするなどしてご自身の個性を演出してください。

ポイント
■スーツ、または、シャツやポロシャツにジャケット
■「きちんと感」「清潔感」「爽やかさ」を大切にする
■黒はNG

表情

服装が決まったら実際に撮影をしていきます。
撮影はプロにお願いすることで、NG写真は避けることができますが、表情は自分でがんばるしかありません。
緊張していると、顔全体の筋肉が固くなり、いつもの印象よりも強いイメージを与えやすいです。撮影前に、緊張をほぐしておきましょう。
一番簡単な方法は深呼吸です。特に、呼吸を長い時間かけて吐くということが大切です。
人は、興奮しているときには息を吸う時間が長く、心穏やかで落ちついているときには息を吐く時間が長くなります。この心穏やかな時間を意識的に作ることで、人の脳は「今穏やかで落ちついてるときなんだ!」と勘違いしてくれるのです。
この方法は、1パット数億円をかけたプロゴルファー選手も実践している方法ですので、試してみてください。

ポイント
■深呼吸で緊張をほぐす
■優しく穏やかな表情を心がける

まとめ

プロフィール作成のこつをお伝えしましたが、1人で作成するのに不安があるかたは、プロに相談しながら作成するのもおすすめです。
結婚相談所では、面談をしながらプロフィールを一緒に作成するサービスもあります。悩みすぎる前に、一度相談することで思いの外早く解決します。
また、ご自身が気づいていない長所やアピールポイントに気づかせてもらえるかもしれません。

これらのこつを取り入れながら、どうせ自分なんかというネガティブな気持ちではなく、じぶんのプロフィールを読んでくれてありがとうというポジティブな気持ちを忘れずに作成してください。電話で笑顔が伝わるように、プロフィールでも真剣な気持ちが伝わるはずです。

関連記事