婚活応援コラム

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚活コラム
  4. アラフォー男女の婚活│結婚率が下がる理由と、結婚相談所で成婚する秘訣とは?

アラフォー男女の婚活│結婚率が下がる理由と、結婚相談所で成婚する秘訣とは?

「アラフォーになると恋愛がうまくいかなくなる」
「アラフォーを過ぎると結婚は難しい」

40歳前後の年齢の人たちを指す「アラフォー」の婚活となると、このようなネガティブな意見を目にすることも多いのではないでしょうか?そのため、「アラフォーになって婚活をスタートするなんて、無駄なのかな…」と不安を感じる人も多いようです。

そこで今回は、アラフォーの男女に向けて結婚率が低下する理由と、アラフォーが成婚する秘訣をご紹介します

アラフォー女性の結婚率が下がる理由4つ

結婚率が下がる理由は男女ごとに違いがあるので、男女別で具体的に説明していきます。まずは、アラフォー女性の結婚率が下がる理由を4つ解説していきます。

男性に求める条件が厳しすぎる

40歳前後のアラフォーと呼ばれる年代の女性は、それなりの年収や肩書きを持っている人も多いのですが、女性は基本的に自分よりも年収や社会的立場の上の男性を結婚相手としてい求めがち。

そのため、若い女性に比べて男性に求める条件が厳しくなる傾向があり、なかなか希望に合う男性と出会えないケースも多々あります。

➡参考ページ:どんな男性を選ぶべき?後悔しない結婚相談所でのお相手探し

妥協してまで結婚したいと思えない

アラフォー女性は長い間独身をつらぬいてきたので、希望条件を妥協してまで結婚したくないと考える人も多いようです。

年齢が上がるにつれ人は頑固になりやすいものですが、若い頃と同じような条件で相手を探すとなると苦戦するのは目に見えています。本当に譲れないところ以外は妥協する柔軟さもアラフォーの結婚には重要です。

➡参考ページ:アラフォー女性の婚活に必要なのは妥協なの?

自分のペースを崩すのを嫌がる

40歳前後まで独身をつらぬいてきた女性は、生活スタイルやペースが出来上がっているため、自分の生活ペースを崩されることをとても嫌がります。そのため、自分のペースを変えずにすむ相手を探そうとするので、相手への条件も細かくなりがちです。

結婚は共同生活ですから、これまでの自分の生活スタイルやペースと全く同じはあり得ません。自分に合わせてもらうばかりではなく、相手の要望もしっかりと聞いてお互いにとって心地よい関係性を築いていきたいものですね。

出産年齢を考える男性から選ばれなくなる

男性が結婚を考えるとき多くの人が、子供を望むと言われています。女性は35歳を超えると高齢出産になりますので、子供を望む男性は最初から35歳以上の女性を対象から除くこともあるようです。

特に、全年齢の女性から人気がある「年収も高く高学歴の男性」は子供を望むことが多く、女性の希望、男性の希望とのミスマッチが生まれてしまいます。

出産年齢はこれから結婚を考えるアラフォー女性にとって耳が痛いワードですが、婚活市場で年齢は非常に重要なポイントなのは事実なのは理解しておきましょう。

アラフォー男性の結婚率が下がる理由4つ

次に、アラフォー男性の結婚率が下がる理由をご説明します。女性とは違った理由があるので、ぜひしっかりと目を通してみてくださいね。

自分の年齢に見合わない相手にばかり申し込んでいる

男性は若い女性が好きなもの。結婚相談所では、自分の年齢よりも10歳以上も下の若い女性ばかりにお見合いを申し込む男性も多いです。

しかし、20代の女性にとって10歳以上も上のアラフォー男性は立派なおじさん。何度希望する女性に申し込んでも断られ婚活がなかなかうまくいかない人は、一度希望年齢を見直してみる必要があるのかもしれません。

➡参考ページ:結婚相談所で結果がでない男性は自覚がない高望みが原因!

結婚に対する考え方が古い

アラフォー男性の中には、「家事は女性がするもの」だとか、「結婚したら同居してほしい」など、「いつの時代の考え方なの?」と思うような、結婚に対する考え方の古い男性も数多くいます。

現代の日本では、結婚してもバリバリ働きたい女性も増えていますし、共働きが当たり前の時代です。「家事を全て任せたい」と言われたら、離れていく女性も多いでしょう。

最近の女性は同居を避けたがるものなので、「結婚したら絶対に同居」と決めてしまわずに、相手の要望も聞き入れながらふたりで決めていく気持ちのほうが良いかもしれません。

繰り返しますが、結婚生活は共同生活。自分の結婚観に相手をはめ込むのではなく、お互いの価値観をすり合わせながら、心地よい関係性を築いていく柔軟さが必要です。

結婚生活に夢を持ちすぎていている

アラフォーまで結婚してこなかった男性は、「若くてキレイな奥さんが、美味しい料理を作って自分の帰りを待っていてほしい」など、結婚生活に夢を持ち過ぎる人も多いようです。

夢はあくまで夢、現実はそう自分の思い通りにはいかないものです。相手への要求が多過ぎると、希望通りの相手とはそう簡単に出会うことはできませんよ。

急激に容姿が劣化してしまう

男性は30代後半くらいから、お腹が出来てきたり、頭が薄くなってきたりと容姿に衰えを感じる人が多いようです。

また、若い頃はおしゃれをしていた人でも、年々身だしなみにも気を使わなくなりやすいので、ますますおじさん臭い印象が強くなってしまいます。

男性も見た目の印象は大切です。いくつになってもおしゃれな人は人気がありますよね。歳を重ねても身だしなみに気を使って、最低限の清潔感やおしゃれ感は失わない努力は必要です。

➡参考ページ:結婚相談所で結婚できる人の特徴、できない人の特徴

アラフォーでも成婚している人の特徴とは?

アラフォーになると結婚率が下がると言われてはいるものの、成婚している人も多く存在しています。いったいどのような人が成婚しているのでしょうか?具体的に見ていきましょう。

自分の市場価値を把握している

まず、アラフォーで成婚している人は現在の自分の市場価値をしっかりと理解しています。

自分の認識と市場での価値にズレがあると、どうしてもカップル成立は難しくなりますが、希望条件が市場価値とマッチしていればアラフォーでも成婚は難しくありません。

相手に過剰な要求をしない

いい年齢になって相手に「あれもこれもしてほしい」と要求ばかりする人は、当然人気がありません。アラフォーの魅力のひとつは人生経験で磨かれた「包容力」ではないでしょうか?

本当に譲れないところ以外は妥協して、相手の欠点も受け入れるだけの器の大きさを感じられる人は男女ともに良い相手と結ばれています。

忙しい中でも婚活の時間を作っている

結婚がうまくいかない人は「忙しさ」を理由に婚活をサボる人もいます。しかし、時間は作ろうと思えば作れるもの。婚活がうまくいく人は忙しさを理由にせず、きちんとお見合いやデートの時間も確保しています。

いつも忙しくしている人は仕事を頑張っているようにも見えますが、実は仕事の能力が低いから効率よく仕事をこなせず時間を捻出できていないとも言えます。

忙しさを婚活できない理由にせず、仕事の効率を上げて婚活に必要な時間を確保しましょう。

柔軟に考えることができる

自分の意見を相手に押し付けず物ごとを柔軟に考えられるタイプの人は、成婚率が高い傾向にあります。

結婚後の家庭はパートナーとふたりで築くもの。自分の要求ばかり押し付けているようでは、結婚生活がうまくいくはずはありません。

婚活がうまくいっていない人は、一度自分の結婚観や相手への希望を見直してみてはいかがでしょうか?柔軟さは結婚において非常に大きな魅力ポイントです。

アラフォーでも自分の現状を知り、本気で婚活すれば成婚できる!(まとめ)

アラサーまでは人気があった人でもアラフォーになると、結婚できる可能性がこれまでより下がってしまうのは事実。

しかし、自分の現状をしっかりと把握し、婚活市場での価値を理解した上で婚活をすればアラフォーであっても成婚は難しくありません。

ぜひ、「アラフォーだから」と後ろ向きにならず、「きっと素敵なパートナーと幸せな家庭を築ける」と、前向きにそして積極的に婚活をしてみてくださいね!きっと素敵なパートナーが見つかりますよ。


【記事公開日】2019/12/27
【最終更新日】2020/05/28

関連記事