婚活応援ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚活コラム
  4. これで解決!婚活で困らない会話術とは?

これで解決!婚活で困らない会話術とは?

「婚活パーティーやお見合いで会話が続かない…」
といった経験はありませんか?
ビジネスやお店などの日常生活の場と男女が出会う婚活の場では、雰囲気や気持ちが異なるため、婚活では普段以上に緊張してしまう、という方も多いと思います。
また、出会いの場に行く回数が増えるにつれて、毎回同じ話題ばかりを話したり、聞いたりしていると、“婚活疲れ”に繋がってしまう可能性もあります。

直接会って話せる大切な時間をより有意義な時間にするために、今回は婚活で会話が続かない理由と困ったときに使えるおすすめの話題をご紹介します。

なぜ会話が続かない?

そもそもなぜ会話が続かないのでしょうか?ここではその理由を2つご紹介します。

相手ではなく“自分”に意識が向いているから

会話は“相手”がいるからこそ成立するものです。

・沈黙になったらどうしよう
・何を話したらいいか分からない
・相手が自分に興味あるか分からず不安

これは相手のことを考えているのではなく、“自分”のことを考えて不安になっていますよね?
婚活での会話は、相手も不安に感じていることもあります。そのような状況になった場合は、まず”相手に”興味を持つことです。プロフィールやこれまで話していた内容で、気になることはないか探してみてください。
例えば、職業欄には「会社員」「経営者」など情報が書かれていますので、仕事について聞いてみるのもいいですね。

必要以上に緊張しているから

日常生活であまり異性と会話をする機会が少ない人やどんな場面でも初対面は苦手という人は、いつも以上に緊張してしまうかもしれません。
特に男性は、
「女性をリードしなくては…」
と思い、普段話せる人でも女性を目の前にすると話せなくなる人もいるのではないでしょうか。

もし、緊張している場合は「すみません、緊張していてうまく話せなくて」など、相手に伝えることをおすすめします。緊張しているという自分の“本音”を話すことで相手と共感できたり、素直な印象を与えその後の会話がスムーズになったりするからです。

相手が緊張していると分かっていれば、会話のスピードや内容も緊張している側に合わせて、変化させることも出来ます。緊張することは、恥ずかしいことではありません。特に、将来のパートナーになるかもしれない相手を目の前にした時は、普段の自分を発揮できない場合もあります。
お見合いや婚活パーティーが終わった時、後悔しないためにもまず自分自身の素直な気持ちを話してみてください。その気持ちは相手にも伝わり、お互い本音で話すことが出来るかもしれません。

婚活は、出会った瞬間に与える第一印象も大切ですが、その後の会話も大切です。最初の印象と話した後の印象では全く違った、という経験を一度はしたことがあるのではないでしょうか?会話一つで良い印象にも悪い印象に変えてしまいます。出来るだけ良い印象を与えたい・緊張していることを気づかれたくないなど、様々なことを考えてしまうと思いますが、まずは相手との会話を“楽しむ”ということを一番に考えてみてはいかがでしょうか?

これで安心!婚活で使えるおすすめの話題

ここまでは、会話全体で気をつけたいことをご紹介しました。では、実際にどのような会話の流れが良いのか、おすすめの話題に沿ってご紹介します。

おすすめの話題① 「仕事」

プロフィールの職業欄には、具体的に内容が記載されていない場合があります。なので、どのようなことをしているか聞いてみましょう。また、職業を聞きながら、相手の将来の展望を聞いてみてはいかがでしょうか?仕事への思いや将来に対する考え方、パートナーへの希望など職業を聞くだけで様々なことが分かります。

〜会話例〜
男女共に職業が「会社員」だった場合

男性:仕事は何をされていますか?
女性:〇〇の営業をしています。
男性:〇〇の営業ですか、
    仕事は忙しいですか?
女性:忙しいですけど、楽しくやっています!
    お仕事は何を?
男性:私も〇〇の営業をしています。
    後輩の指導をしながらなので忙しいですが、楽しく仕事しています!
女性:指導もしているなんてすごいです!
    周りからも頼られてるんですね。・・・・・・・・・

職業を話題にする際、気をつけてほしいことがあります。それは、ネガティブなことや仕事上の悩みや不満を話さないということです。仕事が忙しかったり、嫌なことがあったりするとついネガティブなことを話してしまいがちです。親しい友人や家族であれば話しても良いですが、婚活の場でネガティブなことを話すと、相手に良い印象を与えません。なるべくポジティブに、また尊敬を相手に伝えると好印象でしょう。

おすすめの話題②「趣味」

出会った相手が自分と同じ趣味であってほしいと思う人は多いです。共通の趣味があれば、自然と会話も弾みやすく話しやすいです。もし、趣味が一致しない・趣味がないという場合は、新しいことを始める良いきっかけにもなるので、積極的に相手の趣味について聞いてみてはいかがでしょうか?今後のデートにも誘いやすくなります。

〜会話例〜
男性→趣味なし、女性→趣味あり

女性:何か趣味はありますか?
男性:これといって趣味がないです…。
    何か趣味を見つけたいなと思っていて。
    趣味はありますか?
女性:私、〇〇をすることが好きで普段もよく〇〇しています。
男性:〇〇をしているんですね!
    それなら始められそうです!
    もし良かったら、今度〇〇を教えてくれませんか?・・・・・・・・・

自分の好きなことや趣味を共有できると嬉しいですよね。趣味の内容によっては共同作業でできる趣味もあり、直接顔を見て会話するよりも気軽に会話しやすいです。また、お見合いでは気付けなかった相手の良い一面も見ることが出来ますよ。

おすすめの話題③「結婚観」

いつまでに結婚したいか、将来はどのような家庭を築きたいか。
この話題は、なかなか聞きづらいですよね。婚活パーティーは、誰もが気軽に参加できることから、結婚相手よりもまずは恋人・友人を作りたいという人もいます。なので、婚活パーティーで出会った時には、お互いの結婚観について聞いておくことでその後にも繋がりやすくなると思います。結婚相談所などで行われるお見合いは、出会ったときから結婚を前提とした出会いとなるので、婚活パーティーよりも深く結婚観を聞くことが出来ると思います。
ここでは、会話例ではなく相手の結婚観が分かる質問についてご紹介します。

~質問例~
・いつ(何歳)までに結婚したいか
・将来どのような家庭を築きたいか
・現在の仕事について
・将来暮らしたい地域
・相手の家庭環境(兄弟姉妹など)について聞いてみる

ただし、ただ職務質問のように質問しているだけでは、「失礼な人」と思われてしまうかもしれませんので、会話の流れにそって自然に質問できるように日ごろから会話力を磨いておきましょう。

そして、もちろんNG質問もありますので、いくつかご紹介します。

~NG質問例~
<男性から女性へ>
・子供を産む予定ですか?
・転勤したらついてきてくれますか?
・両親と同居は可能ですか?
<女性から男性へ>
・どこに勤めていて年収はどのくらいですか?
・どこの大学出身ですか?
・貯金、資産はどのくらいありますか?

NG質問例をご覧いただくとわかる通り、通常初対面ではこんな質問は相手に失礼だからしませんよね。
しかし、婚活の場だとデリカシーなくこういったことを初対面で質問する人は少なくありません。これでは楽しく会話をするのは無理ですので、心当たりのある方は自重しましょう。

また、相手の結婚観と自分の結婚観が合わない場合も時にはあります。“結婚観=価値観”は人それぞれなので、自分の価値観を強要することは避けましょう。また、相手の結婚観があまりハッキリしていない・話したがらない場合もありますので、話題を変えてみることをおすすめします。

まとめ│短時間の会話で良い印象を残しましょう

友人や家族の前でなら楽しく会話できる人でも、婚活で初対面の相手には緊張して話せなくなることは誰でも起こることです。
その時に、どのように対処するかによって相手に与える印象も変わってきます。

会話は、プロフィールには書かれていないことを知る大切な時間です。お互いが良い時間を過ごせたと思えるような会話ができるよう、ぜひ実践してみてくださいね。

婚活タイプ診断やお相手検索体験などご来店特典サービスが充実『婚活シミュレーション体験』

サービス内容、活動内容、料金プランなど無料でお届け『資料請求』

関連記事