婚活応援ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚活コラム
  4. システムからわかる!あなたに最適な結婚相談所とは?

システムからわかる!あなたに最適な結婚相談所とは?

一昔前の結婚相談所といえば、分厚い重いカタログのような冊子に、相談所の会員が全て掲載されていました。それを見ながら、お世話役が相手を選んで郵便で相手に紹介をするという、とてもアナログなシステムでした。お見合いや交際の進展が遅く、時間もお金もかかっていました。
しかし、年々結婚相談所の利用者数増加や効率性を考えたシステムに変化してきています。
今回は、結婚相談所の現在のシステムとそのシステムがどのような人にオススメなのかご紹介します。

相談所のシステム① 〜データマッチング型〜

身長や年収、職業など様々なデータを入会時に登録します。データ化された登録情報と相手の希望条件を照らし合わせ、データ上で自動的にマッチングを行います。
データマッチング型の最大のメリットは、会員数が多いことです。全国各地の男女が登録しているので、年齢や年収以外にも都道府県なども絞って相手を検索することもできます。

そしてデータマッチングの場合、マッチングした相手を相談所が付きに数名紹介するタイプと、自分のスマートフォンやパソコンを使って相手を検索できるタイプの2通りの方法があり、これは相談所により異なります。
最近では特に自分で検索するタイプが人気です。相手の詳細な情報や写真を見ながら、自宅や移動時間に気軽に婚活ができるので、利用者が多い理由が分かりますよね。
マッチング後のサポートも相談所によってさまざまですので、よく説明を聞いて自分に合った相談所を探していみると良いでしょう。

データマッチング型の流れ

①登録
(申込書以外にも年齢確認や年収、資格、独身証明書などを提出します)

②スマートフォンやパソコンで相手を探す
(希望条件に合わせて相手を探していきます)

③メッセージを送る・メッセージが送られてくる
(気になる相手がいたら自分からメッセージを送ったり、相手からのメッセージを待ったりします)

④連絡先を交換し、デートの日時を決める
(やりとりを続けていき、直接会う日時を決めます)

⑤交際する
(デートを重ね、結婚を視野に入れた交際をします)

⑥プロポーズ・成婚・退会
(結婚が決まったら、成婚退会となります)

以上のような流れを自分自身で行なっていきます。メッセージのやりとりは、1人に絞らず複数の人と同時にやり取りができるので、時間を効率よく使って多くの人と出逢っていけるシステムになっています。

データマッチング型が向いている人はこんな人!

基本的に相談所からの紹介や活動のサポートがなく、自分自身で積極的に行動し相手を見つけていきます。

●隙間時間を利用し、効率よく婚活をしたい
●コミュニケーションをとることが得意で、やりとりも自分から出来る、続けられる
●希望条件が明確で、自分で相手を検索しながら選びたい

先程もご紹介しましたが、データマッチング型は活動費が比較的安いので、費用を抑えながら婚活をしたいという方にもおススメです。そのため、まずはデータマッチング型の相談所から始めてみる、という人もいるようです。

反対にデータマッチング型が向いていない人は、

・仕事や趣味が忙しく、婚活する時間がない
・やりとりするのが苦手
・どのように婚活をすればいいか分からない
・第三者のアドバイスをもらいながら婚活をしたい
・なるべく安全に活動したい

など、サポートを受けながら婚活をしたいという人は、データマッチング型はあまり向いていません。

相談所のシステム② 〜仲人型〜

入会する時に登録する情報は、データマッチング型とあまり変わりませんが、仲人型には婚活をサポートをしてくれる“お世話役”がいます。

どのようなお世話=サポートをしてくれるかというと、

・希望条件にあった相手の紹介
・お見合いやデートの日程調整
・デート時の服装や会話のアドバイス
・交際やプロポーズなどの相談

など、データマッチング型にはないサービスやサポートがあります。人が人を結ぶため、会員の“お世話役”である担当者は、会員一人一人の好みや事情を把握しなければなりません。なので、担当者へ相談を常に行いコミュニケーションをとることで、自分の理想にあった相手を紹介してくれたり、心の支えにもなってくれたりします。

仲人型の流れ

①登録
(登録時は、データマッチング型とあまり違いはありません)

②相談所からの紹介・検索
(紹介のみならず、相談所によっては自分で検索もでき、出逢いの場を広げていきます)

③お見合い
(面倒なお見合い日時調整や場所などはすべて相談所のスタッフが行います。)

④仮交際
(この段階では、まだ友人のような関係です。この期間は相手のことをもう少し知っていく期間になります)

⑤真剣交際
(結婚を考えている人と、真剣に将来のことについて話し合っていきます)

⑥プロポーズ・成婚・退会
(結婚が決まったら、成婚退会となります)

以上の流れを、担当者と一緒に進めていくシステムです。活動中は、担当者に相談することも可能なので1人で抱え込まずスムーズに進めることができます。データマッチング型と同様に、仮交際中は複数の人とお見合い・デートすることが可能です。真剣交際は、仮交際中の人の中から1人を選び、結婚に向けた話し合いをしていきます。
また、交際中は相手がどのように思っているか分からなくて不安になりますよね。その時も、担当者が相手の気持ちを聞いてくれたり、今どのような状況か伝えてくれたりします。

仲人型が向いている人はこんな人!

先程もご紹介しましたが、仲人型は婚活をサポートをしてくれる“お世話役”がいるということが特徴です。

●忙しいので婚活をサポートしてほしい
●やりとりを続けることがあまり得意ではなく、お見合いやデートの日程を決められない
●誰かと相談しながら婚活をしたい
●スピード婚を目指している
●安全に婚活をしたい

仲人型は、婚活をサポートしてくれるので忙しい人や早く結婚したいという人に向いています。

反対に仲人型が向いていない人は、

・自由に婚活をしたい
・費用をかけずに婚活をしたい
・紹介よりも自分で相手を選びたい

など、仲人型はデータマッチング型よりもサポートがある分、活動費が高く設定されています。そのため、婚活したいけどあまり費用をかけられないという人は、データマッチング型がオススメです。

まとめ

相談所も利用者のニーズに合わせて、時代ごとにシステムが変化しています。どのシステムを利用すれば理想の相手に出逢えるかは、人それぞれです。自分のライフスタイルやいつまでに結婚したいかを考えて、自分の理想の相手を最適なシステムを使って出逢ってくださいね。

仲人型の結婚相談所が気になった人は婚活への不安や悩みについてもお気軽にご相談ください。
無料個別カウンセリングのお申込みはこちら

関連記事