婚活応援ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚活コラム
  4. 結婚相談所で成婚目前 結婚の決め手となるポイントと迷ったときの改善策

結婚相談所で成婚目前 結婚の決め手となるポイントと迷ったときの改善策

成婚退会は結婚相談所で活動している男女にとって大きな目標です。
入会してすぐにパートナーに出会える人もいれば、1年ほど活動を続けて成婚にいたる人もいます。

成婚目前となると、結婚したいという気持ちがある一方で、「この人で大丈夫かな」と不安を感じてしまう人も少なくありません。
そこで今回は、結婚相談所で出会った人と成婚する際にチェックしておきたいポイントについて詳しくお伝えいたします。

成婚前にチェックしておきたい4つのポイント

結婚相談所を利用している男女のなかには、成婚をゴールだと考えている人もいます。

しかし、成婚したカップルが100%結婚するというわけではありません。
成婚料を支払って退会したにもかかわらず結婚にいたらなかったとしたら、それはとても残念なことです。

成婚から結婚、さらに結婚後の生活もうまくいくパートナーかどうか見極めるためにも、成婚前に以下のチェックポイントを確認しておきましょう。

お互いの生活スタイルが合っているか

「アウトドア派・インドア派」「夜型・朝型」のように、快適に過ごせるスタイルは人それぞれです。
どちらかに合わせるような生活をすると、我慢したり振り回されたりと関係を長続きさせることが難しくなります。

もちろん、100%生活スタイルが一致する人にはなかなか巡り会えません。
そのため、お互いのライフスタイルが許容できる範囲かどうかがポイントとなるでしょう。
また、成婚後の破局を避けるためには、生活のなかで譲れない部分を明確にして伝えておくことが大切です。

共働き?専業主婦?家事分担イメージ

結婚後に共働きか専業主婦かで家事分担は変わってきます。
どちらがよいというわけではないものの、夫婦がもめる原因のひとつになるため結婚前に話し合っておくことが大切です。

成婚前であれば、洗濯・ゴミ出し・トイレ掃除など1つ1つ細かく分担するというよりは、円満に夫婦生活をするためのイメージを膨らませる程度にしておきましょう。

結婚に向けて2人でせっかく家事分担について話し合ったにもかかわらず、結婚後に約束が守られないようであれば心の溝ができてしまう可能性があります。
妊娠や出産、子育てや復職などライフスタイルの変化に合わせて家事分担を見直す機会を設けることがポイントです。

両親との距離感や将来について

ついつい結婚はお互いの気持ち優先で話が進んでしまいがちです。
しかし、結婚するとなればお互いの家族との関係についても考えておく必要があります。

お互いの家族との距離感や同居の有無については、どちらか一方の希望で決められることではありません。
目先のことだけでなく将来のことにも目を向けて成婚に進むかどうか考えましょう。

なかには、当人同士はうまくいっていたものの家族や親戚も交えて話し合いをしたところ、両家の譲れないしきたりによって結婚にいたらなかったというカップルもいます。
ときには妥協や譲り合いも必要ですが、「ここだけは譲れない」ということがあれば事前に伝えておくと安心です。

趣味や仕事への理解

好きなことをして過ごす時間はとても楽しいものです。
ドライブやショッピングなど趣味を持っている男女も多いことでしょう。
しかし、趣味は時間やお金がかかるものも多く、それが原因で結婚生活がうまくいかなくなることも珍しくはありません。

また、仕事の繁忙期や不規則な勤務形態などが破局の原因になることもあります。
趣味同様、仕事内容や生活リズムも許容できるかどうか、一度立ち止まって考えてみることが大切です。

結婚生活はギブアンドテイクが基本!

結婚は相手に何かを望むだけではなく、自分も何かを与えるという「ギブアンドテイクの関係」が理想です。
自分が相手に求めるものは即答できても、自分が相手に何をしてあげられるかを尋ねられると答えに困ってしまう人も少なくありません。

結婚したいと思える相手に出会えたら、支え合うことをイメージして自分が相手に何をしてあげられるのか考えてみましょう。
成婚する際にお互いがパートナーに求めることをしっかり伝えられていたカップルの多くは、見事ゴールインできているのが特徴です。

「料理や家事を女性にしてほしい」「専業主婦になりたい」など、結婚前に希望がわかっていれば結婚までの道のりもスムーズです。
ただし、「料理や家事はしてほしいが共働きを希望」や「仕事をしたくないから専業主婦がしたい」のように相手の意思を無視した希望を持っていると、成婚目前で破局ということも考えられます。

自分勝手な希望ばかり提示していないか、自問自答することも大切です。

成婚すべきか迷ったときの改善策

結婚相談所で知り合ったとしても恋愛からスタートしたとしても、結婚を前にすると不安を感じたり慎重になってしまうものです。
成婚というステップに進むべきか迷ったときは、以下の方法で今後のことを考えてみましょう。

自分の気持ちを見つめ直す

成婚するべきか迷うときは、「この人と結婚したい」という気持ちが強いかどうか自分に問いかけてみましょう。
結婚生活の先には乗り越えなければいけない試練が待ち受けていることもあります。
そんなときでも一緒に歩んでいきたいと思える相手であれば、勇気を出して一歩を踏み出してみましょう。

結婚相手に望む譲れない条件をクリアしているかチェック

100%希望どおりという人と結婚できるケースはごく稀です。
ここだけは譲れないというポイントをクリアしているのであれば、残りの部分は結婚生活で変えていくのもひとつの手でしょう。

お互いの不足している部分を補い合えるのも結婚の魅力のひとつです。
結婚へのハードルは、あまり高く設定しすぎないようにしましょう。

経験豊富なカウンセラーに相談

カウンセラーは入会から成婚まで、悩みや困ったことに丁寧に対応してくれます。

とくに慎重になりやすい成婚前は、これまでに数多くのカップルのサポートをしてきた経験豊富なカウンセラーのアドバイスが役立ちます。
相手の性格や価値観など不安に感じることは、一人で抱え込まずに気軽にカウンセラーに相談してみましょう。

幸せな結婚生活のために迷いを解消しよう

成婚までもう少しというところで、今後について不安を感じて一歩が踏み出せない人も少なくありません。
幸せな結婚生活を目指すためには、やはり気になることや不安な点は解決しておくことが大切です。

交際期間中にお互いのライフスタイルや結婚生活のビジョンなどについてしっかり話し合っておくことで、安心して成婚退会へと進むことができます。
また、一人で抱え込まずにカウンセラーの力を借りることで、成婚前のモヤモヤをすっきり解消することができるでしょう。

無料個別カウンセリングのお申込みはこちら

婚活タイプ診断やお相手検索体験などご来店特典サービスが充実『婚活シミュレーション体験』

サービス内容、活動内容、料金プランなど無料でお届け『資料請求』

関連記事