婚活応援ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚活イベントのレポート
  4. 北陸新幹線開通記念 Cooking婚活イベント開催いたしました

北陸新幹線開通記念 Cooking婚活イベント開催いたしました

3月15日(日)、北陸新幹線開通記念イベントとして『郷土料理でCooking婚活 富山県編』を開催いたしました。

富山県というと、四季を通じていろいろな種類のお魚が豊富にとれるため、「食の宝庫」と呼ばれています。

2014年は、「歴史」「戦国武将」をテーマに『郷土料理Cooking婚活』を開催してまいりました。

地域の話題を通してその地域の郷土料理の起源や食文化、調理の方法を習得していただくことで、結婚後も家庭の食卓を豊かにし、幸せな結婚生活を送っていただきたい。そんな想いを込めて今回は「話題の地域」をテーマに開催いたします。

富山県編のメニューは、「ほたるいかの炊き込みご飯」「たら汁」「菜の花の昆布締め」「白えびのかき揚げ」。

珍しいと言われるホタルイカやシロエビを実際に調理しながら婚活するこの機会。

お料理好きならぜひ挑戦したいですよね。


講師には、新潟・北陸の食材や魚介料理に精通している、東京・神田に「旬肴処だくだく」の店主・柴 公(しば あきら)氏を招きました。


イベント開始後は、柴講師より食材の解説と調理方法のデモンストレーション。
今回はアットホームに開催するCookingイベントのため、参加者様はデモンストレーションを間近で見学。


皆さま覗き込んで講師の手さばきをじっくり観察したり、講師の解説をメモに残すなど、とても熱心で積極的な様子。
 

調理課程では水分量なども大切になってくるので、手で触った感覚なども共有します。


今回は菜の花の昆布締め。
春を感じる食材に気持ちも弾みますね。

昆布締めは多くの時間を要するため、この日は柴講師が事前に下ごしらえした菜の花の昆布締めを参加者様に最後の仕上げていただきます。

今回のメニュー、完成!


春を感じる富山県の郷土料理。
とっても美味しそうですね。

いよいよ実習!の前にこれから一緒に調理実習をするグループで自己紹介タイム。


軽く交流をした後に実習開始です。

何から始めようか……。
皆さまチームワークで手際よく進めていました。

お料理に慣れている女性が経験の浅い男性を応援したり……。


思わぬところで手と手が触れ合ったり……。



Cooking婚活ならではの気持ちがキュンとする瞬間があります。

一緒にお料理をする課程で、お話しするだけでは解らないその方の魅力や内面を垣間見ることができることも、Cooking婚活の魅力です。

ほたるいかの炊き込みご飯、完成!
チームの皆で炊飯器をオープン。


炊き上がるたびに会場内がとても良い香りに包まれました。

完成!


とっても美味しそうですね。
実食しながらの会話も弾みます。


実食の後はティータイム。

参加された全ての異性とお話できるよう、席がえをしながらコミュニケーションを深めていただきます。
ティータイムには富山県の名物といわれるお菓子を召し上がっていただきました。

ティータイム後は再び席がえをして、チーム対抗 ご当地クイズ大会!
優勝チームには富山県のお土産がプレゼントされます。


優しい問題もあれば、チームの全員で悩んでしまう問題も。


問題が進むうちにチームの中で一体感がうまれてきます。


この日は正解も不正解も両チーム全て一緒の回答で決着付かず。

じゃんけんで勝ったチームにプレゼントされました。

イベントの最後には、参加者様のお顔と名前が一致するようおひとりずつご紹介。


全ての方を紹介させていただいた後は、交際希望カードに「また逢いたい」「もっとお話したい」と思う方を記入いただきます。

双方のご希望が一致した際には、サンマリエから双方のプロフィールと連絡先を開示させていただき、交際が成立となります。

この日のとてもアットホームなCooking婚活。
7名のご参加で4組のカップルが成立いたしました。

さて、桜前線がスタートし、東京でも桜の開花がはじまりました。

桜が満開を迎える4月4日(土)、東京・中央区内のクッキングスタジオにて『郷土料理Cooking婚活 千葉編』を開催いたします。

春のお花見にぴったりの太巻き寿司を一緒につくりませんか?

ただの太巻き寿司ではありません。
カットした時にお花や可愛い絵が出てくるデコ巻き寿司がメインテーマです。


未来に繋がる春の出逢い。
お花見をしながらデコ巻き寿司を食べて心の春も迎えませんか?

4月4日(土)開催の『郷土料理Cooking婚活 千葉編』の詳細・ご応募はこちらから
 ↓
http://www.sunmarie.com/campaign/kyoudoryouri/

沢山の方からのご応募をお待ち申し上げております。

関連記事