2010年7月2日(金)

婚活はダイエットより、バランスのいい食事

コラム

6月30日の読売新聞に「朝食抜く やせ妊婦」という気になる記事が載っていました。
「ショック食2010 身体の警告」というシリーズで、
「妊娠中も太りたくない」と願う女性が増えていており、
お腹の赤ちゃんの成長を脅かしかしているという。

浜松医大の妊婦さんの食事調査では、摂取エネルギーの平均は妊婦の必要量の6~8割にとどまり、魚や野菜の摂取量も少なかった。
中には朝食は抜き。お昼はサラダだけ。夜はみかんと食パン2枚。そんな仰天妊婦さんも!!

女性の「やせ願望」はここまできたのか!?と驚いてしまいます。

 

やせ妊婦で妊娠中の体重が増えないと、赤ちゃんは小さくなります。
結果、日本の平均出生体重は1975年をピークに減り続け、

赤ちゃんの10人に1人は低出生体重児(2500グラム未満)。
先進国でこれだけ増えている国は日本だけだという。

 

よく「小さく産んで大きく育てる」のがいいと言われたものですが、実はこの考え方は危険だそう。
妊娠中の胎児の栄養不足は、成人後に高血圧や糖尿病などの生活習慣病を引き起こす恐れがあるからです。

妊婦さんの食生活がいかに大事か、改めて考えさせられますね。

 

話は飛びますが、先日サンマリエで「婚活宣言」を募集したところ、
「とりあえずダイエットしとて自分磨きしたい」というダイエットものが男女とも大変目だっていました。

「太っている」=「モテない」

「痩せている」=「モテる」

という図式があるんでしょうね。

 

しかし、ダイエットする前にちょっと待って!

女性に限っていうと、 日本は先進国の中では異常なほど「やせ過ぎ」が多い国なのです。

肥満度はBMI(Body Mass Index)という指標で表されますが、
「やせ過ぎ女性の比率」の国際比較によると、日本女性は12.24%と39カ国中、10位。

食料事情の良くない国に「やせ過ぎ」が多いのは分りますが、

先進国の中で日本の女性が「やせ過ぎ」が多いことは、名誉なことなのかどうか?

 

特に、20代女性に限ると23.7%が「やせ過ぎ」で、

これは1976~80年の13.5%の約2倍になってます。

つまり、日本の若い女性はどんどん痩せてきているということ。

逆に50代、60代はどんどん太めとなり、その差は開くばかり。
私などまさにその典型で、若い女性がうらやましい気もするのですが、
ここまでくると、若い女性のやせ度合いはもはや度を越しています。

ちなみに男性は、年々、各年齢とも太めになってます。

 

ということで、教訓!

女性のみなさん、婚活するならダイエットより、
バランスのいい食事からはじめましょうね。
(三沢)

関連記事
2013年2月24日(日)
京王プラザホテルにて勉強会
コラム
2012年1月17日(火)
年明け早々嬉しいご報告
コラム
2010年5月29日(土)
女性ホルモンで美女力キープ
コラム