婚活応援ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. コラム
  4. あなたは暗黙のルールを破っている!?「仮交際」の実態と有効活用法

あなたは暗黙のルールを破っている!?「仮交際」の実態と有効活用法

『仮交際』『プレ交際』という言葉、聞いた事はありますか?
婚活中の方にとって、仮交際は結婚への第一歩。
仮交際を飛ばしてすぐに真剣交際や婚約に進む事はめったにないと言えるでしょう。
では結婚への通り道ともいえる『仮交際』についてあなたはどれ程ご存知でしょうか?
知らぬ間に暗黙のルールを破ってしまい、チャンスを逃すなんてことも…
今回は仮交際の実態と共に、真剣交際との違いや有効活用の方法をお伝え致します。

■仮交際とは
お見合いの後、1回以上ご飯やデート等で会っていて、真剣交際に進む前の状態を言います。
「お見合いなんてしたことない」と思った方もいらっしゃるでしょう。
それもそのはず、「仮交際」とは主に結婚相談所内で日常的に使われている言葉。
仮交際や真剣交際と呼び分ける事でお相手との真剣度を明確化しています。

アプリや相談所以外での出会いでこの仮交際という表現をしないのには理由があります。
それはお互いに結婚を目的として会っているとは限らないから。

出会いを求める方の中にも様々な価値観があり、
単純に”恋愛”を楽しみたいだけの方もいらっしゃいます。

仮交際⇒真剣交際⇒結婚
というイメージがない方々をここで言う「仮交際」に当てはめる事が出来ないのです。

■『仮交際』のイメージ
皆様は『仮交際』という言葉にどのようなイメージをお持ちでしょうか?
「真剣じゃない感じ」「キープみたいな感じ」と、あまりポジティブに受け止めない方もいらっしゃるかと思います。

それはあくまで相談所以外で出会った場合のお話です。

相談所以外で出会ってお付き合いが始まると、ほとんどの場合お相手は1名のみというのが一般的。複数お相手がいると浮気や遊びと思われて不誠実な印象を与える事となります。

では「仮交際」をシステムとして組み込んでいる結婚相談所で活動する方と
相談所以外で出会って交際をしている方とで比較しながら違いを見ていきましょう。

①距離感

まず大きく違うのが”距離感”です。

仮交際、真剣交際と定義しない場において距離感は目に見えづらいもの。
仮交際という見極めの期間があるからこそお互いに適切な距離感が保てるのです。

距離感次第では、真剣交際へ向けた見極めの段階で、お相手の気持ちに誠実に答える事が出来ます。
逆に仮交際中に何度かデートを重ねた上で、お断りする結果になるケースも少なくないと思います。
そういった場合に短期間で距離を縮めすぎていると自分にもお相手にも大きく影響を与える事になるので注意が必要です。

実際、相談所の会員同士で1回お見合いをしたら、絶対に付き合わなければならないという事はありません。
だからこそこの仮交際を上手く利用して、真剣交際に進むべきお相手を見極めるのです。

②第三者の介入

恋愛を楽しむ上で起こる問題は通常二人で解決していくもの。
告白や別れの告げ方もそれぞれですよね。

しかし、どうしてもお断りする時、お相手に伝えづらいもの。
そういった時、結婚相談所の場合はサポートサービスを介してお伝えする事が出来ます。

お断りされたの場合でもそこにプロのアドバイスがあるとないとでは、次の為のスキルアップに繋がるかが変わってきますよね。

■仮交際を効率的に活用する

結婚相談所で活動する方はこの仮交際のシステムを上手に利用しています。

なぜ上手に活用できるのでしょうか?
それは、皆様が仮交際について理解して活動していることが”前提”だからです。

【仮交際のメリット】
・同時進行が出来る為、時間を有効活用出来る
・深く関わる前なので、前向きに次に進みやすい

【仮交際のデメリット】
・早めにお断りする/されることもある

“システム”や”効率”というと冷たい印象を持つ場合もあるかと思いますが、もちろん婚活するにおいてそこには感情や心が深く関わります。
だからこそ自分や相手に配慮する為に、メリットやデメリットまで理解した上で婚活を進めると良いでしょう。

■暗黙のルールとは?

仮交際期間中に意外とやりがちなマナー違反は

「お相手に仮交際中の人数や詳細を聞く事」

これは絶対にNGです。
「自分以外に何人くらいと会っているの?」と気軽な気持ちで聞いたとしても、お相手としては良い気はしませんよね。

いくらみんな仮交際をしている事が前提だとしても、しっかりと配慮して気になる気持ちはぐっとこらえましょう。

■将来どうしたいか?が大切なポイント

あくまで”結婚”を目指すとしたら冷静な目線も必要になってきます。
短期間を楽しむ恋愛だけの関係もあれば
その恋愛プラスその後の長い人生を一緒に育んでいく関係もあります。
後者のお相手と巡り逢いたいとしたら一時的な感情だけではいられないですよね。

ひとつの例として挙げられるのが「ボウリング」
ボウリングでストライクを取る為のコツをご存知ですか?

コツのひとつとして、レーンの途中にある中央の三角のマーク▲に向かって投げるというものがあります。
つい、足元だけを見たり中央のピンだけを狙ったりしがちですが、それではボールがブレてしまって中央に当てるのは困難となります。

狙いを定める⇒狙いより手前に目印を置く⇒そこに向かって投げる

これは上手に婚活を進めている方と同じ方法。

ゴールを決める(いつまでに結婚等)
⇒一旦身近なところに目標を決める(月内に3人とお見合いをする等)
⇒まずはお見合いを申し込む

婚活も動き方が分からないと、とりあえず動き出した結果ずっと分からないままダラダラと婚活をしているという方が多くいらっしゃいます。

自分のペースに合わせてどうしたいのか?を一度考えてから動き出すと心に余裕を持てるでしょう。

■まとめ

いかがでしたでしょうか。
以上の事を踏まえて、自分にも相手にも誠実な気持ちで婚活を楽しんでみませんか?

孤独になりがちな婚活だからこそサポートの力を借りたい!
という方はプロのアドバイスを受けてみるのもひとつの手です。
・個別カウンセリングのお申込みはこちら>

関連記事