お知らせ

  1. HOME
  2. お知らせ
  3. 結婚相談所に訪れる女性、5人に1人が20代、2人に1人が30代。きっかけは年齢に危機感を感じて

結婚相談所に訪れる女性、5人に1人が20代、2人に1人が30代。きっかけは年齢に危機感を感じて

結婚相手紹介サービスのサンマリエ (運営:ハピライズ株式会社、本社:東京都新宿区、代表取締役:吉澤 信男)は、2009年に5月2日を「婚活の日」として日本記念日協会に正式に認定されました。「婚活の日」に伴い、結婚を意識し、全国のサンマリエへ来店、カウンセリングを受けた方を対象にアンケート意識調査を行いました。そのうち、アンケートに答えた2396名の調査結果を報告します。
アンケート報告URL
http://www.konkatsu52.com/ank/003/

【アンケートの調査方法】
対象者:サンマリエへ来店・カウンセリングした方
アンケート期間 :2012年4月9日~2012年12月31日
アンケート回答者数:2396人

■結婚相談所を利用する年齢層は20代が5人に1人、30代が2人に1人
30代の方は全体で44%と、半数近い割合になりました。20代の若い層は全体の約2割という結果に。男女差で見ると、20代の女性が若干多く、男性のほうが全体的な年齢は高いことがわかりました。

■婚暦のある人は全体の3割
婚暦のあり、なしの数字を見ると、全体で約3割の方が婚暦があることがわかりました。また、男女の来店者の比率はほぼ変わらない結果となりました。

■結婚を考えたいちばんのきっかけは「年齢を意識して」
20代、30代においては、約4割以上の人が「年齢」を考えて、婚活を検討していることがわかりました。40代になると、「老後の不安」を結婚のきっかけに考える人が増えていることがわかります。
子どもの将来を考えた婚活でもあるようです。

■男性は女性に比べ、さほど寂しさを感じていない
男性は年齢を意識して、結婚を考えるきっかけと答えている方が多く、女性に比べ普段の生活で寂しさを感じている方は少ないことがわかりました。また、結婚することで心の支え・守るべき人ができることで、仕事をますます頑張れると感じているようです。

■巡り合いたい相手、男性は「趣味が合う」、女性は「尊敬できる」
男女の差を見てみると、男性においては「趣味が合うこと」が多く、女性は「人として尊敬できる人」と巡り合いたいと思っているようです。男女共通して多いのが「性格・価値観」となりました。

サンマリエはこれからも、多くの独身の方の幸せな結婚と豊かな人生を支援し、非婚化・晩婚化と少子化対策を進めてまいります。

【運営者情報】

  • 婚活推進委員会
  • 日時: (大阪開催) 2013年4月28日(日) 13:00~
    「5月2日は婚活の日」公式サイト:http://www.konkatsu52.com/

■会社概要

社名:ハピライズ株式会社(結婚相談所サンマリエ)
本社所在地:東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー40F
代表者:代表取締役 林 順之亮
創業:1969年2月
グループ会社:全研本社株式会社
グループ総資本金:227,000,000円
サンマリエ公式サイトURL: https://www.sunmarie.com/

【事業内容】

  • 会員制による結婚相手の紹介、相談 ・パーティーの主催、旅行イベントの企画、運営・出会い、交際、結婚に関する教室、講座の運営・挙式、披露宴、及び新婚旅行の企画斡旋・図書、新聞の出版及び販売・上記に付帯する事業

お知らせ

お知らせ一覧
資料請求 来店予約