結婚相談所 サンマリエ | コンテンツ

刺激と同時に安心感を求める女性たち
恋愛適齢期のみなさんこんにちは。
KML(カルモテ研究所)がお送りする「Let’s初イベント攻略法!」。今回はその第2回目です。
前回は、初めて迎える彼氏の誕生日に、女性がどんなデートを計画すればいいか、を攻略しましたね。当然今回はその逆、男性が彼女の誕生日をどんなデートプランで乗り切るか、について考えていきますよ〜!

さてさて、カノジョの誕生日、オトコとしては絶対にハズせないイベントです。そんな記念日を最高のデートでキメるにはどうしたらいいか?
今回もまずは女性におけるデートの傾向から分析していきましょうか。
女性が好むデートの傾向は、ズバリ「行ったことのない場所」です。常に新鮮な刺激を求める女性たちとしては、とりあえず初めての場所に行けばそれが叶えられることを知っているのです。でも、だからと言って彼女の誕生日に初めての場所に連れ出すのは、ちとリスクが高い。男子としては、絶対ハズせないデートにハプニングはあまり望ましくないですからね。
そしてもうひとつ、女性について忘れちゃいけない事実があります。それは彼女たちは刺激を求めつつも、そこに安心感がなければダメ、ということです。だからこそ、なおさらデート中は無用なハプニングで慌ててしまうような事態はタブー、なのです。

これでもか!のサプライズ攻勢

そこで、大切な日のデートプランとしてはこんなカンジでいってみましょう。
まず基本線として、デートスポットはふたりにとって慣れ親しんだ「いつもの場所」を選びます。いつもの場所、ならカノジョも安心して過ごせますよね。
そして、そこでアナタが仕掛けるべきは「小まめなサプライズ」です。

たとえば、いつもの場所でもそこに移動するための移動手段をちょっと凝ってみる。いつもは普通にタクシーで移動してるとしたら、ちょっと奮発してリムジンをチャーターするとか。そして行った先のお店ではもちろんバースデーケーキを用意してもらう、誕生日プレゼントはどーんとひとつ、じゃなくていくつか用意しておいて、要所要所で小出しにする。次の店には花束を用意しておく、食後のバーではあらかじめ頼んでおいた特別なカクテルを黙って出してもらう…などなど、です。

大切なのは、アナタの細やかな下準備と気遣いです。彼女を喜ばすために、あんなことやこんなこと、さらにそんなことまで!とたくさん計画してあげるその手間と気持ちが肝心なのです。
女性たちが望むのは、びっくりさせられるサプライズと共に、それを一生懸命計画してくれた、というアナタの気持ちです。これでもか!のサプライズ攻勢で彼女が考えもしなかったデートを演出しましょう。

入念な下準備でデートを演出

さらに上級編としては、彼女のために自分が「日ごろやらないことにチャレンジ」してみるという手があります。

たとえば、お店にお願いしたバースデーケーキ。
しかしよく見たらケーキにチョコで書いてある彼女の名前がいびつ…どうして?と彼女が思ったら、すかさず明かすのです。
「だってそれ、オレが書いたんだもん」


バースデーケーキだけだって充分嬉しい驚きなのに、そこに彼氏が慣れない手つきで名前を書いていてくれた…そんな2段サプライズがあったら、彼女の感激は2倍、3倍です。
私のためにそこまでしてくれた、その事実が彼女を感動させるワケですね。そんなダブルサプライズを演出できたら、かなりの上級者と言えるでしょう。

いずれにせよ、肝心なのは「下準備」です。なじみのお店としっかり打ち合わせをして、どのタイミングでケーキを出してもらうか、いつ花束を出してもらうかを決めておく必要があります。たとえば彼女が映画を見たいと言ったら、その映画の内容をあらかじめ調べておいて、次に行くお店は映画の内容にちなんだお店にするのです。そしてそこにサプライズを仕掛けておく
「ハプニング」はいりません。「嬉しい驚き」は彼女のもので、アナタとしては全て計画通りにデートを進めなければならないのです。だからこそ彼女は、安心してサプライズに身を任せられるワケですね。
問われるのはアナタの「演出力」そして彼女を思う心です。ここはひとつ名プロデューサーになって、最高のバースデーデートを演出してください。  多少のやりすぎは、アリ!(笑) 幸運を祈っています!