結婚相談所 サンマリエ | コンテンツ

足りないのは日本情緒?
恋愛適齢期のみなさん、こんにちは。KML(カルモテ研究所)のデータ解析モテ研究の時間がまたやってまいりました。
もうあたりはもうすっかり秋の色、ですが、こんなときこそ、来年に向けて今年の夏の反省を怠りなくやっておきたいものです。そう、今年の夏、アナタは充実してましたか? 後悔はありませんか? あるでしょ〜?(笑)
今回のアンケートは、そんな今年の夏、何をやり残したのかを聞いてみました。果たして世間の皆さんは、どんなことに後悔のほぞを噛んでいるのか? アンケート結果を見てみましょう!

これまた、男女の差がくっきり表れた面白い結果となりましたね。女性のダントツ1位は「浴衣で「日本情緒」を満喫」。実に全体の6割以上の女性が「浴衣着そびれた〜!」と悔しがっているワケです。翻って男性の第1位はというと「屋形船など「夏ならではのグルメ」」でした。しかし第2位の「浴衣で「日本情緒」を満喫」も肉薄していますから、男女ともに、今年の夏に足りなかったのは「日本情緒」だったのかもしれませんねえ。

逆に、男女ともに数字の最も低かった項目に注目してみましょうか。数字が低いということは、この夏最も満喫したこと、ということになりますね。
結果は、男性の方は「マリンスポーツ」と「夜遊び」が同率で並んでますが、女性の場合はダントツで「屋形船など「夏ならではのグルメ」」でした。この結果から、男性はマリンスポーツや夜遊びなど、アクティブな夏の楽しみは満喫したけど、ちょっと屋形船や浴衣などの日本情緒が足りなかった、女性は夏グルメは満喫したけど、浴衣着そびれた〜!ということで「男子は遊び、女子は食い気」の夏だったことがよくわかります(笑)。
カルモテを目指す我々としては、この反省結果を元に来年の勝負の計画を立てたいところですね。男女両方の需要を満たす来年の計画は、ズバリ「屋形船で花火」コレでしょう! そのときにはぜひふたりとも浴衣を着て、日本情緒を満喫しつつ、美味しい天ぷらやお刺し身に舌鼓を打つ、ということで。来年の隅田川花火大会は勝負! ですね。
今週のアドバイス

男性へ:女性は日本情緒に飢えている! 
来年の夏は彼女に浴衣を着てもらって、新鮮な彼女の姿を褒め倒そう!

女性へ:美味しいものを知っているアナタなら、男性の「夏グルメ」への欲求を満たすのはカンタンなはず!
来年の夏こそは「グルメ」と「浴衣」で気になるあの人をゲット!


※データ提供は当カレッジの関連サイト「恋のビタミン」で週に1回更新している
ワンクリックアンケート『恋愛多数決』です。