結婚相談所 サンマリエ | コンテンツ


素敵な、最も魅力的なはずの30代の女性たち…ああなのに、なぜ彼女たちの多くが彼氏ナシ状態に甘んじているんでしょう? 何かが間違ってます。間違いは正さなければなりません。そんなKML(カルモテ研究所)の世直し企画(笑)、その第3回は「昔のことが忘れられない」女性たちについて考えます。
ここでいう「昔のことが忘れられない」というのは、かつて大恋愛をして心の傷が…なんてドラマチックなモンじゃありません。ええ、残念ながら。  
かつて20代だったころ…「若い女の子」だった時代には、黙ってても周囲の男性たちからちやほやされたもんです。その感覚から抜け出せない、そんな女性たちのことなのです。  
さあ、30代女性のアナタ。胸に手を当てて思い出してみてください。あのころは「ホントですかあ〜? すっごぉ〜い♪」なんて言ってれば、男性たちからちやほやされましたよね? あのころは人生がシンプルでしたねえ。なんせなーんも考えてなくても大事にされたような気がしますもんね。きっとさぞかし恋愛も華やかだったことでしょう。  
あのころは良かったなあ…なんてため息ついてませんか? でも…それホントですか?
栄光の時代、でも実は…
ちやほやされて、浮ついて、うかれていた「オンナノコ」時代のアナタ。考えてみれば、あのころは彼氏の切れ目なんてありませんでしたよね? それどころか、用途に応じてオトコたちを使い分けたりしたり…いわゆる「ブイブイ言わせてた」そんなタイプだった人も多いことでしょう。

でもいま、それなりに経験を積んだ大人の女性として、あの当時のオトコ関係を振り返ってみてください。いいオンナは過去を振り返らない、なんて鉄則をここでは敢えて曲げましょう。
イメージ

どうです? はっきり言って、大したオトコはいなかったと思いませんか?
若いから、というだけで女の子をちやほやするような男は、実際のところその子の中身なんて見ていません。彼らに見えているのは、若くて可愛い外見だけ。いまのアナタには、そこらへんが見えちゃうんじゃないですか?そりゃもう、うんざりするくらい見えちゃってることでしょう。
そう考えると、ちやほやされた「栄光の時代」も、なーんだ、バッカみたい……って思えてきませんか?
変わらなくちゃ!
ではでは、いまのアナタはどうすればいいんでしょう?
若い女の子がちやほやされてるのを見てうんざりしちゃうってことは、いまのアナタにはそういうオトコたちの底の浅さ、みたいなものを見抜く眼力が備わってきているんです。それこそが「栄光の時代」を生き抜いてきた経験のたまものです。 

ならば、その眼力と経験値を活かさない手はないじゃないですか!
イメージ

いまのアナタなら、オトコたちの攻撃力を見切って、薄皮1枚でかわしつつ相手の懐に入っていけるような、そんな達人の域を目指すことも可能なのです。言ってみれば、あの当時よりオトコをゲットする能力値は格段にアップしているのですよ。なのに、いままでは若い女の子をちやほやしているようなレベルでしか、男のリアクションを測ってなかったわけで、実にもったいない状態なのです。
 
ルーク・スカイウォーカーも、ダース・ベイダーに「お前は私の息子だ」と知らされてから、ジェダイとしての能力を格段にアップさせました。実は能力が備わっていても、自覚がないかぎりその能力は最大限に発揮されないものなのです。
目覚めよ、そしてフォースを発揮せよ、です(笑)。
じゃあ、そのためにはどうしたらいいか。取りあえず今回は、いまのアナタの価値観を変えるべき、そして新しい男性の見方に目覚めるべきだ、というところを分かっていただいたところでヨシとしましょう。
さらに詳しい、30代女性のフォースへの目覚めの話(笑)は、次回に続くのでした。お楽しみに!