結婚相談所 サンマリエ | コンテンツ

頭の中にファンファーレが鳴り響くとき!
恋愛適齢期のみなさん、こんにちは。また今回もKML(カルモテ研究所)のデータ解析で、手っ取り早くモテの極意をつかんでしまいましょう。
さて今回は……恋愛の最初の瞬間、相手を意識し始めるそのきっかけについて、アンケートを取ってみました。いったい世間では、どんなときに相手を特別な存在として意識しはじめるのでしょう? 
それではアンケート結果を見てみましょう!
相手を意識しはじめる瞬間……そんな瞬間を「頭の中でファンファーレが鳴る」と形容した女性がいましたが、果たしてどんなときにファンファーレが鳴り響くのでしょう?
これまたキレイに男女同じような結果になってますね〜。どちらもそれほど票が割れてませんが、「相手から意識されていることに気付いた時」が1位です。ほぼ同じく、36%ちょっとですね。あとは「気がついたら一緒にいた」というラッキーなパターン以外は、横一線といったカンジです。

しかし、よく考えてみれば「気がついたら一緒にいた」以外の3つの設問は、どれも共通して「相手からの気持ちを感じた」ときなワケですよね。楽しいとき、悲しいときを共有してくれたというのも、いわば「無関心の反対」ですから、相手が自分に関心を持ってくれていることを感じた、というふうに解釈しても構わないと思います。
そうなると、やっぱり誰だって「自分を好いてくれる相手は憎からず思う」ということですよ。中学生時代にありませんでしたか? 「ゆーこちゃんってコージ君のこと好きなんだってよ!」なんてクラスの女の子に言われて、それからその子を意識するようになって、いつの間にか自分の方からコクっちゃってた、なんて経験?(笑)
これなんかある意味、恋愛における「風説の流布」ですね。ウワサのネットワークが密な中学生ならではの現象ですが、でもオトナにだってそういう心理は働くものです。

やはりここで学ぶべきは「好きな相手には優しくしておけ」というしごくあたり前の結論です。あたり前だからといって「なぁんだ」と思ったアナタ、簡単に考えちゃいけません! 恋愛初期において、まだ片思い状態の相手に絶えずシグナルを送り続けること、というのは、かなり高度なテクニックを必要とする技なんですから。さりげなく、相手の負担にならないよう、しかも好感を伴うようなシグナルを送る……むちゃくちゃ高度です。でも、このアンケート結果から見ても、シグナルを送り続けることはムダじゃない、ってことが分かりましたね。その勇気をもらっただけでも、今回のアンケート結果は有益だったと言えるんじゃないでしょうか。
なんせ、もう中学生じゃない、我々オトナの恋愛では「相手を意識させてからの後の方が大変」なんですから……。
今週のアドバイス

男性へ:好きな相手には、ジェントルマンな方向でシグナルを送り続けろ!
そして女性からのシグナルを見逃すな&見誤るな!


女性へ:男性は鈍感! だからいまよりちょい強めのシグナルを送っていこう!
不器用な男性からのシグナルは、迷惑じゃなければ暖かい目で応対しましょう(笑)。


※データ提供は当カレッジの関連サイト「恋のビタミン」で週に1回更新している
ワンクリックアンケート『恋愛多数決』です。