結婚相談所 サンマリエ | コンテンツ


仕事関係の出会いはとかく難しい……?
恋愛適齢期のみなさん、お元気ですか? 人間は日々、出会いの繰り返しですね。様々な出会いがいくつものドラマを生むわけですが、なかでも恋愛関係における出会いの瞬間ほどドラマチックなものはそうありません。ただ……「ビビッ」と来たからといって手放しで突っ走れないのが大人の事情ってモンです。というわけで、あなたがいちばん気を使う出会いのパターンって何でしょう? 例によって男女別にリサーチしてみました。結果を見てみましょうか!

予想通りというか、そりゃそうでしょうというか、男女ともに半数以上の票を集めたのは「仕事で関わりがある相手のとき」でしたね。でも意外なことに得票率が多いのは女性の方でした。女性の方が仕事に律義なのか。上司とか取引先の男性から誘いを受けることって、ありそうですもんね。働く女性はいろんなことに気を使わなければならないので、大変です。ホント。  

第2位は男女で分かれました。男性が「年齢差などギャップがありすぎるとき」なのに比べて、女性は「大事な友達からの紹介のとき」となりました。男性はきっと、新入社員の若い女の子にときめいちゃったりするんじゃないでしょうか。でもなあ、あんな若い子とオレじゃつり合わないし……などとウジウジ思い悩んでいるワケですね。女性の場合は、仲良しのあの子から紹介された人がいるんだけど、いまいち気が進まないなあ……でもあまりつれなくするのも、紹介してもらった手前マズイしなあ。困ったなあ、なんて思っているパターンかもしれませんね。  

3位以下で目立った所では、女性の最下位でしょうか。「年齢差などギャップがありすぎるとき」が最下位なわけですが、相手が年上のときも年下のときも、女性の方が果敢にチャレンジする傾向にあるのかもしれません。男性との違いがくっきりと浮き彫りになった結果で、とても面白いですね。かつては男性の方が年齢差なんて気にしない、って傾向にあったと思うんですが、これも時代の流れなんでしょうか。  

出会いの瞬間は、恋愛関係における「最初の勇気」が試される瞬間でもあります。ここで一歩踏み出すか踏み出さないか、踏み出すにしてもどっちの方向に踏み出すのか、で結果は大きく変わってくるもの。正解はありません。どーか悩んでみてください。  あ、ひとつだけ言えることがあるとするなら……「行動しない後悔より、行動した後悔」でしょうか。当たって砕けろ、行けばわかるさというわけで、どんどん行動する方向で、頑張ってみては?最終決断はもちろん、アナタ次第です!

今週のアドバイス

男性へ:ギャップなんて気にするな! 部下や弱い立場にある女性を誘うときは、くれぐれも慎重に! 
断りやすいように持っていくのもオトナの男の優しさです!


女性へ:友達の紹介だって、ダメなときはダメです。それで気にするような友達はそれだけのこと!
仕事関係の男性は上手にいなして、強く生きてください。頑張れ〜!!


※データ提供は当カレッジの関連サイト「恋のビタミン」で週に1回更新している
ワンクリックアンケート『恋愛多数決』です。