結婚相談所 サンマリエ | コンテンツ


みなさん、唐突ですが質問です。  
学生時代のことを思い出してみてください。あの頃、クラスで一番モテた男子と言えば、どんなタイプだったでしょう?  
そう、それはまず間違いなく「スポーツ万能」タイプの男子だったのではないでしょうか。  
野球部のエース、もしくはサッカー部のストライカーだったりすれば、まず絶対にモテナンバーワンですよね。それはもう、某王子の例を出すまでもありません。スポーツマン、は昔も今もモテの最強アイテムなのです。  
しかし、大人になってみると、一見スポーツマンっぽいんだけど、実はちょっと違う? というタイプがいることに気付いたのではないでしょうか。  
確かにスラリとしててカッコいいし、鍛えてるっぽいんだけど、スポーツマンとは何かが違う……。  
そうです、彼らはいわゆる「筋肉バカ」なのです(笑)。これが大人になると意外に多いんですねえ。そして「筋肉バカ」は決してモテません。どーしてか、モテないのでしょうか。  
似て非なる「スポーツマン」と「筋肉バカ」、その違いはどこにあるのか。そして筋肉バカはどうしてモテないか?どうすればモテに近づくことができるのか。  
考えてみようじゃないですか。
一見スポーツマン風に見えて……
ここでひとつ、典型的な例を考えてみましょう。  
OLのA子さんは、普段からちょっといいな、と思っていた同僚のB君にデートに誘われました。B君はちょっとイケメンでスポーツマン風、なかなか見た目カッコいいタイプです。A子さんとしてはスポーツマンは好きだし、これは期待できるかも? くらいに思っていたわけです。  

そしてデート当日……お食事して、ちょっとお酒とか飲んだりして、全体としてはなかなかいい感じで進んではいました。ただ……時間が経つにつれA子さんは「あれ?」という違和感を感じるわけですね。

A子さんのイメージするスポーツマンの魅力は、まず笑顔が爽やかで、細かいことは気にしない男らしさ、おおらかさです。そしてなにより、かっこよさですよね。ひとつのことに打ち込んでいる人間特有のまっすぐさが、スポーツマンの最大のアピールポイントなわけです。

しかし……B君と話していると、どーも違う。何が違うんだろう、とA子さんは話も上の空で違和感の原因を探り続け、はたと気がつきました。  
「さっきから話題が、筋トレとかプロテインとか……そんなのばっかりだわ。他になんかないのかしら?」  
さらにお酒が進んできたB君は、しまいにはオレの腹筋触ってみる? なんてA子さんに言い出す始末。A子さんは確信します。  
「この人、ただの筋肉バカだわ……」  
そんなわけで、この後のデートはさんざん。A子さんがB君の誘いに乗ることは二度と無かったのでした……ちゃんちゃん。

モテるスポーツマンを目指せ!
さて、B君がなぜダメなのか、を改めて解説するまでもありません。「筋肉バカ」であるB君は、結局自分のことしか興味がないんですね。だから話題も狭いし、A子さんを楽しませる話術も持ち合わせていないんです。  

「スポーツマン」に比べて「筋肉バカ」がなぜダメか。まあ「バカ」な時点で問題外、ではあるんですが(笑)、それでも決定的にダメなところは、その「自己愛」っぷりです。
 
恋愛関係というのは、いわば「自分以上に大切な他者とのめぐり逢い」なわけです。自己愛というのはある意味、幼児性の現れですから、そんなお子ちゃまに「自分以上に大切な他者」など認識できるはずもありません。
 
さて、そんな「筋肉バカ」なB君をワンステップアップさせるには、どうしたらいいでしょうか。

「その筋肉、何かに使ってみれば?」

そう、筋トレもいいですが、そこで満足してしまっているから「筋肉バカ」なわけですよね。だから、せっかく身につけたその筋肉を、今度はちょっとハードめなスポーツで活躍させてやればいいじゃないですか。大丈夫、筋肉はしっかり鍛えてありますから、基礎体力は万全です。  
どうせスポーツを始めるなら、チームスポーツにチャレンジしてみてはどうでしょう? モテそうなスポーツとなると、最近流行りの「フットサル」なんてオススメです。チームメイトと技術を競い、試合では一丸となって勝利を目指すことにより、ひとりで筋トレしてるだけでは養えない「社会性」が身につくし、モテるし、流行りだし、いいこといっぱい!というものです。    

チームスポーツの面白さに目覚めたとき、「自己愛」だけで完結していたB君の視野は、確実に広がっていることでしょう。新しい世界に触れて、新しい自分を発見することで、「バカ」から脱却することもできるはずです。そして気付いたときには、立派な「スポーツマン」になっている、というワケです。  
そんなワケで、B君にはぜひフットサルを始めてもらって、立派なスポーツマンとして「モテ」への道を切り開いていただきたいと思います。以上、KML(カルモテ研究所)からの提案でした。  
あ、それと……スポーツマンでもできれば新聞くらいは読もうね、B君。