結婚相談所 サンマリエ | コンテンツ

堅実と冒険、どっちも欲しい女性達

みなさん、世間はすっかり春です。春といえば花粉の……いやいや、春は出会いの季節! 
新しい出会い、新しい恋愛の始まりを期待しようじゃありませんか。鼻をぐずぐず言わせてる場合じゃありませんよ! さあ、そういうワケで今回のアンケートは、新しい出会いについてみなさんに聞いてみました。新しい恋の相手となりそうな異性、それはいったいどんな出会いをした人でしょう? 
今回もまた、微妙な男女の違いが垣間見えて、実に興味深い結果になってます……。  

全体傾向としては、「ネットコミュニティ等で、親しい人」以外の回答は、ほぼバラけてますね。そんななかでも、「友だちの紹介」「仕事関係」のふたつでほぼ6割といったところで、選択としてはだいたいこのどちらか、もしくは次いで「異性の友人」の恋人昇格、というパターンです。 

さて、これを男女別に見てみますと、ちょっと違いが浮き出てきます。男性の一番人気は、意外なことに「過去も含めた異性の友人」なんですね。仕事の同僚はあくまで仕事の関係、友だちの紹介もイマイチ信用できない……なんて男性のホンネが透けて見えるようです。 

女性の場合は、一番人気が僅差で「同僚など、仕事関係で出会う人」なんですね。二番人気が「友だちの紹介で出会う人」であるところからも、どうやら女性は「今の」身近なところから出会いを求める傾向がある、ということは言えそうです。やっぱり女性のセレクトには堅実なベースがあるようです。 

と、思いきや、これだけで終わらないのがKMLの「重箱の隅つつき」です。ここであえて、男女双方の最下位に目を向けてみましょう。近ごろ何かと話題(しかも比較的ネガティブな方向が多い……)の「ネットコミュニティ等の出会い」です。 男性の場合、8.7%と圧倒的に少数です。ネット関連のいわゆる「出会いビジネス」は、ぱっと見男性ばかりをターゲットにしているかのように見えますが、当の男性がネットの出会いを、真剣な「恋の相手」としては考えていない、と言えるのかもしれません。意外な結果です。 

しかし、堅実な選択が好きなはずの女性の方が、この分野では果敢なようです。「ネットコミュニティ等で親しい人」は13.9%と、第3位の「過去も含めた異性の友人」に肉薄しているじゃありませんか。きっと女性達は、現実的な選択としては堅実に、自分の周りの信頼できる人の中から選ぶのが一番とわかっていながら、どこかで「運命的な、もしくは電撃的な出会い」を求めているのではないでしょうか。そして、もしかしたらそんな出会いが期待できるかもしれないのが「ネットコミュニティ」なのかもしれないと期待しているもかも……。 

堅実と冒険、矛盾してるかもしれないけどどちらも欲しい。そんな欲張りな女性達の要求にどう応えていくか。どうやら男性達にも、固定観念にとらわれない柔軟さが求められているのかもしれません。そんな現実が、これだけのアンケートからも透けて見えませんか?

今週のアドバイス

男性へ: 女性達は冒険「も」求めている! たまにはネットコミュニティに目を向けるべきかも!?

女性へ: 堅実と冒険、柔軟に使い分けて運命の人を探そう。ただし相手の見極めは慎重に!

※データ提供は当カレッジの関連サイト「恋のビタミン」で週に1回更新している
ワンクリックアンケート『恋愛多数決』です。