結婚相談所 サンマリエ | コンテンツ

 
今回は2回に分けて「男性からの告白」についてお話ししますが、まずは「男性が陥りやすい失敗」について、見てみましょう。  

男性は、おおむね「オトコらしく!」「正面から!」「小細工無しの直球勝負!」に、美しさや価値を見いだそうとしてしまう傾向があります。  
確かに、間違っちゃいません。でもそれって、ただの自分勝手な気持ちよさですし、それなりのハードルを越えてきた人の話、です。  
普段から女性に囲まれていたり、女性の中でも自然体で接することが出来ていたり、ゆえに女友達が多かったり……そんな人だけが「好きな女性にくらいは、恥ずかしいくらいのストレートな言葉で告白する!」と言えるんです。  
しかし。世の大半の男性は、そんな幸せな環境にはいないもの。ただでさえ出会いが少なかったり、それゆえにたまにタイプの女性と出会っても舞い上がっちゃったり……それが「普通」なんです。    

天使のように大胆、悪魔のように繊細……。とある映画界の巨匠が言ったといわれるフレーズですが、これはまさに恋愛の極意にも通じるもの。  
相手を思う無垢な気持ちは、照れずに天使の大胆さで伝えればいいし、でも、相手を何とかして恋の罠にはめるための謀(はかりごと)は、悪魔のような繊細さで考え実行しなくてはいけないのです。  
特に、我々「普通」の男性は。

女性の心は広いもの……だからこそ、リサーチ

普通の男性にとって、正面突破はあまりにも無謀。舞い上がってあらぬことを口走ってしまうのを前提に告白しても、そりゃ上手くはいきません。だからこそ、無謀の真逆が謀(はかりごと)なのです。
謀といっても、別に卑怯な手を使うワケではありません。女性の告白が「自分の演出」なら、男性の告白の中核は「事前の準備」ということなのです。

女性の心は、思ったよりも広いもの。口ではイケメン好きとか、理想は坂口憲二とか言ってますが、その実、恋愛対象の男性には内面の充足を求めています。
つまり、中身で頑張れば、見た目がカンニング竹山でもスタートラインに立たせてもらえるんです。
かといって、かなり仲良くならないことには、そんな内面も相手には伝わりません。ですから、仲良くならないまでも、なんとか相手の「内面的な好み」を探るためのリサーチが大事なのです。


女性は基本的にえこひいきが大好きです。
期間限定商品が売れるのもその証拠ですし、会員様だけの特別バーゲンが大好きなのも、またその証拠。
だから、世界中を敵に回してでも、私の味方になってくれる人、が好きなのです。
ところが、です。この「私だけ」をベースにしつつも、女性はさらに2タイプに分かれていきます。

では、どんなリサーチが有効で、それをふまえて、どう切り出したら告白の成功率があがるのか……。

その核心は、次回! 今回の「モテる恋愛塾」、引っ張ります!(笑)