結婚相談所 サンマリエ | コンテンツ

ww
もったいない感を漂わせつつ、告白を成功させる!

前回はモテ系の女性は、男女の心理戦の行方を見計らいながら、意中の男性に告白するのではなく、「告白させる」ことができることに触れました。
しかし。世の中には、自分からアタックしなくては気が済まない、という勇ましい女性もたくさんいます。それも、アリです。そういうのを待っている男性だって、もちろんいます。そういう女性は、モテ系女性が告白させるときに使った「もったいない感」を、せめて少し応用しましょう。
応用の仕方は、人それぞれです。普段から死ぬほど忙しい女性なら、そんな雰囲気を演出しつつ、しかしアナタとのデートは特別、みたいな態度を取るのもいいでしょう。相手がデートの約束時間を30分ずらしてくれ、と言ってきたら「じゃあ、またの日にセッティングしようか? それなら私もやっちゃいたいことあったし」と、遅刻のツケをドタキャンで返して驚かせてもいいでしょう。


さて。そんなウヨキョクセツがあった後の、肝心の告白タイム。
正面切って「好き!」って言ったところで、「ありがとう……」と言われるのが関の山(男よりも男らしい特攻系女子は、それまでに姑息なリサーチなどはあまりしてないはず)。やはりここは、質問形式で攻めてみましょう

かといって「私のこと、好き?」とかいうような、ベタな質問形式は、ダメ。コレが許されるのは、一部の女優クラスの女性。残念ながらそうではない私たち庶民レベルがそんなことを言おうものなら、玉砕率は跳ね上がってしまいます。
なのでここは、曖昧な返答を許さない、質問形式で攻めてみましょう。

「あなたのことが好き。迷惑?」

これ、これです。
この質問に、真っ向から「うん、ごめん、迷惑」って答えられる男がいたとしたら、そいつはどんな手を使っても、落ちません。きっと、実の母を人質とられても「嘘は付けないんだ」とか言っちゃうはずです。
だって、自分に好意を寄せてくれている女の子のことを、迷惑と言い切れるんですよ? そもそもそいつのことを好きになった自分を責めることから始めた方が無難です。選球眼無さ過ぎです。

迷惑か否か、と2択で迫られれば、大抵の男性は「迷惑ではない」と言うでしょう。なにせ、逃すにはもったいない雰囲気の女性なはず、なのですから。

ということで、告白の奥義いかがでしたか? 
ここに記した以外にも、告白の効果的な時間帯やら友人を使った時間差告白やら、細かいテクニックはたくさんあります。KMLは、そんな小技もたくさんストックしています。
が、しかし。今日はここまで。
分かりやすくさらりと書きましたが、自分を「もったいない」と思わせるのは、なかなかに難しいことです。まずはこの心理を自分の魂に刻みつけつつ、またの機会をお待ちください。

次回は、男性編。ホワイトデー直前、ということでそこらへんにも少し絡めつつ、お話をしたいと思います。