結婚相談所 サンマリエ | コンテンツ

初めてのクリスマスはこうじゃなきゃ!

モテへの道を追い求める皆さん、謹賀新年。
去年のクリスマスはどうでしたか? イベント満載の年末年始・中でもクリスマスは、モテを目指す我々として決してハズすことのできない大切な時期です。ここをどう過ごすか、で今年1年の異性からの評価が決ってしまう、と言っても過言ではないワケですからそりゃもう大変。「実は、ハズしちゃったんですよ、よよよ」というあなたのために、いまから来年の対策を立てておこうじゃありませんか。というわけで、2007年最初のKML(軽モテ研究所)リポートは、日本一早いクリスマス対策から始めましょう!

つき合い始めたふたりが迎える最初のクリスマス。そりゃあ気分も盛り上がるってもんです。
男女とも回答の第一位になったのは、「夜景スポット」でした
。ロマンティックな夜景スポットなら、ふたりの気分を盛り上げるための演出としては上等。都会の夜景スポットが大混雑になるのも納得、ですね。
意見が分かれたのは第二位です。
男性は「知る人ぞ知る隠れ家レストラン」だったのに対し、女性の二番人気は「まったり彼・自分の家」でした。
男としては、混んでる夜景スポットの「次善の策」として「じゃあ、オレの知ってるあの店に……」と考えがちなところですが、女性としては「そんなことより、お家に帰ってまったりしようよ」と思っているようです。 せっかくのクリスマス、男性としては大いにサービス精神を発揮したいところですが、それが実は「こんなとこ知ってるオレってスゴイだろ?」という、
褒められたい気持ちから生まれてきてるんじゃありませんか?
デートを盛り上げるためには「サプライズ」が大事です。彼女のために、びっくりするようないい店に連れていってあげる、というのもいいのですが、その根底にはちゃんと相手を思いやる気持ちがあってこそ、なんです。驚かすことだけが先行しては、意味がありません。
大事なのは相手が何を望んでいるのか、を汲み取ること。この回答を見る限り、女性は次善の策として「ふたりでゆっくり過ごすこと」を望んでいる、と数字が言っています。
だったら今年のクリスマスは、思い切って「オレんちでふたりで過ごさない?」と提案してみるのはどうでしょう?クリスマスだからこそ、直球勝負。自慢のストレートを思い切って投げ込んでみるのです。
去年のクリスマスでよく分かんないけど失敗したかも、というあなた。今年はそこらへんをふまえて、がっつりリベンジしようではありませんか。大丈夫、一度くらいの失敗なら、彼女は許してくれる……はずです。よね?

女性は男性をコントロールしたがってる?

さて、先ほどのクリスマスのお話が「ポジティブな恋愛の盛り上がり」だとすれば、2つ目のアンケート結果は、言ってみれば「ネガティブな恋愛の盛り上がり」と言ったところでしょうか。様々な障害がありながら、逆説的に燃える恋愛シチュエーションを、男女別に聞いてみました。
男性の6割以上、という圧倒的な支持を集めたのは、意外なことに「超片思い」でした。一途に思い続けるオレ、ちょっとマゾヒスティックな匂いがします。犯罪に走らないことを願いたいモンです(笑)。
対して女性の第一位は「恋のかけひき」次いで「超片思い」でした。さすが大人の女性、です。彼女たちはあなたとの駆け引きを望んでいるワケですよ。これを受けて立たずにどーします!?(笑)
……ちょっと興奮しましたが。冷静に考えてみましょう。男性との丁々発止の駆け引きを望んでいる女性達は、その結果として「男性をコントロールすること」を望んでいるとも言えます。家庭円満の秘訣は女房の尻に敷かれることだ、なんてよく言いますが、確かに表面上の主導権は女性に与えておいた方が、往々にしてうまくいくモノなんですね。
ここはひとつ、思い切って彼女たちとの駆け引きに乗ってあげようじゃありませんか。その結果として、コントロールされることになろうとも、それはそれでいいんです。女性がそう思って満足してくれることを、大きな心で容認するような、器の大きなオトコを目指そうじゃありませんか!
と言いながらも、現実はいろいろです。コントロールされてるように見せているハズが本当にコントロールされてしまって……なんてこともよくある話です。でもまあ、それもまた恋愛の醍醐味ってことで。何がいいか、なんて誰にも決められないんです。

今週のアドバイス

男性へ: クリスマスをどうふたりで過ごすか、ということを第一に計画を立てよう! 何なら思い切って部屋に誘ってもよし!
片思いに殉じるより、女性との駆け引きができる男になろう。何だったら負けてもそれはそれでよし!

女性へ: クリスマスのプランで彼氏が悩んでいたら、迷わずおうちでまったりクリスマスを提案してみましょう。その時は、彼の苦労にねぎらいの言葉もお忘れなく!
駆け引きは逆効果にならない程度に、あんまり頑張らなくてもきっと彼氏はあなたにかないません(笑)

※データ提供は当カレッジの関連サイト「恋のビタミン」で週に1回更新している
ワンクリックアンケート『恋愛多数決』です。