年末は何かとお酒を飲む機会が増える時期。ちょっとした飲み会の流れで、パーティーの二次会で、もしかしたら女性と2人きりでお酒を飲むようなチャンスが巡ってくるかもしれません。そんなチャンスを逃すことなく、上手に活用するために、今回と次回と、2回にわたって「お酒デート」にフォーカスアップいたします。

そもそもお酒って、デートに必要?

まず、男性諸氏にちょっと質問です。女性を最初にデートに誘うとき、なんて言って誘いますか?  顔見知りで何度か話はしたことがあるような相手だったり、飲み会で知り合って携帯メールのアドレスを交換したりしたばかりの女性に、デートを申し込むときに、です。  
食事でもいかがですか?……もいいのですが、これは少し重い。料理の種類、店の雰囲気の選定にしても、実はハードルが高いんです。デートに「乗ったメリット」を女性に感じさせるようなキラーコンテンツ的なお店をセレクトしないといけません。  
しかし、お酒はもう少しカジュアル。最初からフォーマルではない雰囲気が滲み出てますから。夏なら「会社帰りに軽くビールでもどうですか?」でいいし、冬なら「モツ鍋の旨い店見つけたんですけど、どうですか?」と、気軽な感じがします。そのお店にひとつでも「コレは旨い!」ってメニューがあれば、もうそれだけでいいんです。だって、あとは「楽しくお酒が飲めれば」いいんですから。  

そんな風に、初回のデートの気軽さを応援してくれる「お酒」ですが、馴れていない人にとっては、女性と2人だけの席ってなかなか気詰まりですよね。女性と2人きりで飲みに行く機会が少ないと、やっぱり緊張しちゃいます。それは仕方がないことです。  
その緊張の根底にあるのは、恥を掻きたくない、という意識です。  
普段居酒屋にしか行かないからどんな店に行ったらいいか分からない、ボトルキープの安い焼酎しか飲まないからそもそもお酒に対する知識がない、そういう「知識の無さ」が女性にバレてしまって恥を掻くことを怖れているんじゃないのでしょうか?  

でもね、いいんですよ、馴れて無くて。  
お酒に関する知識なんて、そんなに無くていいんです。  
実は、お酒のが飲める女性には、ちょっとしたトラウマがあるんです。ゲコの男性からの冷たい視線を受けたことが何度もあって、それがちょっとばっかり引っかかってるんです。  
お酒が好きで、好きが高じて知識が豊富になってしまって、それを指して「可愛くない女だ」とか言われた経験があったりするんです。  
ですから、分からないことは聞いちゃえばいいし、素直に感心してあげればいいんです。  
だってそもそも「楽しく飲む」ためのセッティングでしょう? どうしたらその女性が楽しく飲めるかを考えたら、自分のお酒に対する無知なんて、どうでもいいハズじゃないですか?

お酒なんてビールとワインでいいのだ!

しかし。そうは言っても基礎的なことくらい知らないとオーダーすらできない、あるいはそれほど飲まない女性とのデートのためにもある程度のことは知っておきたい、そうおっしゃる諸兄には、この言葉を授けましょう。  

「お酒なんてビールとワインでいいのだ!」  


そう、今から変な付け焼き刃で知識を増やそうとしても、無駄。アガっちゃって失敗するのがオチです。  
だったら、必要最低限の知識さえあれば、ピンポイントでいいじゃないですか。基本は楽しく飲むことなんですから。  
ということで、ここでお勧めしたいのはビールとワイン。  
この2つなら大抵の少し雰囲気のいいお店には必ずありますし、自分の好みを「適度に」反映することもできますから、無知っぽさがバレません。   

ということで、以下にポイントをまとめてみました。  
これだけ知ってれば、なーんの問題もありませんよ。

■ビール 
流通している種類も豊富で、ウンチクを語りたがる人も多いビール。しかし、その最大の魅力はなんと言っても手軽さなのですから、ほんと、オーダーするときにある程度の「目安」さえつけば、試しちゃえばいいんです。  

まず、ビールをすごく乱暴に分けちゃうと、暑い地域のビールは軽くて、寒い地域のビールは重い、と覚えておくといいでしょう。メキシコのビールなどはどれも口当たりのさっぱりとした軽い物が多いし、逆にヨーロッパ系のビールは緯度が高い寒いところが大半ですから、多少コクがあってどっしり重い感じなんです。  

もう一歩踏み込みましょうか。冷たくする機械の無かった昔から伝わる製法で作られた発酵温度が高めのビールは「エール」と言われて、個性的な味のものが多いと言えます。有名なのは、ギネスですね、あの真っ黒な。ちょいと強いですね、これも。  
一方、多くの日本のメーカーが作る口当たりのサッパリした「ドラフト」は、冷やして作って冷やして飲むタイプ。「生ください!」で出てくるのは、これです。  
あと、自然発酵というのもあるんですが、これは例外的なので、覚えておかなくてもよいです。ちなみに、ベルギービールに多いです。気になった方は試してみるのも一興。  

……ビールに関しては以上です。  
簡単でしょう? メニューにたくさんビールの名前が並んでいたら、国名を見て、軽いのが飲みたかったら南の国のを選ぶだけ。適当に指をさして「これはどこのビールですか?」と聞いてもよし。名前に「エール」って付いてたら、ちょっとコクがあると覚悟すればいいし。もう、簡単簡単。  

あと、ビールの炭酸が苦手って人は、生ビールよりも瓶ビールをオーダーして、注ぐペースを調整して炭酸を飛ばすと飲みやすいですよ。これは同席してる女性に教えてもグー。なんなら「ビールは最初の一杯だけでいいよね?」と、1本のビールを分け合うのも、親近感が湧くいい手です。

■ワイン 
これも突き詰めれば膨大な知識が必要となるお酒です。  
だからこそ、生半可な知識は不要なんです。店員さんを捕まえて、好みを言って、適当に選んでもらう、これこそが正解です。  

で、その好みの伝え方ですが、基本的に「重いか軽いか」でいいでしょう。あとは、店員さんに説明されたり聞き返されたときに、以下のキーワードを覚えていれば万事問題なしです。

赤ワインの場合  
ボディがある:重い、ってことです。  
タンニンがしっかりしてる:重い、ってことです。  
華やか:軽い、ってことです。  
スパイシー:軽いけど口当たりが個性的、ってことです。

白ワインの場合 
フルーティー:文字通り、飲みやすいです。  
樽香(たるこう)が高い:木の香りがする、しっかりした感じ。  
甘い、辛い:白ワインにだけ使います。  

「そんなに重くない赤ワインをお願いしたいのですが」と言ったとき、店員さんが「でしたら、これなどはきちんとボディはありますが、華やかな口当たりです。こちらは、スパイシーながらも、後味にタンニンが効いています」とか答えてきます。そしたらアナタは慌てずにっこり微笑んで「じゃあ、最初の方を」とか言えばいいんです。

次回の「レッツお酒デート(2)」では、さらに内容を突き詰めていきます。何かとお酒がらみの多いこの時期、次回も見逃せません!