結婚相談所 サンマリエ | コンテンツ

恋愛引力を高める必勝!出会い術 ボクだけの「いい女」を探せ!!(その25」)
脱・鈍感力!女性からのサインを見逃すな

男とは、単純で鈍感な生き物です。それゆえに、華やかで明るい女性に目を奪われがち。
そこで前回に引き続き、見逃しがちな2タイプの「いい女」へのアプローチ法を紹介します。これで、彼女いない歴が更新されずに済むかもしれません!?。

タイプ2:未来はすてきな奥様!? 素朴な受身タイプ

まずご紹介したいタイプが、常に受身の控えめな女性。彼女たちは、多くの主張型の女性と違い、積極的に行動しません。もともと献身的な女性ですから、お付き合いの際には、とことん男性に尽くしてくれるでしょう。それに彼女たちは、持ち上げ上手でもあるので、目を輝かせて「スゴイですね〜」とアナタを褒めまくるはずです。

そんな「素朴な受身タイプ」の女の子は、古来から伝わる“男の三歩後ろを歩く”精神で、まわりの人を控えめにサポートしていきます。「へりくだる」ことが身についているからでしょうか、他人から見れば「えぇ〜!?」って思うような理由で、恋愛に対して引っ込み思案になっているようです。

アプローチ方法は、ただひとつ。ありったけの優しさで接するのみ!威圧感を与えず、ゆっくり距離を縮めてくことです。そして、これはかなりの観察力が必要になりますが、褒められ慣れていない彼女に対して、「実はまつ毛が長いんだね」とか「肌がキレイだね」とか、魅力的な部分を言葉できちんと伝えるのです。もちろん、控えめな彼女たちの優しさを最大限に評価することも忘れないでください。

タイプ3:キャリア志向のお姉さまには、聞き手役に徹する!

次に紹介するタイプは、「キャリア型お姉さま系」です。仕事もできるし、上司からも一目置かれるような大人の女性。隙を一切見せないので、口説く余地なんてナシ!だけど「いい女」そんなタイプです。 会社のため、自分のため一心不乱に働き、「私なんて、もうオバチャンだし……」と公言する姿から、「恋人なんて必要ない?」と、見られがちですが、彼女がシングルであるなら決してそんなことはありません。当然、出会いを望んでいますし、恋人が欲しいと思っているのです。

このタイプにアプローチする場合、「自分なんて……」と、自ら恋愛の第一線から退こうとする彼女たちの悪いクセを正してあげるのです。最初は、対等に扱ってくれないかもしれませんが、一度アナタの気持ちを伝えた次からは、想いを押しまくるのではなく、彼女が会社では言えない愚痴(使えない部下や仕事の失敗談など)をひたすら聞く。 聞き手役に徹することで、安心できる存在だとアピールするのです。ひとつ注意点があるとすれば、彼女に対してヘンにアドバイスしたり、一般的な意見をしないこと。ここで重要なのは、彼女のストレスの原因を取り除き、目の前のアナタの存在に集中してもらうことなのです。大人の女性から得られるものは非常に大きいはずですから、チャレンジしがいはあるでしょう。


今回、推薦した3タイプだけに限らず、思わぬ「いい女」はアナタの近くにもいるはずです。ちょっとだけ視点を変えることで、アナタの新しい恋愛対象が現れるかもしれません。そして見事、恋が成就した際には、ぜひ報告して頂きたいものです。 それでは、また次回!