結婚相談所 サンマリエ | コンテンツ

アフター5デート総復習!
恋愛適齢期のみなさんこんにちは! 
KML(カルモテ研究所)がお送りする「モテる恋愛塾」。めでたく100回を突破した記念に、『いまさら誰にも聞けない初デートのあんなこと』にビシバシ答えてしまおうという特別企画、いかがでしょうか? まだまだある初デートの素朴な疑問、初心に立ち返って考えてみるのも有意義なことではないでしょうか。 それじゃ、能書きはこれくらいにして、FAQにいってみましょう! 「その2」は、アフター5の初歩の初歩を重点的にお届けします! 

Q1『居酒屋はダメ?』

デートに居酒屋、ぜんぜんアリです。お酒の好きなふたりだったらなおさらですね。ただし! 当然ですがそこらにあるチェーン店は避けた方がいいでしょうね(笑)。最近じゃ居酒屋といってもいろんな「こだわりの店」が増えてますし、夜景のキレイな店、個室のある店、カップルシートのある店などリーズナブルに楽しめる店がいろいろ増えています。ぜひいろんな情報をかき集めて、いい感じの居酒屋を探し出してくださいませ。
ただ、ベストは「とにかく旨い店」です。ここのコレだけは、とにかく旨いんだ、というキラーコンテンツがあれば、それがベストなんです。そして、それくらいの下調べ、しておいてもいいでしょう? デートなんですから。

Q2『下戸なんだけどどうしよう?』

誰もがお酒を飲めるとは限りません。生まれつきアルコール分解酵素の少ない人は、日本人のかなりのパーセンテージを占めてるとも言われています。でも、夜のおつき合いにはアルコールがつきもの。夜のデートだってまたしかり、です。下戸な人はいったいどうしたらいいの?
それはもう、正直に「ごめんね、お酒飲めないからソフトドリンクでいいかな?」と自己申告するしかありませんよね。そこで「えー!?」となる相手とはしょせんお付き合いはできないですし、相手の気配り、人柄をみるいい機会かも知れませんしね。
お互いに譲り合う気持ちがあれば、下戸だろうと酒豪だろうと大丈夫、ってことです。

Q3『”とりあえずビール”やっていいの?』
席に着いて最初に飲むお酒がビール、という意味ではぜんぜんアリ、です。ただ、これも当然ながらいつものコンパや友達同士の飲み会と同じノリでやっちゃあいけません。もし男性だったら「僕はビールが飲みたいけど、キミはどうする?」という感じで、女性の意向を必ず聞くことです。そして女性に楽しんでお酒を選ぶ余裕を与えてあげること。そこで交わされる会話も、大切なデートのエッセンスですから。そうして女性がお酒を選んだら、ビールだろうがどぶろくだろうが(笑)どーぞ飲んでください。

Q4『相手のことはどう呼んだらいい?』
これはもう、他人行儀と思うかもしれないですが、名字にさん付け、それしかありません。いきなり女性のことを「ちゃん付け」する男性もいますが、あまり感心しませんね〜。馴れ馴れしい、とマイナスポイントをつけられるよりは、他人行儀なくらい丁寧な方が百倍いいです。
呼び方は付き合いが深まるにつれて、自然に変化するものです。いつか自然にお互いを愛称で呼びあうような関係になれたら、ふたりの付き合いも本物です。その過程を楽しむくらいの気持ちで、まずは丁寧にスタートしましょう。

Q5『手を握るのは何度目のデート?』
難しい問題です(笑)。しかーし、思い出してください。当講座第8回第9回で取り上げましたね。「どうする!?ファーストタッチ」です。これをもう一度読み返してみてください。そして、エスコートから自然にスキンシップできたら、もう最初のデートから手をつないだってだんぜんおっけい、ですから!

Q6『デートのときタバコを吸ってもいいの?』
これは主に女性への回答、とさせてください。
分煙分煙、と叫ばれる昨今。とうとう公共の建物の中ではタバコは吸えない世の中になってしまいましたね。その反面、喫煙する若い女性の数は増えているような気がします。とは言いつつも、最初のデートでタバコを吸うのは女性にとってちょっと勇気がいりますよね。さて、どうする?
結論から言えば「最初のデートでは先に火を付けない」です。
男性が吸う人ならば、1〜2本くらい吸わせておいて、その後タバコを取り出せば「あ、オレばっかり吸ってた。気を遣ってあげれば良かったなあ」と思わせることが来ますし(ちょっと優位に立てますね)。
吸わない人がデートの相手なら、初回くらいは我慢してもいいかもしれません。何度目かのデートの時、「実はタバコ吸うんだけど、駄目かな?」と言ってみてください。初回に我慢してくれた感謝の念と、心を開き始めてくれた嬉しさで「駄目なわけないじゃないか」と言う確率高し、です。
タバコを使って好感度もあげる、多方面作戦、ですね。

Q7『どんな香水をつけていくべき?』
れも女性からの質問ですね。香りは自分を演出する大切な要素だし、T.P.Oで香りを使い分けられるオトナの女性はとても素敵です。まあ、そんな風に香りを使い分けられるような人はこういう相談はしないと思いますが…。
問題は香水初心者のアナタですね。初めてのデート、この機会に香水でも買ってみようかしら、というのはとてもいいことだと思います。どんな香りを選ぶかはアナタ次第ですが、セオリーとしては「キツイ香りはご法度」です。香水ってつけている本人の鼻は麻痺してきますから、ついついつけ過ぎてしまったり、きつ過ぎる香りに走ってしまったりするものです。選ぶときにはせいぜい「オードパルファン」もしくは「オードトワレ」くらいの、持続時間の短い、軽い香水を選びましょう。ほんのちょっと、うっかりしたら気付かないくらいの香りで充分ですし、その方がはっとする効果も高いんです。
ついでに言えば、男性だって同じです。
普段つけ馴れてないのに、デートだからって気合いを入れすぎると、臭いオトコになってしまいます。いるでしょ? すれ違いざまに睨み付けたくなるような臭いオトコが…。そうならないためにも、香りは控えめに、です。
初心者男性へのお薦めは、「トワレ程度のものをお腹にワンプッシュ」です。つけてるときに香らなくてもOKです。つけてるときに実感的に香っちゃってる量は、明らかにつけすぎですから。

さてさて、『いまさら誰にも聞けない初デートのあんなこと』は100本ノックのごとく、まだまだ続きます。知ってるつもりでも意外に…な基本をさらにどしどし、お送りします。次回もおったのしみに〜!