お見合いの返事をする

  1. HOME
  2. 婚活特集
  3. お見合いとは?
  4. お見合いの返事をする

お見合いの返事をする

世話人には1週間以内に返事をする

当日、帰宅したらすぐに世話人に電話をして、お礼を述べ、相手の印象などを報告します。本人だけでなく、親御さんからもお礼を伝えると、より感謝の気持ちがあらわせるでしょう。
返事を伝えるのは、後日で構いませんが、2~3日中か、遅くとも1週間以内には、意思表示をしましょう。

交際したいなら世話人から伝えてもらう

相手が気に入ったときは、「できましたら、交際させていただきたいのですが」と返事をし、世話人の報告を待ちます。相手もそれを望んでいれば、世話人に間に入ってもらい、次に会う約束をするか、こちらの連絡先を伝えて、直接連絡をもらうようにします。
迷っているときは、世話人に率直に話をして、さらに2~3日返事を待ってもらいます。家族とも、よく相談したうえでも結論が出ないようなら、世話人にアドバイスを求めましょう。

断るときは早めに返事をすること

断るならば、あずかった書類や写真を持って世話人を訪ね、丁重に断りのあいさつをしなければいけません。理由は、世話人の参考にもなるので、隠さずに伝えたほうがよいでしょう。ただ相手を傷つけるような表現や、伝え方は控え、やわらかい言葉で言いましょう。

先方から断られたら理由は追及しない

相手から断られたら、その縁談は終わりです。写真や書類、世話人が立てかえていたお見合いの費用と、手土産を持って、世話人の家を訪ねましょう。断られた理由については、世話人の話を聞くだけにとどめ、それ以上は、あまり追及しないほうがいいでしょう。
そして「また、よい方がいらっしゃいましたらお願いいたします」とお願いをしておきましょう。

交際中は世話人に中間報告を

お見合い相手と交際をはじめたら、「結婚相手としてふさわしいか」きちんと見極めることが最大のポイントです。デートを重ねる間に、人生観や結婚後の生活について、じっくりと話し合いましょう。デートが3~4回ほど重ねたら、家族に紹介します。今後のこともあるので、家族ぐるみのつきあいは、とくに大切にしていきたいものです。交際中は、ときどき世話人に中間報告をすることを、忘れないようにしてください。
結婚が決まったら、まず世話人に報告します。引き続き、結納の仲人や、結婚式での晩酌人を依頼する場合には、ふたりそろって手土産を持って、お願いにあがりましょう。同時に、これまでのお世話に対して、感謝の気持ちを伝えることも大切です。

お見合いの費用はどうする?

お見合いにかかる費用(施設の使用料や飲食費)は、通常世話人が一時的に立てかえて、支払います。後日、お見合いの結果に関係なく、かかった費用を両家で折半して、お返しするのがマナーです。
また世話人には、お見合いをとりもつために、時間的にも金銭的にも負担をかけています。仲人の労をとってくださったお礼を、忘れないようにしましょう。相応の金額を包んで、立てかえてもらっている飲食代や、手土産と一緒に差し出します。
表書きは「御礼」とし、金額の目安は2~3万円程度を、双方向別々に用意することが多いようです。縁談がうまくいかずに、お礼を受け取ってもらえそうにないときは、相当額の商品券など、世話人に役立ててもらえそうな品を、お礼として贈るとよいでしょう。