お見合い後

  1. HOME
  2. 婚活特集
  3. お見合いとは?
  4. お見合い後

お見合い後の返事

お見合い後の交際

お見合い相手と交際を望むときはまず紹介者に報告し、相手の意思を確認してもらいます。相手の希望と一緒の場合は、紹介者と相談し、2度目の出会いを待つようにします。 紹介者が、「後は2人で」と言うまでは、会う場所や時間のセッティングは紹介者にまかせるのが通常です。紹介者が2人で決めるようにしてくれたときには、直接連絡をとるようにします。
お見合いの場合は、なるべく早くお互いの自宅を訪問し、家族と会うようにします。手みやげは果物や菓子など跡に残らないものを選びます。期間中のデート費用はできるだけ折半にします。食事代を払ってもらったら、次の店の勘定は持つなどして、なるべく双方の収支があうようにします。
また、交際中はときどき経過を紹介者に報告するようにして下さい。3ヶ月ほど交際をしたら最終的な結論を出すようにする必要があります。お見合いははじめから結婚を前提としているので、あまり返事を長引かせるのは失礼にあたります。遅くとも6ヶ月以内に決めるようにして下さい。

お見合い後の返事(結論は3ヶ月が目安)

お見合い後の交際

交際中は、できるだけ2人が会う機会を多くするようにすすめます。交際を始めてから3ヶ月ぐらいたったら、結論は出してもらうようにすればいいでしょう。双方の親に対する責任もありますから、「相手をもう少し知りたいのでこのまま交際を続けたい」など、何らかの結論は出したほうがよいです。

交際を中止するとき

2人が何度か会っているうちに、どちらかの気持ちが変化してくることもあります。親しくなるにつれて、相手のよさも発見できますが、また欠点も見えてくるのも事実です。 仲人として2人の交際を見ていて、不自然さを感じるのであれば、個々に2人から相談を受けて、おたがいの意見をヒアリングしてみましょう。片方にその気がなくなっているようでしたら、それとなく相手方に知らせるなど、適切にアドバイスをしてあげるといいと思います。惰性でデートを続けるよりは、なるべく早い時期に解決したほうが、2人を傷づけずにすみます。