Vol.17 アンケート調査

  1. HOME
  2. 婚活特集
  3. 婚活アンケート一覧
  4. Vol.17 結婚したら家事の分担はすべき?

婚活アンケート結果

Vol.17 結婚したら家事の分担はすべき?

結婚相談所で実際に活動をされているサンマリエ会員のみなさまに、アンケート調査を実施。これから活動を始めようと考えている方や、現在活動中の方にも、参考になるコメントがぎっしり詰まっています!

アンケート調査概要
対象 サンマリエ会員
実施期間 2010年7月28日~2010年9月1日
回答人数 748人

Q.1 結婚したら家事の分担はすべき?

家事分担はするべきだ、男女ともに9割以上
今回は「結婚したら家事の分担はすべき?」という質問です。結果から見ていくと、 「家のことはぜんぶ妻がすべき」と、家事分担は反対と考えている方は、現在の婚活中の世代では、一割に満たないのが現状のようです。 反対の理由については、

  • 「分担と聞くと強制されて仕方なく…という感じがするので」28歳
  • 「経済的に許されるなら、家に入って、 旦那が心からくつろげる家庭を作りたい」45歳

といった声があがりました。いっぽう、男女ともにナント9割以上と、大多数を占めた賛成の理由を聞いてみると、

  • 「たぶん共働きになると思うので、家事は分担するしかない」39歳
  • 「女性も外で働いている時代。家事も女性だけがやる理由がない」45歳

と、結婚後も共働きを想定したうえ、夫婦での家事の比重は同じであり、分担は必要であると考えているようです。女性においても、

  • 「共働きで夫と同等に働いているのであれば、家事の分担は当然あるべき」27歳

と、男女の考えは共通しているようです。そして、

  • 「向き不向き、得意不得意があるし、分担することで『ありがとう』という機会ができる」38歳
  • 「いろいろとコミュニケーションが取れるからすべき」37歳

と、一緒に家事をすることで、家庭を円満にできると考える方も。

  • 「どんなことでも助け合う、温かい気持ちは何年経っても忘れずにいたい」26歳

ともあるように、もともとの考え方がちがっても、お互いを助け合う、協力し合うという気持ちを持ち続けることが大切ですよね。