婚活応援コラム

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚活コラム
  4. 結婚相談所でのお見合いの流れと攻略ポイントをご紹介!

結婚相談所でのお見合いの流れと攻略ポイントをご紹介!

結婚相談所に登録を考えているけれど、お見合いするまでの具体的な流れがよくわからない、という人も多いのではないでしょうか。
この記事では、結婚相談所での出会いからお見合い当日までの流れを説明します。

お見合いまでの流れで選ぶ、結婚相談所の選び方

まず、お見合い当日までの流れを見て行きましょう。
結婚相談所によって、お見合いするまでの流れは、大きく2通りに分けられます。
利用する人の性格によって合う合わないがあるので、「自分で動きたい人」と「サポートを受けたい人」に分けて見て行きましょう。

出会い~お見合い成立まで、自分で動きたい方

・初対面の相手とすぐに打ち解けることができる。
・異性との会話にある程度慣れている。
・恋愛経験が豊富。
こういったコミュニケーション能力が高い方は、スタッフを介さず自分でどんどん動いていける結婚相談所がいいでしょう。
紹介状のやり取りでお互いお見合いOKとなった後、当人同士が直接やり取りをして会うまでの段取りを付けていきます。
このやり方だと、会うまでに相手と何度もやり取りすることになるので、どんな雰囲気の相手なのか、知ることができます。
相手の雰囲気をあらかじめ知っておけば、お見合いのときにも初めて会ったような感じがせず、緊張しませんね。
それに、話の持っていき方によっては、自分の行きつけのカフェや居酒屋などで、リラックスしてお見合いすることもできます。

一方で、よく知らない人と何度もメッセージをやり取りしなければならないのは、お互いに少しストレスを感じる人もいるかもしれません。
ストレスに耐えられず、メッセージのやり取りの途中で自然消滅してしまうことも少なくありません。
うまくストレス解消をしながら、お見合い当日まで、やり取りを切らさないように頑張りましょう!

出会い~お見合い成立まで、結婚相談所にお任せしたい方

・お見合いまで当人同士でやり取りしなければならないことに不安を感じる。
・人見知りで初めて会った相手との会話が苦手。
・仕事が忙しい。
・恋愛経験が少ない(または無い)。
こういった方は、サポート重視の仲人型結婚相談所を選びましょう。
仲人型結婚相談所は、自分で会いたい人を選ぶこともできますが、担当スタッフが「この二人は合いそう」と思った相手を紹介してくれることもあります。

書会場のやり取り後、お互いが会ってみたいとなったら早速お見合いの段取りをつけていくわけですが、仲人型結婚相談所の場合は、日時設定から会う場所、さらにその予約まで、担当スタッフがやってくれます。
希望を伝えるだけでいいので、気楽に臨めますね。
またお見合いの後は、担当スタッフがお互いの意思を確認してくれます。相手に直接言いにくいことでも、スタッフを介せばストレスなく伝えられますね。
逆に相手が自分をどう思ったかも聞けるので、次のステップにも進みやすくなります。
もしお見合いがうまくいかなかったとしても、何がだめだったのか、担当スタッフからアドバイスが受けられます。

お見合い当日までにやるべきポイント

お見合いが決まったらやるべきことを、次のようにリストアップしました。
自分で動く場合と、結婚相談所の担当スタッフに依頼する場合で、全く異なってきます。

自分でお見合いを組むとき、気を付けること

自分で動く場合は、お見合いが成立したら、次のようなことに気を付けましょう。

①相手の負担にならないメッセージのやり取り
あまり長いメッセージを送ると、返すのも大変です。
といって、必要最低限の内容だと冷たく感じますので、相手が返してくるメッセージの内容を見ながら、適度を心がけましょう。

②無理のない日時調整
あまり近すぎても先延ばしにし過ぎても現実的ではありません。
1~2週間以内をめどにして、お見合いの日時を決めましょう。

③適切なお見合い場所の選定
家からの距離や店の価格など、互いに負担にならないよう、相手とすり合わせましょう。

④お見合い後デートへのつなげ方
自分でお見合いの段取りをする場合は、お見合いの結果も、お互いに直接伝えなければなりません。
お見合いが終わったら、相手へすみやかに、どう思ったか、どうしたいと思っているか伝えましょう。
デートに誘う場合は、具体的に内容を伝えられるとよりいいですね。

やることは多いですが、当日リラックスしてお見合いできるよう、しっかりと準備しましょう!

結婚相談所にお任せするとき、気を付けること

お見合いの段取りを結婚相談所にお任せする場合は、次のようなことに気を付けましょう。

①相手のプロフィールをしっかり頭に入れておく
相手とメッセージをやり取りすることがないので、当日は「はじめまして」からになります。
失礼のないように、相手のプロフィールをよく読んでおきましょう。
特に趣味は、話の幅が広がりますし、相手の人柄がわかるポイントです。
相手の趣味についてよく知らなければ、あらかじめ少し調べておくと会話に困りません。

②当日のシミュレーションをしておく
結婚相談所が予約してくれる場所をよく知らなかったら、駅からの距離や行き方など、あらかじめ確認しておきましょう。
お見合いに遅刻すると、印象がマイナスからのスタートになってしまいます。
15分前には到着できるようにしておきましょう。

不安なことがあったら、担当スタッフに相談しておきましょう!

お見合いを成功させるために、当日気を付けること

お見合いの成功とは、お互いに「もう一度会ってみたいな」と思えることです。
お見合いまでの流れがどうであれ、当日は初対面となります。
自信をもって自分をアピールできるよう、次のようなポイントに注意しておきましょう。

身だしなみ

相手と初めて接するとき、最初の情報は視覚ですね。
人は、この視覚情報で、第一印象の8割が決まってしまうそうです。
次のようなことに気を付けて、第一印象をよくするようにしましょう。

①服装
きちんとした格好を心がけましょう。
お見合いは自分を知ってもらう場所ですが、個性を強くアピールする場所ではありません。
男性はスーツを推奨します。しわや汚れがないか、あらかじめ確認しておきましょう。
女性はスカートやワンピースなど、やわらかい雰囲気のものを選ぶと好印象です。

②清潔感
髪がぼさぼさだったり、爪が伸びていたりすると、不潔な印象を与えます。
きれいに整えておきましょう。
男性は髭の剃り残しにも注意です。女性は、過度なネイルは避けましょう。

挨拶と会話

お見合いの間は、笑顔ではきはき話すことを心がけましょう。
それだけで、相手が感じる印象はぐっとよくなります。
注意するのは、次のようなことです。

①あいさつ
初対面同士ですから、緊張しているのはお互い様です。
落ち着いて、笑顔であいさつしましょう。そのとき、名前を名乗るのを忘れずに。

②会話
 お天気や季節の話など、当たり障りのない話題から始めましょう。
相手の婚活状況を尋ねたり、家庭のことを深く掘り下げようとしたりするのは印象がよ
くありません。
場が和んできたら、趣味や好きなものなど、お互いの人柄がわかるような話題を心がけま
しょう。
相手が話している間は、「そうなんですね」「よかったですね」など、しっかり相槌を打ち
ましょう。

お見合いの後

お見合いの印象がどんなによくても、その後の連絡がないと、「いい加減な人なのかな」と悪い印象を与えてしまいます。
お見合いの後は、今後どうしていきたいかを、相手にできるだけ早く伝えましょう。
相手と直接やり取りしている場合は、遅くとも翌日中までに連絡した方がいいでしょう。
担当スタッフを介す場合は、相手へ伝わるまでのタイムラグがあることも考えて、遅くとも翌日の昼頃までには連絡しましょう。

まとめ

結婚相談所における、お見合いまでの流れと攻略ポイントをご紹介しました。
いかがでしたか?思っていたよりやることが多くて、大変……と思うかもしれません。
サポート型結婚相談所であれば、やるべきことはかなり減り、お見合い当日だけに集中ができます。
また、不安なことがあれば、担当スタッフに相談ができますよ。
本来の自分をアピールできるよう、しっかり準備をして、リラックスしてお見合いに臨んでくださいね!


【記事公開日】2020/07/29
【最終更新日】2020/08/03

関連記事