婚活応援コラム

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚活コラム
  4. 結婚相談所で掛かる費用一覧!気になる相場価格を具体的に解説

結婚相談所で掛かる費用一覧!気になる相場価格を具体的に解説

結婚相談所への入会を考えた時、まず気になるのが掛かる費用についてですよね。
「一体どれくらいの費用が必要なのか」「どんなことにお金が掛かるのか」と、お金に関して疑問を抱いている方も多いでしょう。

そこで今回は結婚相談所を利用するにあたり、どれくらいの費用が掛かるのかを具体的に解説していきます。
入会してから後悔しないように、こちらを参考にしてしっかりと理解を深めておきましょう。

入会時に発生する費用

まずは結婚相談所に入会する時に必要となる、初期費用についてお伝えしていきます。
どんな費用が掛かるのか、どのくらいか相場なのかを詳しく解説しますので、しっかりとチェックしておいてくださいね。

入会金

入会金とは文字通り、結婚相談所へ入会するのに必要となる費用です。
入会金はスポーツクラブや習い事、塾や英会話スクールなどに入会する時にも必要となりますので、比較的イメージしやすいでしょう。

登録料

登録料とは、会員のプロフィールを結婚相談所のシステムに登録するのに必要になるお金のこと。
相場は50,000~450,000円ほどと、結婚相談所によって非常に幅が見られます。

なぜ高額な料金が必要なのかというと、結婚相談所ではそれぞれ独自のシステムが用意されており、そのシステムを維持するのに必要となるためです。
快適に婚活を行えるのはこのシステムのおかげでもありますので、「自分のため」だと前向きに考えてください。

入会した後に発生する費用

続いて、結婚相談所に入会した後に発生する費用についてお伝えしていきます。
こちらはランニングコストとなり、継続的に支払っていかねばなりませんので、こちらの費用についてもしっかりと頭に入れておいてくださいね。

月会費

月会費とは、結婚相談所を利用するにあたって毎月発生する費用のこと。
およそ10,000~30,000円が相場となり、この中にはサポート費やシステムの利用料が含まれています。

こちらは活動していなくても継続的に発生する費用となりますので、無駄な出費になってしまわないよう、積極的に活動していきましょう。

お見合い費

お見合い費とは、相手とのお見合いが決まった時に結婚相談所へ払う費用のことです。
こちらはお見合い費を取るところと取らないところがあり、相場は無料~20,000円と幅がある項目となります。

お見合い時にスタッフが現地に足を運び、立ち合いまでしてくれるようなサービスを提供している結婚相談所の場合、お見合い料を設定している場合が多いようです。

成婚料

成婚料とは、結婚相談所を通じて出会った人と結婚が決まった際に、結婚相談所へ払う成功報酬のこと。
大体100,000~500,000円に設定されている結婚相談所が多いですが、中には成婚料が無料の相談所も存在します。

入会後に自分の力のみで活動する結婚相談所では無料、専任カウンセラーがついてお相手との橋渡しなど手厚いサポートを受けられる相談所では、有料となっていることがほとんど。
言うなれば、成婚料が設定されている結婚相談所は「成婚することがゴールの成功報酬型」です。月会費の売り上げよりも成婚による売り上げに重点を置いているため、幅広い年齢層やそれぞれの状況に合わせた婚活サポートを受けられます。

なお、何をもって成婚とするのか、その定義は結婚相談所によって異なりますので、入会する前にしっかりと確認しておいたほうがいいでしょう。

その他の費用

上記の料金のほか、オプションサポートとして別途料金が発生する結婚相談所もあります。
具体的には、
・お見合いサポート料
・婚活セミナー料
・個別相談料
などがオプションサポートとして代表的。

「無料だと思っていたのに有料だった!」など、入会後に相談所とトラブルになるケースが見られるため、そのようなことがないように入会前にしっかりと確認しておきましょう。

料金の安さだけで結婚相談所を決めるのは危険!

ここまでご紹介してきた通り、掛かる費用は結婚相談所によって大きく異なります。
そうなると、当然料金が安い結婚相談所を選びたくなりますが、料金の安さだけで選んでしまうのは大変危険です。

というのも、料金の高さはそのままサポートの手厚さに直結し、安い結婚相談所ではそれなりのサポートしか受けられない可能性が高いため。
結婚相談所を利用する以上、ほとんどの方は十分にサポートしてもらえることを期待しているはずですから、安さだけで結婚相談所を選ぶと期待外れになってしまうかもしれません。思ったようなサポートが得られなかった場合、後になって後悔してしまう可能性が高いため、料金の安さだけで決めてしまうのは控えましょう。

まずはサポート内容が自分に合っているのかをしっかりと確かめた上で、その中から料金が安い結婚相談所を選ぶのが後悔しない結婚相談所のコツですよ。

料金によって会員層も異なってくる

料金によってサポート内容が異なってくるのは先述しましたが、それ以外にも異なる要素が存在します。
それが結婚相談所を利用している会員の層。

料金が安い結婚相談所と高い結婚相談所では、どう会員層が異なってくるのかをそれぞれお伝えしますので、こちらも結婚相談所選びの参考にしてください。

データマッチングのみの格安結婚相談所の会員層

料金が安い結婚相談所では、所得が低い方でも十分支払える料金体系となっており、誰でも気軽に入会できることから会員数が多いのが特徴です。
その分、全体的に見ると会員の平均年収は低めであり、中には結婚相手としてふさわしくない人も混ざってしまっているのが現状。

ただ会員数が多いだけあって、それに伴い多くの出会いを望めますので、「色々な人と会いながらゆっくりと相手を探せたらいいな」と考えている方が中心を占めています。

平均的な費用の結婚相談所の会員層

仲人型の結婚相談所の多くは入会審査があり、一定以上の収入がなければ入会できないことから全体的な平均年収は高め。
入会時の費用はかかりますが、料金が安い結婚相談所と比べると多くの婚活サポートを受けられます。
仲人型の結婚相談所では仕事が忙しく婚活に時間をかけたくない方や、「なるべく早く結婚したい」と考えている方が中心。また、いつまでに結婚したいなど明確な目標設定がある人もサポート重視の仲人型結婚相談所を選ぶ傾向がみられます。

まとめ|結婚相談所で掛かる費用について

今回は、結婚相談所で掛かる費用についてお伝えしてきました。
一口に結婚相談所といっても掛かる費用はピンキリで、安い相談所があれば高い相談所も存在します。

料金によって、それぞれサポート内容や会員層が異なってきますので、その相談所の特色が自分に合っているかどうかを一番に考えて結婚相談所を選ぶようにしましょう。


【記事公開日】2020/06/29

関連記事