婚活応援コラム

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚活コラム
  4. 婚活中の男女へ|結婚の決め手とするべきポイントを4つご紹介

婚活中の男女へ|結婚の決め手とするべきポイントを4つご紹介

現在婚活している方の中には、何人と出会っても「なんか違う…」となかなか結婚に踏み切れないという方も多いでしょう。
確かに結婚は非常に大きな決断ですので、慎重になってしまうのは仕方がないことですし、むしろ慎重になるべきです。

しかし、そうやって相手を吟味できるのは今のうちだけで、年齢を重ねていけばそんな余裕もなくなります。
そのため、複数の相手と出会える今のうちにある程度のところで踏ん切りをつけ、結婚することをおすすめします。

とはいえ、どういったポイントで結婚するかしないかを判断すればいいのか「その決め手がわからない」という方も多いはず。
そこで今回は、「こういう相手と結婚すると後悔しにくい」というポイントをいくつかご紹介していきますので、決め手に悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

決め手①一緒に居て疲れない

結婚するというのは、相手と四六時中生活を共にするということです。
そのため、どれだけ異性として魅力的だったとしても、少しの時間一緒に居るだけで疲れてしまうような相手は、恋人としてならともかく結婚相手には向いていません。
無理して結婚生活を送っていても次第にその魅力は薄れていき、疲れだけが残ってしまいますので、やがて限界を迎えて最終的には破局してしまうでしょう。

一方、知り合って間もないのに一緒に居て疲れない相手というのは、自分とフィーリングがピッタリと合っているため、結婚後も特に大きな喧嘩が起きないような仲良し夫婦になりやすいです。
恋愛のドキドキ感や刺激こそあまりないかもしれませんが、その分お互いが居心地よく安定した生活を送れますので、一緒に居て疲れないというのは十分決め手になりますよ。

決め手②育った環境が似ている

人間の性格というのは多くのところ、自分の育った環境が影響しています。
そのため、育った環境が全く異なる男女の場合、それに連れて価値観や空気感も大きく異なってくるのです。
それらはただのお付き合いであればそう大きな問題ではありませんが、結婚するとなると軽視できないレベルの問題になってきます。

たとえば、学生時代に門限があった男性となかった女性の場合、子どもが生まれれば当然男性は門限を設定するでしょう。
それに対し、女性は「少しくらい自由にさせてあげようよ」と反発するはず。
このように、お互いそれが当たり前であったため、その当たり前を押し通そうと言い争いになってしまいます。

これが続くと夫婦仲も冷めきってしまい、最悪の場合破局となってしまう可能性もありますので、あらかじめ家庭環境が似ている人と結婚するのがベストです。

また、本人同士が譲り合えたとしても、今度は相手の両親との問題もでてきます。
そこで相手の家族の習慣に馴染めずストレスになってしまうようでは、そちらも離婚の大きな原因となってしまいますので、必須とはいえませんが育った環境が似ている人を選ぶのがおすすめです。

決め手③金銭感覚が大きく違わない

結婚後の夫婦間トラブルとして、最も多いのが金銭感覚のズレによるものです。
浪費家と節約家といったように、あからさまに金銭感覚が違っていれば結婚前に気付くことができ結婚を避けられますが、そこまでいかなくても感覚に開きがあれば後々確実にトラブルになります。

具体的にどういったトラブルが起こり得るのか、代表的な例を3つ見ていきましょう。

■旅行について
片方はコスパ重視、もう片方は「旅行の時くらいパーっとお金を使いたい」と考えているとしましょう。
この場合、どちらか一方が我慢することになってしまい不満が募りますので、結果として旅行に行く回数が減って不仲の原因へと繋がっていきます。

■子どもの教育について
片方は子どもの教育にお金を掛けることを厭わない。もう片方は身の丈に合った教育で十分だと思っている。
こういったズレが起こると、夫婦は「大事な子どものことだから」とお互いが譲ろうとせず、離婚に直結する大喧嘩になってしまうことも珍しくありません。

■お金の使い方
一方は将来のためにしっかり貯金しておきたい。もう一方は趣味や自分磨き、家具や家電にどんどんお金を使っていきたいタイプ。
こういった場合、間違いなく我慢するほうがストレスを抱えることとなり、結婚生活に亀裂が生じてしまいます。

このように、結婚生活後にはじめて金銭のズレが発覚し、喧嘩となってしまうことで離婚してしまう夫婦が後を絶ちません。
そんな事態を防ぐためにも、結婚前にお互いの金銭感覚についてしっかりと話し合っておき、できる限り自分と感覚が似ている相手を選ぶようにしましょう。

もちろん、金銭感覚が似ているだけでは結婚の一番の理由にはなりませんが、相手をいいなと思っており、その上で金銭感覚が似ているようならそれを決め手にするのは大いにアリですよ。

決め手④直感

婚活となると、つい相手の条件に注目してしまいがちですが、自分の直感を決め手にするのも婚活では重要です。
確かに自分の今後が掛かっているため、お金や地位などを気にしてしまうのは当然ですが、それらの条件が揃っているからといって幸せになれるとは限りません。

むしろ、直感で選んだほうが一人の男性・女性としては、間違いなく幸せになれます。
それに伴い、金銭面などで苦労する場面がでてくるかもしれませんが、それは二人で力を合わせればどうとでもなります。

一方、条件だけで相手を選んでしまうと最初は満足かもしれませんが、その状態に慣れてしまった時、残る物はなにもありません。
言い方は悪いですが、ピークを越えた後は単なる消化試合となってしまうでしょう。
そうなりたくないのなら条件は度外視して、「この人だ!」と思う人と素直に結婚してしまうのがおすすめですよ。

まとめ|婚活で結婚の決め手とするべきポイント

今回は、婚活で結婚の決め手とするといいポイントについてご紹介してきました。
これらのポイントを決め手にすると幸せな結婚生活を送れることが多いので、悩んだ方はご紹介したポイントを参考に婚活に励んでみてください。

もちろん、最終的に決め手となるのは人によって異なりますので「これらから選ばなければならない」という訳では全くありません。
あくまで数ある決め手の一つに過ぎませんので、他の決め手が見つかればそちらに自信を持って決断を下してくださいね。


【記事公開日】2020/05/28

関連記事