婚活応援コラム

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚活コラム
  4. 「交際期間3か月?」結婚相談所が3か月で成婚できる理由

「交際期間3か月?」結婚相談所が3か月で成婚できる理由

ほとんどの結婚相談所では、交際してから3か月以内に答えをださなければならない『3か月ルール』というものが存在します。
これに対して、多くの方は「どうして3か月で決めなきゃならないの?」「交際から3か月で成婚って早くない?」といった疑問や不安を抱いていることでしょう。

そこで今回は、結婚相談所で交際期間が決められている理由をはじめ、3か月で成婚を決められる理由や相手を見極めるためのチェックポイントについてお伝えしていきます。
こちらは結婚相談所ならではの仕組みとなりますので、これから結婚相談所を利用しようとしている方は確認しておいてくださいね。

結婚相談所で交際期間が決められている理由

結婚相談所では、基本的に「お見合い→仮交際→真剣交際→成婚」といった流れで活動していきます。
この内の真剣交際に”3か月”という期間が決められているのですが、「なぜ期間が定められているのか」その理由が気になりますよね。

ここでは、結婚相談所で交際期間が決められている理由についてお伝えしていきます。

貴重な時間を無駄にしないため

結婚は非常に大きな決断となりますので、どうしても「本当にこの人でいいのかな…」「結婚して後悔しないかな」と決心が付かないことも多いですよね。
そのことから、答えをださずにずるずると交際を続けてしまう方が少なくありません。

しかし、ずるずると交際を続けるのは、自分と相手の貴重な時間を無駄にしてしまう可能性も。
それはお互いにとって望ましくありませんので、そんな事態を防ぐために結婚相談所では交際期間が設定されています。

積極的に活動してもらうため

交際期間が限られていると、その期間中に相手のことをしっかりと見極めなければなりません。
そのことによって、積極的に連絡したり、デートを重ねたりしなければならないという心理が働くはず。

結婚相談所ではその心理が狙いで、会員自ら積極的に活動してもらうために交際期間を定めています。

3か月経ったら、絶対に答えをださなければならないの?

ルールという言葉が使われていることから、このような不安を抱いている方も多いでしょう。
しかし、この3か月ルールというのはあくまで一つの基準であって、「絶対に厳守しなければならない」という訳ではありません。

多忙や遠距離が原因で中々会えなかった場合やもう少しお付き合いを続けたいとお互いが思っている場合などは、状況によって延長することも可能です。
3か月ルールは決して会員を焦らせるための仕組みではなく、効率よく理想的な結婚を提供するための仕組みですので、その点は安心してくださいね。

交際期間3か月で成婚を決めることが可能な理由

さまざまな理由から結婚相談所では期間が定められていますが、「たった3か月でどうして成婚を決められるの?」と疑問に思っている方も多いでしょう。
ここではそんな疑問に対して、わずか3か月で成婚を決めることが可能な理由についてお伝えしていきます。

結婚前提での出会いであるから

結婚相談所での出会いはお付き合いすることが目的ではなく、あくまで結婚することが目的です。
そのため、早い段階から相手の結婚観や価値観などを話し合うことができますので、無駄な駆け引きややり取りは必要ありません。

後はフィーリングが合うかどうかだけを確認すればいいだけですので、わずか3か月でも十分成婚は可能なのです。

あらかじめ相手のプロフィールを知った上で出会えるから

自然に出会った相手であれば年収や学歴、結婚相手に希望する条件などは徐々に知っていくことになります。
そのため、そちらを基準に考えると交際から3か月で結婚するのは確かに早すぎるかもしれません。

しかし、結婚相談所での出会いであれば話は別。
相手のプロフィールを十分に知った上で出会えることから、その分交際期間を短縮できますので、3か月で成婚できるのも不思議な話ではありません。

3か月で相手を見極めるためのチェックポイント

ここまでお伝えしたように結婚相談所では3か月ルールがありますので、その期間中に相手が自分の結婚相手に相応しいのかどうかをしっかりと見極めなければなりません。
しかし、「どんなところを確認したらいいかわからない」という方も多いでしょう。

ここでは、3か月で相手を見極めるためのチェックポイントをご紹介していきますので、結婚してから後悔しないためにも、これらはあらかじめチェックしておいてくださいね。

生活のリズムが合っているか

朝型と夜型、平日休みと土日祝休みなど、自分と相手が全く異なる生活リズムである場合、すれ違いが増えることで破局の原因にもなりかねません。
そのため、お互いの生活リズムが合っているかどうかは、交際期間のうちに判断しておくようにしましょう。

最初は気にならなくても結婚したら同じ屋根の下で暮らすことになる以上、徐々に気になってくるということもあり得ますので、決して軽視しないようにしてくださいね。

行動のテンポが合っているか

歩く速度やご飯を食べるスピードは、人によって大きく異なります。
それによって相手とのテンポが合わず、少しでもストレスを感じてしまうのであればいずれ破局してしまう可能性が高いため、その場合は交際を中止したほうが良いでしょう。

「自分が合わせればいいだけ!」と思う方もいるかもしれませんが、その場合はこれから先10年20年、合わせ続けられるかどうかを考えてみてください。

お金に対する考え方が近いかどうか

結婚後に最も揉めやすいのが家計についてです。
結婚したら財布を共にする以上、お金に対する考え方は近くなければなりません。

そのため、交際中に相手が「どのようにお金を使っているのか」は、忘れずにチェックしておきましょう。

将来、子供をもつかどうか

男性は女性に対して気軽に子供を望むことが多いですが、女性側からしたら非常にデリケートな問題です。
そのため、将来的に子供をもつかどうかは、交際中に前もって話し合っておきましょう。

なお、お金や仕事の問題もありますので、「何人子供が欲しいか」「いつ頃までに子供を欲しいか」など具体的な予定についても決めておいたほうが◎。

お互いの親との付き合い方

後のトラブルを避けるためにも、結婚後のお互いの親との付き合い方はあらかじめ話し合っておきましょう。

特に「将来的に同居しなければならない」「遠い実家の近くに引っ越さなければならない」などの予定が自分にある場合は、相手の承諾を得られるかどうかは必ず確認しておかなければなりません。

結婚後に急に話して断られてしまった場合、そこから離婚に繋がることも珍しくありませんので、親との付き合い方は絶対に確認しておきましょう。

まとめ|結婚相談所は交際から”3か月で成婚”が基本

今回は結婚相談所の3か月ルールについて、さまざまな角度からお伝えしてきました。
これから結婚相談所を利用しようと思っている方には、聞き馴染みがない言葉でさぞかし驚かれたことでしょう。

しかし、この3か月ルールはあくまで「会員様が幸せになってほしい」という思いから生まれた仕組み。
ですので、ルールに怯えてしまうのではなく、「こういったルールがあるから結婚相談所では3か月で成婚できる」とプラスに捉えていただけると幸いです。

経験豊富なプロ仲人があなたの婚活をサポート。結婚するならサンマリエ

結婚相談所で活動しようと考えた時、最初にご自分がどういったサポートを望んでいるのかを明確にしてみてください。
そして、実際に結婚相談所を選ぶ時に注意することは、費用や立地だけで選んでしまうことです。
どんなに料金が安くても、家から近くても、入会後に思った通りのサポートが受けられなかった場合、成婚にたどり着く確率は低くなります。

システムが異なる何社かの結婚相談所に足を運び、実際に店舗やスタッフの雰囲気を比べ、活動方法が最も自分に合うと思われるところに決めることをお勧めします。

結婚相談所サンマリエでは、専任スタッフ(プロ仲人)によるきめ細かいサポート、婚活に特化した無料セミナー(マリカレ)、会員のみが参加できるサポート付き婚活パーティーなど、さまざまな体制で会員様の活動をバックアップいたします。

まずはサンマリエ無料カウンセリングにお越しいただき、実際に活動したらどういう人と会えるのか、どんなサポートを受けられるのか、などの婚活シミュレーションを体験してみてください。ご予約を心からお待ちしております。

【記事公開日】2020/03/22
【最終更新日】2020/06/02

関連記事