婚活応援コラム

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚活コラム
  4. 婚活連敗の男性も、結婚相談所でうまくいく理由

婚活連敗の男性も、結婚相談所でうまくいく理由

「せっかく出会えたのに、すぐフラれてしまった」
「婚活しているのに、なぜか先に進めない」
無料のアプリやサイトなど、出会いの数が多いにもかかわらず結婚できない男性は多いもの。
かといって結婚相談所は敷居が高く、なかなか踏ん切りがつきませんよね。
でも実は、結婚相談所の成婚率は婚活サービスの中でもトップクラス。利用しないのは、実にもったいないのです。
一体なぜでしょうか?そして、どうやったら成婚できるのでしょうか?
その具体例をご紹介します。

結婚相談所の成婚率が高い理由

成婚率は合コンの2倍!

まず、データから見ていきましょう。
成婚率を調べた調査では、結婚相談所で結婚できた人(17.0%)は合コンで出会うケース(8.5%)のなんと2倍。婚活アプリやSNSと比べても高い数値でした。
一方、利用者の数ではまだまだ合コン(27.5%)が結婚相談所(16.5%)を上回っており、料金や手軽さで選ぶ人が多いことを伺わせます。
しかし、活動頻度で言えば意外と少ないのが結婚相談所。同じ調査では、婚活サイトを週に1〜2日(恋活サイトなら毎日)利用する人が多数派になる一方、結婚相談所の方はたった月2〜3回(※)。人にもよりますが、結婚相談所のほうが楽だった…という方もいるかもしれません。
成婚率の高さを考えると、敷居が高いから…と敬遠するのは実にもったいないことなのです。

出会いから結婚までサポート

では、なぜここまで成婚率が高いのでしょうか?
それは、出会いから結婚までトータルにサポートしてくれるからです。
相手探しから始まって、デートの約束、交際開始。こうした要所ごとのタイミングでは、ふつう自分の判断力だけが頼りです。友達に相談することはできますが、どうしてもその人の経験則に頼りがちなもの。よい結果に結びつくかは分かりません。
一方、結婚相談所なら相手は「婚活のプロ」。成功パターンを知り尽くし、しかも自分や相手の人間性まで把握したエキスパートです。こうした専門家にすぐアクセスできるため、婚活で失敗つづきの男性でもトントン拍子にゴールインが可能なのです。

女性に慣れていない男性

では、具体的にどんな男性が成婚を勝ち取っているのでしょうか?婚活に苦労してきたのに結婚相談所でうまくいった例をご紹介します。
まずは、「女性とのコミュニケーションに不慣れな男性」。
「学生の頃はとくに困らなかったんですが、社会人になってからは全然出会いがなくて…
女性とどう接していいか分からず、タイプの人に出会ってもアプローチの方法がわかりませんでした。」
こういった場合、お見合いマナーなどの基本的なことから身につけていく必要があります。それにピッタリなのは「サポート重視型」の結婚相談所。
女性とのやり取りは、普通はフィーリングに頼りがち。しかし、経験自体が少ないと引き出しも限られてきます。
一方、プロのアドバイザーはこうした部分もしっかりカバー。たとえば、客観的な視点でのアピールポイントや、相手への効果的なアプローチ方法、交際方法、成婚のタイミングなども親身になって一からアドバイスしてくれます。
そのため、恋愛経験が少なくても自信を持って進むことができるのです。

かけひきに弱い男性

また、女性の本音を引き出せず、交際に結びつかない男性にも結婚相談所が効果的。
「婚活アプリを使ったり、パーティーにも参加しています。
だから出会いは結構あるんですが、いつの間にか自然消滅で…
なかなか、交際には至りません」
前述のように、恋活・婚活アプリは料金の安さや手軽さが人気の理由。一度に何人もと出会えるのも魅力です。
ただ、結婚を考えると、大切なのは「出会ったあと」のこと。
たとえ連絡先を交換できたとしても、デートの約束ができるか、さらに先へ進めるかは本人の積極性にかかっています。
当然、魅力的な女性ならライバルが多いはず。それを意識した立ち回りが必要になってくるのです。
こうしたスキルのある男性もいますが、苦手な人も多く「気付いたら連絡が途絶えていた」というケースも。これでは、いくら出会いが多くても無駄になってしまいますよね。
一方、結婚相談所ならこんな心配はいりません。仮交際→真剣交際のタイミング、相手の本心などをプロに相談しながらステップアップできるので、時間を有効活用できるのです。

結婚への本気度ですれ違った男性

そして、結婚への温度差から相手と別れてしまった男性。そんな方にも、結婚相談所ならチャンスがあります。
「自分では、結婚前提での付き合っていたつもりでした。
でも、相手はまだそこまで本気じゃなかったようで…
気持ちがすれ違い、とうとう破局したんです。」
こうなってしまうのも、仕方ありません。なぜなら、通常の出会いでは相手の結婚への意識をはっきり知るのは難しいからです。
そのため、自分は結婚前提のつもりだったのに相手はまだまだ独身でいたいなど、すれ違いが生じてしまうの。
でも、結婚相談所なら大丈夫です。
そこにいるのは「結婚を前提とした出会い」を望み、お金を支払って入会した人ばかり。そのため、知り合う女性は100%「本気の相手」です。とても効率がいい出会い方ですよね。
また、入会時には独身証明書をはじめとした各種書類の提出が義務付けられています。これにより、結婚詐欺や「実は結婚していた」など交際後のトラブルがないことも大きな利点です。

なぜか分からないがフラれてしまう男性

加えて、はっきりとした理由なく断られてきた男性もいるでしょう。
こうした方にも、結婚相談所はソリューションを提供することができます。
「これまで何人もの女性と出会い、お付き合いしてきました。
でも、どういうわけか皆離れていってしまうんです。
自分では真剣に付き合っているつもりなのに…なぜでしょう?」
婚活で何人も出会えているのに、何度かデートした後でなぜか断られてしまう。こうしたケースは決して少なくなく、自信をなくす必要はありません。
大切なのは、「なぜ断られてしまうのか?」という理由の分析です。
実際に出会えているということは、容姿やスペックが問題ではないということ。そうなってくると、考えるべきは女性への接し方やコミュニケーションです。
こうした点に問題がある場合、周囲の人は「もうちょっとこうしたほうがいいんじゃない?」と気付いているはず。でも、本人には言いにくいですよね。だから男性自身も自覚することが難しいのです。
そこで頼りになるのが、第三者目線での客観的なアドバイス。
結婚相談所の担当者であれば、異性との会話やエスコート方法について的確な指摘をしてくれます。そのため、自分では分からないウィークポイントを克服することが可能。
また、断られた場合の理由も説明してくれるケースがあるので、次回に活かすこともできます。プロの視点でこうした改善ができるため、結果として婚活の期間が短くすむのがメリットです。

まとめ

ここまで、上手くいかない男性が結婚相談所で成婚にたどりつける理由を見てきました。
これまで連戦連敗だったみなさんも、婚活のプロがいることで客観的なアドバイスを得られ、苦手を克服して見事ゴールインしています。
「自分も当てはまるかも」と思ったら、気軽に結婚相談所に問い合わせてみましょう。みなさんのご成功を応援しています。


【記事公開日】2020/02/26
【最終更新日】2020/05/28

関連記事