婚活応援コラム

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚活コラム
  4. おすすめはどっち?結婚相談所とマッチングアプリの違い

おすすめはどっち?結婚相談所とマッチングアプリの違い

異性と出会える気軽なツールといえば、マッチングアプリ。一度は使ったことがあるという人もいるのではないでしょうか。
マッチングアプリは、友達や恋人作りなどそれぞれのニーズに合わせてさ多様なアプリがあり、中には婚活に特化したものもあります。
以前は知人の紹介や合コンなどが主な婚活方法でしたが、近年ではマッチングアプリを「結婚相手を探している男女が出会える場所」として、利用する人が増えてきました。

今回は結婚相談所とマッチングアプリの違いについて3つご紹介します。これから婚活を始める人や婚活中の人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

違い ①婚活への真剣度

マッチングアプリと結婚相談所の大きな違いは、婚活への意欲や真剣度です。
マッチングアプリはスマホやPCがあれば簡単に登録ができ、費用も無料~低価格ではじめられるというメリットがあります。
ただ、手軽に登録できるからこそ「今すぐ結婚は考えていない」という人も多く、真剣度は低い傾向にあります。婚活よりも“恋活”に近いかもしれません。

婚活に特化したマッチングアプリでも、相手の本気度を見極める手段がないので、出会った人と恋人関係になれたとしても、相手に結婚願望がなく無駄な時間を過ごしてしまったと後悔する場合が少なくありません。

一方、結婚相談所を利用している人の目的は「結婚」です。結婚願望があり、婚活への真剣度は高い傾向にあります。
登録時には、身分証明書や独身証明書など活動に必要な書類を提出し、各相談所の審査に合格した人が結婚相談所の会員として登録することが出来ます。
また、結婚相談所には入会金や月会費などがあり、マッチングアプリよりも費用はかかりますが、会員には1日でも早く結婚してもらうため、マッチングアプリにはないサービスを提供しています。
婚活に費用をかけている分、マッチングアプリの利用者よりも結婚願望があり、結婚を前提とした出会いと交際が期待出来ます。

違い ②年齢層

マッチングアプリの年齢層は20代~30代、結婚相談所の年齢層は30代〜40代と言われていますが、最近では20代で結婚相談所を利用している人も増えてきています。

婚活と年齢は大きく関わってきます。年齢が若ければ若いほど、出会える人数も多くなります。婚活に真剣な人と多く出会うことで早く結婚できる可能性が高くなります。

例えば、マッチングアプリを利用している30代女性の場合、

「30代になったとたん、男性から申し込まれなくなった」
「同年代の男性には相手にされず、10歳以上離れた歳上の男性からしか連絡が来ない」

など、マッチングアプリでの婚活に苦戦しているという声はよく聞かれます。マッチングアプリは20代の利用者が多いことから、30代になると検索対象から外されてしまい、出会うことが難しくなる場合があります。

アプリという手軽さと誰もが登録できるということから、非常に多くの人がマッチングアプリを利用していますが、自分の希望とする人になかなか出会えないということもありますので、そういう時は条件設定の見直しが必要です。

しかし、ここで注意していただきたいことは、「30代・40代だからマッチングアプリでは出会えない」というわけでありません。どの年代でもマッチングアプリを利用して実際に結婚したカップルがいます。

先程の30代女性の場合、同年代の男性に出会いたいのであれば、30代の男性が多く利用している結婚相談所で婚活をした方が出会える人数も増えてくるでしょう。

違い ③サポート内容

結婚相談所とマッチングアプリで最も違う点は、サポートの有無です。

マッチングアプリはサポートがないのが基本

マッチングアプリは、相手探しからメッセージのやり取り、デートの日程などすべての過程を自分一人で行う必要があります。
そのため、異性とのやり取りが得意な人や連絡がマメな人は、マッチングアプリに向いています。
一方、結婚相談所はいわゆる“お世話役”の担当が婚活のサポートをしてくれます。相手の紹介からお見合いの日程調節、交際状況など婚活に関するさまざまなことを管理・サポートをしてくれます。

また、どんな婚活でもトラブルは付き物ですが、マッチングアプリの場合他者を介さず当人同士でやりとりをするため、特に注意が必要です。
例えば、マッチングアプリでは交際・連絡の断りを自分で相手に直接伝えなければならないので、この間にトラブルが発生することが少なくありません。
一度トラブルが発生してしまうと、時間と労力を使ってしまい婚活疲れにも繋がってしまいます。

結婚相談所のサポートは相談所によって違いがある

結婚相談所の中には、マッチングアプリと同様に当人同士でやり取りをしなければならない「データマッチング型」とサポート重視の「仲人型」にわかれます。
どちらも各種証明書類を提出し、審査を経て入会していますので、相手の身元に不信感を持たずに婚活できるところが人気です。

しかし、マッチングアプリで当人同士のやり取りがうまくいかなかった人が「データマッチング型」を選ぶのは避けた方がよいかもしれません。
婚活は、順調な時もあればそうでない時もあります。理想の人に出会えない・出会えても交際にならないなどさまざまな悩みができ、中には結婚することを諦めてしまう人もいます。婚活をする上で大切なことは、迷ったとき・悩んだときに相談できる人がいるかどうかということです。第三者からの意見を取り入れながら婚活をすることで、状況が変化する場合があります。もし、今悩みがあり、友人や家族に婚活の相談が出来ない場合は、結婚相談所に頼ってみてはいかがでしょうか?

マッチングアプリが向いている人

・結婚には焦っていないが、恋人は欲しい
・自分で行動できる
・空き時間で相手探しがしたい

いつでも婚活が始められるマッチングアプリは、自分から連絡したり、デートに誘ったりと積極的にコミュニケーションが取れる人に向いているでしょう。また、自身のスマホで通勤時間や自分の空き時間に相手の検索をしたい人にもおすすめです。

しかし、異性とのやり取りが苦手な人やアピール出来ない人はマッチングアプリでの婚活は難しく感じてしまうかもしれません。

結婚相談所が向いている人

・すぐに結婚したい
・安心して婚活がしたい
・自分に自信がなく、一人で婚活できるか不安

結婚相談所で出会う人は、本気で結婚をしたいと思っている人ばかりです。結婚前提の交際が可能なため、すぐにでも結婚したい人にとって効率よく婚活が出来ます。
また、入会時には年齢や職業・年収など正しい情報を登録するため、年齢詐称や既婚者などの心配はありません。
活動時には、婚活のサポートをしてくれる相談所もあるので、担当と二人三脚での婚活となり、婚活の不安も軽減されるでしょう。

まとめ
本気で結婚を考えているなら安易に決めるのはリスキー

今回、結婚相談所とマッチングアプリの違いについてご紹介しました。

個人で気軽に相手探しから交際まで進められるマッチングアプリ。
婚活のプロが出会いから結婚までの道のりを一緒に歩んでくれる結婚相談所。
どちらかを選ぶ際、「安いから」「なんとなく良さそうだから」などと安易に決めるのではなく、サービス内容や料金などを比較して自分に合った婚活方法を選ぶようにしましょう。

【記事公開日】2020/02/17
【最終更新日】2020/06/04

関連記事