婚活応援ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚活コラム
  4. 結婚相談所で真剣交際まで進んだのに破局してしまう原因とは?

結婚相談所で真剣交際まで進んだのに破局してしまう原因とは?

結婚相談所で成婚するまでの流れは、「お見合い申し込み(申し受け)→仮交際→真剣交際→成婚」というのが一般的です。
そのため、真剣交際まで進めれば基本的に成婚できることがほとんどなのですが、中には何度も真剣交際⇔破局を繰り返してしまう方も存在します。

そういった方はなぜ成婚まで辿り着くことができないのか、今回はその原因についてお伝えしていきます。
失敗を繰り返してしまっている方はもちろん、これから結婚相談所を利用しようと考えている方もこれらを注意することで成婚できる可能性が高まりますので、ぜひ参考にしてくださいね。

そもそも仮交際・真剣交際とは?

真剣交際まで進んだのにもかかわらず破局を繰り返してしまう方は、そもそも仮交際と真剣交際の意味を正しく把握していない可能性が高いです。
それでは成婚まで辿り着けないのも当然ですので、しっかりと把握できるようそれぞれの概要をここでおさらいしましょう。

また、これから結婚相談所を利用する方にとって、仮交際や真剣交際は聞き馴染みがない言葉だと思いますので、こちらで理解を深めていってくださいね。

仮交際とは

仮交際とは、初回のお見合い後に好印象を持った会員同士が直接連絡したり、デートしたりする状態を表す言葉です。
お見合いの段階では出会ったばかりでお互いのことをよく知らない状態であるため、相手のことを詳しく知れるお試し期間として、このようなシステムが取り入れられています。

そのため、交際の文字が使われてはいますが、世間一般で言うお付き合いとは全く異なります。言い換えれば、友達以上・恋人未満の状態が仮交際だと考えていいでしょう。
もちろん、正式にお付き合いしている訳ではありませんので、他の人と新たにお見合いしたり、デートしたりすることも可能です。

真剣交際とは

真剣交際とは、結婚を前提として正式にお付き合いする状態を表す言葉です。
仮交際を経てお互いが合意の元、結婚相談所に報告することで真剣交際とみなされます。

真剣交際の段階では晴れて彼氏・彼女の関係となりますので、もちろん新規で紹介を受けたり、申し込みしたりすることはなるべく避けるべきです。
ですので、真剣交際に進む際には1対1で交際することを覚悟してからにしましょう。

真剣交際まで進んだのに何度も破局してしまう原因

真剣交際まで進めば必ず成婚できるという訳ではありませんので、どうしても破局してしまう場合も一度や二度はあるでしょう。
しかし、一度や二度だけではなく何度も破局してしまっており、全て相手からフラれてしまっているのであれば、成婚まで辿り着けないのは自分自身の言動が原因です。

一体、どんな言動が破局の原因になっているのか、ここでは真剣交際まで進んだのに何度も破局を繰り返してしまう方に多く見られる、その原因についてご紹介していきます。

不誠実な行動を取っている

何度も破局を繰り返してしまう方に多く見られるのが、相手に対して不誠実な行動を取っているというもの。
たとえば、仮交際中の相手に断りを入れていなかったり、新たなお見合いを組んだりしていることなどが挙げられます。

これらの行動は仮交際中には全く問題ありませんので、そのままの調子で複数人と交際しようとする方もいますが、真剣交際中には1対1が基本です。
言うなれば、浮気をしてしまっていることになりますので、相手に不誠実だと思われて破局してしまうのも当然です。

こういった行動を取ってしまっている方は、仮交際と真剣交際の違いをしっかり把握できていないことがほとんどですので、改めてお互いの意思を確認しましょう。
そうすれば、真剣交際中に上記のような行動を取ることは、極めて不誠実であることがわかるはずです。

結婚後の話し合いで相手への要求が多い

結婚後に「こうしたい」「相手にこうしてほしい」という希望は誰にでもあるものですが、その要求が過剰である場合、結婚の話が具体的になればなるほど上手くいかなくなるケースも多いです。

たとえば、下記のような要求があるとしましょう。
・結婚後の仕事について(専業主婦希望、共働き希望など)
・結婚後の住まいについて(親と同居、自分の部屋がほしいなど)
・介護の問題
・子どもを望むかどうか
・生活習慣の違い(インドア派・アウトドア派など)
・趣味について(年に一回は海外旅行に行きたい、休日は趣味に時間を使いたいなど)

これらの中から一つや二つ程度ならまだしも、それ以上に要求してしまうと価値観の違いから「上手くやっていける自信がない」と相手に思われてしまい、破局に繋がってしまいます。

この場合の最大の問題は、破局を繰り返してしまう方は自分の要求がもっともだと思っており、相手に全く譲ろうとしないこと。
結婚において最も重要なのは、どれだけ相手を思いやって歩み寄ることができるかということですので、それができないうちはいつまで経っても成婚まで辿り着けないでしょう。

金遣いが荒い、または異常なまでの節約家

真剣交際に発展すると、仮交際中には触れづらかったお金に関する話をする機会も増えてきます。
そんな時、金遣いが荒かったり、異常なまでの節約家であったりなど、自分の金銭感覚が世間一般から大きくずれていると判断された場合、敬遠されて破局に繋がってしまいます。

結婚はお金が全てという訳ではありませんが、やはり生計を共にする以上、切っては切れない重要な要素となりますので、こういった自覚があるのなら早めに改善したほうがいいでしょう。

伝える必要がないことも正直に伝えている

人間誰しも、秘密の一つや二つは抱いているものですよね。
そんな秘密を「結婚相手には隠し事をしたくない」と、誠実な方は全てを伝えようとすることでしょう。
それは非常に立派なことではあるのですが、中には伝える必要がない秘密も存在します。

たとえば、過去に浮気や不倫の経験があるという秘密の場合、既に反省していて二度と繰り返さないと誓えるのであれば、わざわざ相手に伝える必要はありません。
むしろ、伝えることでネガティブなイメージを持たれてしまい、破局に繋がってしまうことも多々あります。
そのため、秘密の内容にもよりますが、これまで全てのことを正直に伝えていた方は「本当に伝えるべきなのかどうか」をしっかり考えるようにしたほうがいいでしょう。

もちろん、生計を共にする関係から『借金』、子どもに影響するため『整形』などの秘密は隠さず伝える必要がありますので、その点は履き違えないようにしてくださいね。

まとめ|結婚相談所で真剣交際に至ったのに繰り返し破局してしまうのは自分が原因

本記事では結婚相談所で真剣交際にまで至ったのに、繰り返し破局してしまう原因についてご紹介してきました。
交際は生まれ育った環境の異なる男女が一緒になりますので、時には価値観の違いから結婚まで辿り着けずに破局してしまうこともあるでしょう。
むしろ一度や二度程度なら、そのような事態に陥るのは当たり前のことです。

しかし、複数回に渡って真剣交際⇔破局を繰り返してしまっているのであれば、それは間違いなく自分自身に原因があります。
その原因を改善しない限りは、このまま結婚相談所で活動を続けていても成婚を叶えるのは難しいので、まずは自分自身に原因があることを認め、改善するところからはじめるようにしましょう。

もしも破局の原因がわからないのであれば、結婚相談所の専任カウンセラーを頼るのも一つの手。
あなたからカウンセラーに、「どこが悪いのか」「どうすれば成婚まで辿り着けるのか」を尋ねれば的確なアドバイスをもらえますので、成婚を叶えたい方はぜひ実践してみてくださいね。

関連記事