婚活応援ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚活コラム
  4. 結婚相談所で活動している女性に多い悩みとは?その対処法も解説

結婚相談所で活動している女性に多い悩みとは?その対処法も解説

これから結婚相談所の利用を検討している女性は、「高額な入会金を払うからには、スムーズかつ確実に結婚したい」と考えているのではないでしょうか。
しかし、結婚というのは相手の同意が必要になりますので、自分がどれだけ努力をしていても上手くいかないなんてことは多々あります。

それ故、婚活に悩みは付き物。あらゆる悩みと向き合うことで成婚へと進んでいきます。
とはいえ、まだ婚活を始めていない女性にとっては、婚活においてどんな悩みがあるのかわかりませんよね。

そこで今回は、事前に知っておきたい結婚相談所で活動している女性に多い悩みに加え、その対処法についてお伝えしていきます。
これから結婚相談所に登録するという女性はもちろん、既に結婚相談所を利用している女性も参考にしてくださいね。

悩み①「待っているのに誰からもアプローチされない」

やはり女性は、「男性からアプローチされたい」という憧れを抱いているものですよね。
そんな憧れから、結婚相談所でも待ちの姿勢を取り続けている女性は非常に多いです。しかし、いつまでも待ちの姿勢では誰からもアプローチされずに、「婚活が上手くいかない」と悩む女性が後を絶ちません。

対処法:自分から積極的にアプローチする

そんな悩みに対する対処法は、「男性からアプローチされたい」という憧れは捨てて、自分から積極的にアプローチすること。
女性に比べて男性は相手からアプローチされることが少ないことから、女性からアプローチされるとその女性に興味を持つ男性が多くいます。相談所で活動している男性の傾向として、自分から積極的にアプローチ出来ない傾向があります。なので、少しでも気になる男性には女性から連絡をする、デートに誘ってみるなど積極的になることで、とんとん拍子で結婚まで辿り着けることも珍しくありません。
また厳しいことを言いますが、特に35歳以上の女性はただでさえ婚活が厳しいのが現実です。ただ男性からのアプローチを待つのではなく、自分から積極的にアプローチしていきましょう。

悩み②「希望している同年代の男性とのお見合いが成立しない」

こちらは35歳以上の女性に多い悩みで、「10歳以上年上の男性からはお見合いを申し込まれるものの、希望している同年代とのお見合いは成立しない」という声がよく聞かれます。
事実、同年代の男性は自分より若い20代前半~アラサーの女性を希望していることが多く、需要と供給が合っていないことから、こういった悩みは少なくありません。
また、10歳以上離れている男性からの申し込みが多い場合、男性は女性の年齢だけを見て申し込みをしている可能性もあります。

対処法:同年代からアプローチされるようにプロフィールなどを変えてみる

同年代の男性と成立するためには、まず自分のプロフィールを見直してみてはいかがでしょうか?例えば、写真が自撮りだったり加工されていたりすると本気で活動をしている同年代の男性からは好まれません。プロのカメラマンに撮影してもらうことで、より自然な写真になり男性受けも良いです。
そして、自己PR文も「よろしくお願いします。」だけでは、どんなに写真が良くてもお見合いは成立しません。自分がどのような女性か、将来はどのような家庭を築きたいかなど詳細に記載しましょう。その際に、結婚相手の条件を自己PR文に記載することは避けましょう。「年収〇〇〇万以上・大手企業勤務希望」など自分がもし男性側で女性のプロフィールにこのようなことが書かれていれば、嫌な気持ちになりますよね。自己PR文を考えた後は、客観的に見直しをしたり、誰かに添削をしてもらうのもいいですね。

悩み③「希望している年収の男性が少ない!」

結婚相談所で活動している女性からは、「希望年収の男性が少なすぎて、お見合いを申し込みたい人がいない!」といった声も多く聞かれますが、皆さん実際に男性がどのくらいの年収なのか、希望年収をもらっている男性がどのくらいいるのかご存知でしょうか?
結婚相談所での活動は高額のため、年収の高い男性が多く活動しているというイメージがあるようです。そのため、実際に相談所に入って男性のプロフィールを見てみると、思っていた年収よりも低いことに驚き、相談所での婚活を諦めてしまう女性も中にはいるようです。

対処法:現実を知り、希望年収を見直してみる

2019年に国税庁が実施した民間給与実態統計調査によると、2018年度の男性の平均年収は545万円です。
さらに細かな年収分布は下記の通り。
300万円~400万円:17.3%
400万円~500万円:17.8%
500万円~600万円:13.5%
600万円~700万円:9.2%
700万円~800万円:6.4%
参考:令和元年9月国税庁 民間給与実態統計調査(20ページ)
https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2018/pdf/001.pdf

これを見てわかるように、男性の平均年収で最も多い年収額は「400万円~500万円」(17.8%)、次に「300万円~400万円」(17.3%)です。
一方、婚活中の女性が希望している年収額として最も多い600万円以上になると、パーセンテージは二桁を切ってしまいます。

このことから、希望年収600万円以上にしている場合、必然的に選べる男性が少なくなってきてしまいます。その少ない男性の中から希望年収の男性を見つけるのは自由ですが、それでは苦戦することを避けられず、婚活が上手くいかない原因にもなってしまいます。
そのため、婚活をスムーズに成功させるには、現実を知って男性に求める条件を緩和することで出会える男性の数も増えてくるでしょう。

➡参考ページ:アラフォー女性の婚活に必要なのは妥協なの?

悩み④「自分の居住エリア付近に男性がいない」

地方在住の女性に多いのが、「自宅から近い結婚相談所に登録したのはいいものの、検索しても付近に男性がいない」という悩み。
確かに結婚相談所の利用者層は都市部に集中しており、地域格差があるのが事実ですので、「検索しても遠い人しか見つからない」というのは地域在住の方にはよくある話です。
結婚したら都市部に住みたいという女性であれば、遠方の男性でも問題ないでしょう。しかし、様々な事情から結婚後もその土地で生活したい、あるいはなるべく近くに住みたいという希望があるのであれば、出会える男性も減ってくる可能性があります。

対処法:少しでも会員が多い結婚相談所を選ぶ

こちらに対する対処法は、少しでも会員が多い結婚相談所を選ぶこと。
さまざまな相談所に足を運び、居住地の周辺にどのくらいの登録者がいるのかを確かめた上で、その中から登録者が多い相談所を選べば男性不足の悩みも緩和されます。

もしくは、結婚後に都市部へ引っ越すことが可能なのであれば、最初から住みたい都市部で相手探しをするのも一つの手。
出会った相手とは遠距離恋愛になってしまいますが、結婚が前提の出会いであるため、遠距離恋愛でも上手くいく可能性が高いです。
活動の幅が広がれば、その分理想の男性と出会いやすくなりますので、遠距離恋愛に挑戦してみるのは非常におすすめですよ。

➡参考ページ:相談所の遠距離交際がうまくいきやすい2つのワケ

悩み⑤「子どもがいるから積極的に行動できない…」

シングルマザーの方は、「子どもが幸せになってくれるか心配」「もう結婚に失敗できない」などのネガティブな感情から、「積極的に行動できない」という悩みを抱きがち。
確かに自分一人だけの問題ではありませんので、必要以上に慎重になってしまうのは当然ですし、それが理由で積極的に行動できないのも無理はありません。また、子供が結婚相手を受け入れてくれるかも気になりますよね。子供が成人していたり、物心がつく前で合ったりすれば多少気にせず、行動できるかもしれません。しかし、小学生の子供や思春期の子供は今まで自分の世界に存在していなかった「大人」が入ってくるだけでもストレスになってしまいますので、親は子供の変化に注意する必要があります。

対処法:一人で婚活せず、カウンセラーを頼る

こういった悩みを抱いているシングルマザーは、結婚相談所の専任カウンセラーを頼るのがおすすめ。
子どもがいることを踏まえた上で自分に合う男性を紹介してくれますので、婚活が成功しやすいのもちろん、結婚後も上手くいく可能性が高いです。
そのため、シングルマザーの方は一人で婚活するのではなく、結婚相談所のカウンセラーの力を借りながら行動するようにするといいでしょう。

しかし、結婚相談所にはデータマッチング型と仲人型の二つのタイプがあって、データマッチング型の相談所では専任のカウンセラーが付かないことがしばしば。
ですので、データマッチング型の相談所に登録したシングルマザーの方は、確実に専任カウンセラーが付く、仲人型の相談所を検討してみてはいかがでしょうか?

悩み⑥「2回目以降のデートに繋がらない」

結婚相談所で知り合って最初のデートはできるものの、「2回目以降のデートに繋がらない」と悩んでいる女性も多く見受けられます。お見合いよりも長い時間一緒にいると、「お見合いでの印象と今の印象では少し違うかも…」となり、男女ともに「2回目はない」と判断しているかもしれません。どこが悪かったのかを自覚できていないことがほとんどで、何度も同じ過ちを繰り返してしまい、2回目のデートに繋がらないのではないでしょうか?

対処法:どこが悪かったのかを第三者に尋ねる

最初のデートで「どこが悪かったのか」を自覚し、改善できるならそれが一番です。
しかし、ほとんどは自分では気付いていないところでミスをしてしまっているため、「心当たりがない」と自覚できない女性が多いでしょう。

そんな時にはデートの内容を第三者に相談してみて、客観的な意見をもらった上で自分を改善させることが2回目以降のデートに繋げるコツです。
もしも、恥ずかしさから「友人に相談するのはちょっと…」と感じているのであれば、結婚相談所のカウンセラーに相談するのがおすすめ。
カウンセラーは恋愛や結婚にかんするプロですので、的確なアドバイスをしてもらえますよ。

➡参考ページ:婚活の成果が出ない!選ばれない理由当てはまっていませんか?

まとめ|結婚相談所で女性に多い悩みは解決できる!

ここまで、結婚相談所で活動している女性に多い悩みをお伝えしてきました。
これらに対する対処法をあらかじめ知っておけば、結婚相談所を利用してから悩みを抱く必要もなく、対処法を知らない方よりもスムーズに婚活を進めていけます。

つまり、それだけ有利に婚活を進めていけるということですので、これから結婚相談所を利用しようと考えている方はご紹介した対処法を頭に入れておいてくださいね。

関連記事