婚活応援ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚活コラム
  4. 結婚相談所で成功する男性には共通点があった!その6つの条件とは?

結婚相談所で成功する男性には共通点があった!その6つの条件とは?

「結婚相談所に興味はあるけれど、うまく行くだろうか」
そう悩む男性も多いことでしょう。
結婚前提の女性と出会えるのが、結婚相談所のメリット。とはいえ、ポイントを押さえておかないと成功できないのは普通の恋愛と同じです。

では、一体どんな方が成婚しやすいのでしょうか?共通する点を、一つずつ見ていきましょう。

成婚しやすい男性6つの特徴

無理のない希望条件

まず、高望みしすぎないこと。これが基本です。
例えば、相手の年齢やルックス、親との同居、結婚後の女性のキャリア、子供の希望人数など、人によって相手に求めるものはさまざまです。

もちろん理想を持つのはいいことですが、女性自身の価値観と合っていなければ、相手も結婚にむけて前向きにはなれないものです。

また、相手のニーズはどうなのか?という視点も必要です。
まず、自分の考える条件を洗い出し、実情と合うか考えてみるのがよいでしょう。

清潔感のある容姿

また、身だしなみはとても大切です。
ルックスを重要視する女性は少ないですが、かといって清潔感のない男性は敬遠されがちです。
たとえば、だらしのない格好でお見合いに行ったらどうでしょう?
たとえあなたの器量が平均以上でも、相手は「私と真面目に向き合う気がないの?」とガッカリするはずです。そうなると、関係は前に進みません。

そのため、出会いの前にもう一度、「ふさわしい服装か」「髪型やヒゲの手入れはできているか」などをチェックすることが大事です。

周囲の人に対して丁寧に接することができる

周囲への気配りはできていますか?
実は、女性はあなた自身だけではなく、周りの人への振る舞いもチェックしています。
たとえば、デートのお店で店員がミスをしても、頭ごなしにクレームを言ったり、偉そうな態度をとってはいけません。

なぜなら、こういった行動は女性にとって居心地が悪く、あなたと一緒にいることを恥ずかしく感じるでしょう。他人を自分よりも下に見る行為は、女性から「器の小さい男性」と思われてしまいます。

結婚するならば、一緒にいて安心できる男性がいいもの。だからこそ、周りの人には丁寧な対応を心がけましょう。

相手を思いやることができる

そして、女性の意見を尊重し、相手の立場に立って考えること。これができる男性は人気があります。
デート先や旅行の計画など、自分ひとりで決めていませんか?きっと相手は「私のことは考えてくれない」と思い、将来のことも前向きに考えられないでしょう。
というのも、結婚すればさまざまな場面で2人が話し合い、考えをすり合わせることになるからです。そのため、どんな時も相手の考えを聞き、決して独りよがりにならないようにしましょう。

人の悪口を言わない

また、人の欠点をあげつらったり、悪口を言う男性は信用されません。
というのも、女性は「自分のことも影で悪く言っているのでは?」と心配になるからです。
それに、不平不満が多いとネガティブな印象に見られ、魅力的とは言えません。
長期的で前向きな関係を望むのであれば、悪口を言わないようにしましょう。

第三者の意見を取り入れることができる

くわえて、人の意見をしっかり聞ける人は、成婚も早い傾向があります。

活動を始めると、色々とうまくいかないことも出てきます。そんな時、プロのスタッフからのアドバイスを真摯に聞き、方向修正できるかどうかで差が出てきます。
改善すべき点は、なかなか自分では分からないもの。一日も早い成婚をめざすなら、プロのアドバイスを素直にきく柔軟性が求められるのです。

成婚しづらいケースとは?

ここまで、成功しやすい男性の特徴を見てきました。
しかし、一方でうまくいかないパターンがあるのも事実です。

では、それはどのようなものでしょうか?詳しく解説します。

お見合いが組めない男性

まず、希望条件が高すぎたり、プロフィールが分かりづらいためお見合いをセッティングできないケースです。
こういった場合、まずはご自身の希望条件や自己紹介を見直す必要があります。
たとえば、このような条件をお持ちの場合、プライオリティも考慮しながら軌道修正を行います。

〇10歳以上年下の女性
→女性側の許容範囲は、「自分より5歳上」までが限度という人がほとんどです。
 もしご自分がそれより年上の場合、女性の希望スペック(年収や職業など)もかなり高くなるため
 注意が必要です。

〇家事育児の能力にくわえ、共働きも希望
→どんなに有能な女性でも、ここまで完璧にこなせる方は多くありません。
 むしろ、かなりの負担を一人に押し付けることになり、フェアな関係ではなくなります。
 「あれもこれもやってほしい」ではなく、苦手な部分はカバーしあう心構えが大切です。

〇親との同居が条件
→親を思う気持ちは大切ですが、同居前提でお付き合いしたがる女性は少数派です。
 家族とも話し合い、現実的な方法を考えましょう。

〇容姿の理想が高い
→人間は、自分と見た目が近い相手に親近感を感じるものです。
 あなたの理想は、自分自身と釣り合うものでしょうか?客観的に考えてみましょう。

お見合いまではいくが、その先に進めない男性

また、お見合いしたはいいものの、なかなか次の約束に結びつかない男性もいます。
こういった場合、服装や立ち振る舞い、会話力を見直します。
担当スタッフからのアドバイスや、必要であればセミナーを受けるのもよいでしょう。
自分自身をブラッシュアップすることで、成功への道が見えてきます。

お見合い後、何度かデートできているが成婚できない男性

そして、何度か女性と会っているのに結婚に至らない場合は、
「決断力のなさ」が原因かもしれません。
極端に受け身だったり、意思表示があいまいだったりすると、女性は「私のことをどう思っているの?」と不安になるものです。
伝えるべきことはハッキリ伝え、リーダーシップを示すことで関係を進めるようにしましょう。
また、もし口下手で思うように言えない場合には、担当者にアドバイスを求めるのも一つの方法です。

※参考ページ
➡1年以上結婚相談所で婚活しているのに結果が出ない・・・そろそろ婚活を見直してみませんか?
➡これで解決!婚活で困らない会話術とは?

大切なのは「相手と向き合う」力

このように、うまくいかないケースには相応の軌道修正が必要です。
しかし、自分に当てはまるからと言ってガッカリする必要はありません。
なぜなら、何より大切なのは「一人ひとりと向き合う姿勢」だからです。

たとえば、自己表現が苦手で女性とうまくいかなかった男性も、
これからの出会いの中で相手の長所を見つけ、真摯に付き合っていけば
おのずとチャンスは巡ってきます。

逆に、もしたくさんの女性と出会っても、欠点ばかり探していてはうまくいくはずがありません。
お相手探しは、そんな「一期一会」を大切にできるかどうかが決め手なのです。

自分にあった結婚相談所を

そしてもちろん、結婚相談所の選び方も重要です。
大手の結婚相談所や個人経営など、さまざまなサービスがありますが、それぞれ長所もことなります。
たとえば、大手なら情報量や会員数の多さ、個人経営ならアットホームで相談しやすいというメリットも。
担当スタッフが専任制か、チーム制かといった違いもあります。
ご自身の価値観や、ライフスタイルにあった結婚相談所を選びたいですね。

※参考ページ
➡結婚相談所を比較する際に重要なポイントとは?

まとめ

このように、男性が結婚相談所で成婚するためにはいくつかのポイントがあり、
ときには自分のやり方を見直す必要があることをお伝えしてきました。
結婚相談所には、担当スタッフという頼れるパートナーもいます。
悩んだら、ぜひ気軽に声をかけ、成功にむかって進んでいきましょう。

関連記事