婚活応援ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚活コラム
  4. どんな男性を選ぶべき?後悔しない結婚相談所でのお相手探し

どんな男性を選ぶべき?後悔しない結婚相談所でのお相手探し

結婚相談所で活動していると、あらゆる方面の人との出会いがあります。
たくさんの出会いの中で選んだ人と、いざ結婚!となった時「本当にこの人でいいのかどうか」と迷うことがあります。

恋愛とは違い、結婚は「やっぱり合わないから別れよう」と安易にできるものではありません。
もちろん、「合わなかったら合う人をまた見つける」とすぐに離婚を選択する人もいますが、ほとんどの方は一度この人と生涯を共にしていくと決めて結婚をしたにもかかわらず、「こんなはずじゃなかった・・・」なんて後悔はしたくないのではないでしょうか。

素敵な人と出会い結婚をしたい、と決して安くはない費用をかけて結婚相談所で活動している人は尚更、結婚後後悔するのは避けたいはずです。
今回は、選んでしまうと結婚後に後悔するであろう男性のタイプを紹介していきます。

結婚後、後悔してしまう男性はこんなタイプ

結婚後、「なぜこの人を選んだのか」と後悔してしまう男性のタイプには共通点あるのです。
ただ、交際中はお互い本性は隠すものなので、見分けるのがなかなか難しいと思います。
それでもできる限冷静に相手のことを見極めるようにしてください。

また、付き合っている時には特に気にならなかったことも、結婚後に一緒に暮らしていく中でだんだんと目につくようになりだすものです。

結婚を意識し始めたら、今までよりも結婚生活を背景にして相手を見る、知るということも必要なのかもしれません。

他人の発言をいちいち否定する男性

「この間食べた〇〇ってお店、雰囲気よくてとても良かった」という発言に対して、
「あの料金であの味じゃダメでしょ。雰囲気だって〇〇のパクリだし。」などと返してくる人がます。
趣味の話をしていても、仕事の話をしていても、いちいち否定されると話すのが嫌になってしまいますよね。
このような男性は、自分が一番正しいと思っており、逆に自分が否定されると攻撃的になることが多いのです。

結婚後の長い年月、こういう男性とずっと一緒だと女性にストレスがたまります。
否定の矛先が自分に向けば尚更で、次第に自分に自信も持てなくなってしまうこともあるかもしれません。
こういう否定から入る男性は初期の段階から兆候が見えますので、どんなに条件が良くても避けた方がよいでしょう。

家族や友人の悪口をいう男性

出会って間もない時から、自分の家族や友人の悪口、職場の悪口を堂々と言う男性は要注意です。
こういう男性と親しくなると、今度はあなたがターゲットにされてしまいます。
知らないところで自分の悪口を言われているなんて・・・考えただけでトラブルの予感がしますよね。

自分の家族を大切にできない人は、家族という関係に慣れてきたころにあなたのことも同じ扱いをするでしょう。こういう男性は自分が一番上の立場だと思っている人が多く、結婚後はモラハラ夫になることもありえるのです。

お金を出したがらない男性

節約するのは大切ですが、行き過ぎた節約はただのケチです。
必要なものにもお金を払いたがらない男性の場合は、将来子供への出費やあなたの生活費にまで干渉してきます。
あなたが稼いだお金も管理されて、ランチに行ったり新しい洋服を買ったりと自由に使えるお金は全然もらえない・・・という理不尽なこともあるかもしれません。

金銭感覚は価値観と同じくらい重要といっても過言ではありません。
度を越したケチな男性は、高年収でも伴侶に選ばない方がよいでしょう。

ギャンブルをする男性

ケチすぎるのは結婚後の心のゆとりがなくなりますが、別の意味で家計が回らなくなるのは、ギャンブル好きの男性です。

ギャンブル好きの人は休みの日に一日中没頭したり、仕事帰りにパチンコに寄ったりするタイプの人が多いので、ある程度は結婚前に気づけるはずです。
特にパチンコ・パチスロなどに毎週通っている男性は、無自覚に数万円ならなくなってもいい、負けた分は今度また当たればいい、と考えてしまっている人が多いのです。

そして、ギャンブル好きの男性は負けた時いくら失ったのかを決して正直に言いません。
たいした金額は使っていないふりを装うので、騙されないように気を付けてください。
これがひどくなると、しまいには家族に隠れて借金をしてまでのめり込んでしまうことも。

ギャンブルで好きに使うお金があるならば、そのお金を家族のために使ってほしい、など不満はたまるばかりで嫌気がさして結婚を後悔するでしょう。

過去の自慢ばかりする男性

高校の頃、大学の頃はこうだった、職場で表彰された、など、過去の武勇伝をたまに言うくらいなら微笑ましく見ることができますが、話のはしばしに自慢話を盛り込むタイプは自分を認めてほしいという「承認欲求」が強すぎる場合が多いようです。

こういうタイプは他にも
・プライドが高い
・他人と比べる
・ミスを人のせいする
というような特徴があります。

また、この過去の栄光自慢だけをされている分には、また始まったと聞き流していればよいのですが、そのうち自分の家庭ではこうだった、母親が作る料理はこうだった、自分の母親役をおしつけられがちなので、選ぶと後悔してしまいます。
あまりにも自慢話が多い男性には注意しましょう。

暴力的、感情的な男性

彼が暴力的だと結婚をする前から分かっていれば誰もが避けたいことですよね。
しかし、交際中に暴力をふるう男性は少ないので、結婚後だんだんとDVに発展することが多いのです。

このような男性にはいくつかの特徴があります。
・家族や知人の前で必要以上にいい人ぶる
・お酒を飲むと人が変わる
・自分より下の立場(店員など)への暴言
・怒ると物に当たる
など、ひとつでも当てはまったら注意してください。

また、すぐ感情的になってしまう人は喧嘩をしたときも冷静に話をすることができませんし、そのうち手を出されるようになるかもしれません。
自分の思うようにならないとすぐにカッとしてしまう人と一緒にいると、女性側が顔色を伺ったり気を遣って生活することになるので一緒にいる時間が苦痛になってしまいます。

参考ページ
➡婚活でモテる男の条件

問題があるのは男性側だけではない

色々とあげてきましたが、こういった「結婚すると後悔する」男性を選んでしまうのは、実は女性側に問題がある場合も。

なぜ、後悔したそのお相手を選んだのかを聞いてみると、
① 年収や学歴などのスペックが高かったから
② 結婚を焦っていてこの人を逃したらもう次がない気がしたから
③ イケメンだった
④ 自分とは正反対の性格に惹かれた
⑤ 彼を支えてあげたいと思ったから
というような答えが多いようです。

確かに結婚生活に経済力は大切ですし、子どもを産みたいとなると年齢と共に焦りも出てきます。
しかし、これでは自分の結婚相手にふさわしい人なのかどうかを判断することは難しいですよね。
むしろこの相手の中身を見ていない選び方をして、とってもいい人だし相性もぴったりで幸せ!なんてことが起きるほうが稀なのではないでしょうか。

自分の理想の条件だけでなく、相手の人間性や価値観も必ず判断基準にしてみてください。

参考ページ
➡結婚相談所の交際期間中に、相手を見極めるポイントとは?
結婚相談所にイケメンはいる?

結婚後に後悔しないためのパートナー選び

結婚相談所で出会った人とどんなに早く結婚したくても、上記で挙げた項目にひとつでも当てはまるようであれば、第三者に相談することが大切です。

プロのカウンセラーであれば数多くの成婚と結婚後を見てきているため、客観的な意見をいってくれます。
いくらタイプの人だからといっても、結婚後に後悔しないためには決して相手のスペックや外面に騙されないように、賢く立ち回らなければならないのです。

もし第三者に指摘をされ、自分でも思い当たる点がありひっかかっているのであれば、きっぱり別れを選択することも自分のこれからの幸せに必要なことかもしれません。

まとめ・目の前にある「結婚」という言葉に踊らされず、そのずっと先を見据えて相手を選ぶべき

あなたの理想の結婚生活を送るためにはどんな人を選ぶべきなのかをよく考えましょう。
もちろん「好き」という感情も結婚相手選びには大切ですが、その今ある感情だけで決めてしまうと結婚してから後悔してしまう可能性が大いにあるのです。

この先何十年も一緒に過ごしていくために大切なのは、今後変わるかもしれないスペックや容姿よりも、変わらない価値、内面的なことではありませんか。
全部が全部、自分と同じ考えの人はいません。だからこそ、自分とは違うな、合わないかもと感じた相手の価値観を受け入れられるのか、も重要な判断の基準になります。

結婚をして何か乗り越えなければならないような辛いことがあった時でも「この人と結婚をして本当によかった」「何があっても支え合って乗り越えよう」と思えるような相手があなたにとってふさわしい結婚相手といえるのではないでしょうか。

婚活タイプ診断、婚活シミュレーションなど、ご来店サービスが充実しています。
サービス内容が詳しくわかる資料をダウンロード、または郵送でお届けいたします。
30問の婚活結婚診断テストであなたの隠れた恋愛傾向と理想の結婚相手を診断!

関連記事