婚活応援コラム

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚活コラム
  4. アラフォー男女の婚活事情とは?

アラフォー男女の婚活事情とは?

一般的に30代後半から40代になると、仕事やライフスタイルも落ち着き、これまで後回しにしてきた結婚にも興味が湧いてくる方も多いのではないでしょうか?
しかし、
「仕事に打ち込んで全然恋愛をしてこなかった」
「一度結婚をしたが、別れてしまった。落ち着いたので新しいパートナーを見つけたい」
など、アラフォー男女の婚活の悩みはそれぞれです。

参考資料➡アラフォー女性にこそ結婚相談所がおすすめ。その理由とは?

婚活温度が高いアラフォー世代

アラフォーって何歳から対象?

一般的にアラフォー世代は、四捨五入して40歳になる世代と言われています。
つまり、35~44歳が対象に。その年齢差は9歳。…数字に表すと年齢差は大きいと感じる方も多いでしょう。

いまや婚活マーケットでのアラフォー世代の割合はおよそ半数以上。
マッチングアプリやSNS、婚活パーティーを利用することも一般的になってきています。
結婚を視野にいれたアラフォー世代の「婚活」は、パーティーや結婚相談所を利用する人が多いようです。

アラフォー世代が惹かれるワード

婚活パーティーでは、さまざまな世代、テーマが企画されています。

・高身長&おしゃれ男性
・ノンスモーカー
・婚活初心者限定
・家庭的で優しい女性
・子供好きな男女
・高年収・人気職業
・旅行、イベント好き
・同世代希望 ...

気になるテーマはありますか?
アラフォー女性に人気なのは、「ハイステータス」や「同世代」というタイトル。
反対に男性は「同世代」を避ける傾向があり、「年下」「家庭的」「優しさ」といったタイトルの方が人気という傾向があります。

ここからは、アラフォー世代男女の婚活事情についてご紹介します。

婚活歴3カ月のA美さん36歳の場合

「36歳だと参加できるパーティーが限られます。趣味やテーマ別ならギリギリ参加OKなので、週末は「婚活」頑張ってます!」
と語るのは、婚活歴3カ月のA美さん36歳。
商社で働く彼女は、都内で一人暮らし。25歳で配属された企画開発部でキャリアを積み、今では部下をまとめる管理職です。

「20代は、仕事、仕事でがむしゃらに頑張っていました。
大学時代から付き合っていた彼と結婚話もあったけど、その時は仕事を続けたい時期だったこともあって別れることに。今も友人として時々ご飯に行く仲です。」

「その元カレが秋に結婚して…相手は5歳も年下の女性。
元カレは友人なので幸せになって欲しい気持ちと、なんで私じゃダメなの???
という複雑な気持ちがわいてきて。無理しておめでとうと言っている自分が情けなかったです。
結婚、少し焦ってきましたね。」

仕事以外にも、自分磨きを楽しんできたA美さん。
今では、通勤途中の電車の中で、参加できそうなパーティー検索をして、週末はパーティーに出かける休日へと変化したそうです。

「今は「婚活」に集中しようと思ってます。
次の誕生日が来るまでには、なんとか見通しをつけたいですね」

“結婚を意識した”今だから、婚活モードになる。
アラフォー世代の婚活温度は、けっこう高いのです。

婚活で出会い、交際6か月のE美さんの場合

婚活パーティーでマッチングした人と交際して6カ月、という販売職勤務の37歳・E美さん。

「休みが違うので、仕事終わりに彼が私の家に来て過ごします。彼が来るときは料理を作りますが、ふだんはデパ地下でお惣菜を買うことが多いですね。
結婚しても仕事は続けたいので、家事も育児も分担できることは外せない条件です」

E美さんの理想の結婚は、次のようなもの。

・いつでも恋人同士のような関係でいたい
・子供ができたら一時的に仕事はセーブ
・休日は家族で過ごし、月に何回かは外食したい
・時々、友人を招いてホームパーティー

「全部できなくても、目指したいのはこうしたスタイル。
付き合い始めた頃は、食事の片づけもやってくれていたんですが、最近はそうでもなくて…結婚の話も出てこないし、来月誕生日だから期待してるのですが…」

「結婚」や「出産」を考えると、アラフォー女性のパートナー探しは一気に「シビア」に。
これからの人生を過ごす相手は、同世代か年下がいい、家事も分担して…そう主張する女子が増えているのも事実です。

ここまでアラフォー女子の婚活事情を見てきましたが、ではアラフォー男子が出会いたいと思える人とはどんな女性なのでしょうか?

婚活歴12カ月・T也さん42歳の場合

女性30代限定のと婚活パーティーに参加していた医療関連勤務の42歳男性T也さんは、30代前半で離婚。

「このまま一人も寂しいし、すぐ結婚かは別としても、いいなと思える女性がいたら…
 前妻は2つ年上で同業だったから、今度は家庭的で年下の女性。家庭に入ってくれる人が希望です。」

理想の結婚生活は、「週末、二人で買い物に行って家で料理をしながら、お酒も楽しむ…」と話してくれました。

「料理はもちろん、体調管理もしてくれるような女性が理想だけど、絶対に譲れないのは年齢ですね。
若々しいほうが、自分も彼女のために頑張れる。同世代の女性はたぶん選ばない…」

すべての男性の意見ではありませんが、若い女性と出会いたいというのは大多数を占める声であることも事実です。
アラフォー女子は同世代OKだけれども、男子は年下を希望したい…、なんとも耳の痛い話です。

婚活歴2カ月・M夫さん36歳の婚活事情

転勤が多く結婚を考える余裕がなかったと語るのは飲料メーカー勤務の36歳M夫さん。
つい最近、本社勤務となり、それならば将来を考える準備を、と結婚相談所に入会したばかり。

「転勤時代は、同僚に誘われて婚活パーティーに行っていた時期もありました。
年齢的にも今なら将来を考える余裕もできたので、結婚を視野に入れた出会いに投資してもいいなと思えるようになりました。」

M夫さんが選んだのは、30代~40代が多く登録している相談所。
選んだ理由は...
「仕事は以前より忙しくなりました。ただ働き方改革もあって、定時で退社できる日や休みは取れるようになったので、“見合い”という選択肢もありかと。
性格とか人柄でパートナーを見つけたいと思っています。結婚生活のイメージや好みを伝えて、会っていくスタイルのほうが効率的だし、自分の時間も確保できそうだった」

費用を抑えながら活動するパーティー活用派と費用はかかるけれど、要望を伝えながら活動できる結婚相談所派。
お財布事情にもよるので、どちらが正解とは言えませんが、初めから年齢や職業といった基本プロフィールがわかった上で会う「お見合いスタイル」もアラフォー世代の婚活には効果的なのかもしれませんね。

まとめ~アラフォーの婚活事情~

アラフォー世代の女性と男性、それぞれの婚活事情を見てきましたが、いかがでしたか?
アラフォー世代の婚活は、男女のミスマッチが特におきやすい年代です。
ですので、もしあなたが条件優先にこだわって相手探しをしているならば、長く厳しい婚活になるでしょうし、内面や結婚後のライフスタイルを重視していくならば、条件面は譲歩する必要があることをおわかりいただけたと思います。
しかし、アラフォーの婚活は決して「無理」ではありません。見た目の若さや爽やかさも意識しながら、内面磨きもぜひ一緒に!
素敵なパートナーを見つけていきましょう。

▼こちらのコラムもおススメ
アラフォーがラクに楽しく婚活できる方法はあるの?
アラフォー女性が結婚相談所で失敗しがちなこと&成婚するコツ

婚活を続けるか迷ったら・・・プロの婚活アドバイザーに相談してみませんか?

「職場にもプライベートにも出会うきっかけがない」
「婚活してやっと出会えたのにその後続かない」
「ちょっと婚活が面倒になってきちゃった」

・・・頑張って婚活しているのになかなか結果が出ない方は、もしかしたら結婚相談所ならお悩みが解決するかもしれません。

結婚相談所での活動はたくさんの婚活方法のなかのひとつですが、その活動方法やシステムについて詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか。
そこで、まずは結婚相談所を知るために、無料カウンセリングで結婚相談所のシステムを体験、そしてご自身の持つ婚活への悩み、不安、などを話してみてください。
サンマリエの婚活アドバイザーが、あなたに最適な婚活プランをアドバイスいたします。

また、相談したらその場で入会を勧められるなんてことはありませんので、友人に相談する感覚で気軽に無料カウンセリングにご予約くださいね。
➡無料カウンセリングのご予約はこちら


【記事公開日】2019/11/30
【最終更新日】2020/05/28

関連記事