婚活応援ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚活コラム
  4. 婚活でときめかない人との結婚はあり?

婚活でときめかない人との結婚はあり?

婚活中、良い人だけど胸がときめかない…もはや結婚ってどんな人とするのが正解?と迷っている方は多いのではないでしょうか。
理想としては胸がときめくような出会い、そして大恋愛とは言わなくとも愛する人との結婚を夢見るものですよね。
今回は婚活中に出会った胸がときめかない人と結婚を迷った時の対処法とメリット、デメリットをお伝えいたします。

ときめかない人との結婚はあり?

結論「あり」です。
なぜなら、ときめきも感情の1つで変化するものだからです。よく脳科学などではときめきは3年でなくなるとも言われています。
今現在ときめきを感じないからといって、生涯その相手にときめかないとは限りません。
その上、ときめき以外にも「安心」「信頼」「尊敬」など結婚相手選びにおいて優先させるべきポイントはたくさんあります。
まずは将来結婚した自分を想像してどんな姿なのか、またはどんな姿になっていたいかを考えた上で、その理想とする姿に合ったお相手を選ぶことをおすすめします。

婚活からの出会いはときめかない?

答えは「ときめく場合もあれば、ときめかない場合もある」です。
これは婚活からの出会いに限ったことではないのではないでしょうか?
アプリ、パーティー、結婚相談所など婚活サービスからの出会いとそれ以外からの出会いの違いは「きっかけ」とその後の過程です。
「恋愛とは雷に打たれるようなもの」という瀬戸内寂聴さんのお言葉があるように、雨の中立っていた人だけ、雷に打たれる事もあります。部屋の中にこもりきりでは雷に打たれる事もありません。
婚活も同じで、パーティーでも趣味の場でも職場でも、出会いの場がなければ出会う事は出来ません。
2018年に結婚した人の32.3%が婚活サービスの利用経験があり、婚活サービスを通じて結婚した人の割合は12.7%となっている現在。
婚活サービスを介した出会いはいまや選択肢の1つとして当たり前となり、「出会いがない」は恋愛や結婚をしない理由にはならないのです。
婚活からの出会い、それ以外からの出会いという区分けに縛られた考えはもう古いと言えるでしょう。

ときめかない人と結婚するメリット

■相手を冷静に見ることが出来る。

「恋は盲目」というように、好きな人を前にすると気持ちが高まりすぎて相手の欠点や自分とのズレも正当化してしまい、気付きにくくなってしまう傾向にあります。
例えるならお酒に酔っている状態とシラフの状態です。お酒に酔った状態は楽しく、気持ちも大きくなり、勢いに乗って普段できないようなことまで、できてしまいます。
シラフの状態だと冷静に判断することができ、勢いに乗る事もないですが失敗もないといえます。
結婚相手はその後何年も一緒に過ごす相手なので、冷静な目を持つことも大切です。

■安定した気持ちで過ごすことができる

大恋愛の末の結婚は、理想の結婚像や相手への期待値も高まります。その点、まだときめいていない人との結婚は大きなプラスがない分、大きなマイナスもない、つまりがっかりすることが少ないと言われています。
人は感情の波にどうしてもストレスを感じやすい傾向があるので、安定した気持ちで過ごすことができる相手、というのも結婚相手選びにおいては大切なポイントとなります。

■新しい発見がある

お見合いから結婚した場合など、お互いに会う前から結婚を意識した二人が出会うと、結婚までトントン拍子に進む場合があります。
ときめいていない相手だとしても「頼れる」「●●なところが尊敬できる」など結婚後も新しい発見をみつける事ができるでしょう。
そんな小さなことも喜びとして感じやすいのがときめいていない相手との結婚のメリットと言えます。

ときめかない人と結婚するデメリット

■刺激が足りない

燃え上がるような恋、を理想とする方にとっては少々刺激不足となる傾向があります。
もちろんときめきの優先順位が高い場合は、優先させるのもありです。
ただ結婚生活は一時のものではなく、何十年も一緒にいる関係、もはやあなたにとっての日常になります。
自分の中での結婚相手選びにおける優先順位を決めて、選ぶことをおすすめします。

■あら探しをしてしまう

感情ではなく頭で動いている分、本当にこの人でいいのか?と自分にブレーキをかけやすい状況になってしまいがちです。良い意味でも悪い意味でも勢いが足りない分、ついこの人と結婚しない理由を探してしまう時間と余裕があります。
結婚となると失敗したくないと思うのも当然のことですから、危機管理の点から言えば結婚しない理由を考えてみるのも大切なことかもしれません。ただそれと同時に結婚すべき理由はないのか?またはどこにあるのかを考えてみると良いでしょう。

ときめかない相手との結婚を迷った時の対処法

■将来を想像する

今現在ときめきを感じない相手だからといって、それがあなたの将来のパートナーに相応しくないという事にはなりません。
年齢、仕事や家族などの環境によって自分の考え方も変わります。
一度、その相手と結婚した先、子育てをした先…まで想像してみましょう。
恋人選びではなく、結婚相手を探すのですから、判断の軸を「今」ではなく「未来」にする事がポイントです。

■一緒にいる時の自分がどんな気持ちかを確かめる

ときめいていないにもかかわらず、一緒にいるということはそれなりの理由がある場合がほとんどです。「一緒にいると落ち着く」「笑顔で過ごしている時間が多い」などときめきがなくとも、結婚するのに充分な理由となります。
誰しも「●●なところが嫌」というのは目につきやすいですが、「●●しないでいてくれる」など自分にとって心地よい環境が当たり前のようにあると中々相手の気持ちや配慮に気付きにくいことがあります。
相手といる時の自分はどんな気持ちで過ごし、そんな自分のことを好きになれるかどうかを考えてみると良いでしょう。

まとめ〜婚活でときめかない人との結婚はありです〜

いかがでしたでしょうか。
婚活する中で、いろんなタイプの人に出会うとどんな人と結婚に踏み切ればいいのか迷ってしまう事があると思います。
そんな時は胸がときめくかどうかより自分にとって譲れないポイントや相性で決めると良いでしょう。
自分では中々冷静に判断できないという人はプロに相談しながら活動できる婚活サービスを使うこともおすすめです。

婚活タイプ診断やお相手検索体験などご来店特典サービスが充実『婚活シミュレーション体験』

サービス内容、活動内容、料金プランなど無料でお届け『資料請求』

関連記事