婚活応援コラム

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚活コラム
  4. 乗り越えられる?【結婚相談所で医者と結婚】女性が直面する厳しい現実とは

乗り越えられる?【結婚相談所で医者と結婚】女性が直面する厳しい現実とは

婚活している女性の中には、医者や弁護士などのハイステータスの男性と出会いたい・・・と考えている人は少なくありません。
しかし、そのような男性を希望する女性の数に比べて、条件に合う男性の数は圧倒的に少ないのが現実です。それでもなんとか・・・という女性に向けて、今回は婚活の現実をご紹介します。

医者が望む女性像とは

「医者と結婚したいです」

医者や弁護士、パイロットなど、数ある職業の中でも一般的に「難関」といわれる職についている男性は、いつの時代も女性にとても人気があります。
シンデレラ願望の強い女性は特に、世間から高評価されている職業の男性と結婚したいと願うようです。

しかし、その女性が代々続く医者の家系ではなく、普通の女性だった場合、医者を紹介したとしてもうまく成婚できる可能性は限りなく低いものになります。

多くの医者があげる希望条件は、

・30歳までの女性(子供を望んでいるから)
・容姿が良い
・教養がある
・家事育児をこなせる(医者は激務のため)
・控え目な性格

といったものになります。
医者はとても人気がありますので、自分が申し込むよりも申し込まれる数の方が多くなり、必然的にライバルも多くなります。そんな中で選ばれるのは、上記のような女性なのです。

医者本人よりも手ごわい医者の家族

上記の希望条件のうちいくつか当てはまらなくても、あなたが医者の家系であればかなり有利になります。
医者本人は、やはり自分の好みの女性と結婚したいと思い相手探しを行いますが、一番ネックとなるのがその親です。そして親が自分の息子の嫁として女性を選ぶ場合、家柄が重要視されます。

TVドラマなどで見たことがある人は多いと思いますが、医師業界は医者としての仕事以外に、親戚や同業者との親密な付き合いが大切になってくる特殊な業界です。
医師の妻たちで結成される会合も頻繁にあるので、そういう場に出席した際に周囲にひけをとらない家柄、立ち振る舞いが必要となります。

お互い好きになり結婚までこぎつけたとしても、その後の結婚生活では義両親の介入を防ぐことはできません。
結婚後、相手の家族に受け入れてもらうことができなかった場合、居心地の悪いとてもつらい生活になるのかもしれません。

医者専門の結婚相談所はどんな感じ?

結婚相談所の中には、医者に限らず
「年収1,000万以上の男性のみが登録している」
「歯科医と出会える」
「高ステータス男性と出会える」
などと謳ったものを見かけます。

こういう結婚相談所に入れば、どんな人でも医者などハイステータス男性と結婚することができるのでしょうか?

実際はかなり厳しいと言わざるを得ません。一握りのハイステータス男性を大勢の女性が取り合う情けことになります。
そんなサバイバルのような婚活を勝ち抜く自信がある女性なら、ぜひチャレンジしてみてください。

”医者と結婚することで幸せになれる”と考えていませんか?

なぜ医者と結婚したいのでしょうか?医者と結婚すれば、必ず幸せになれるのでしょうか?

もし、医者と結婚をしたい理由が「自慢」「プライド」「優越感」から来るものであれば、一度結婚相手について、考えた方が良いかもしれません。
結婚は、今まで家族ではなかった他人と一緒に生活をすることです。他人同士の二人が居心地のよい家庭を作っていくためには、「相性」「信頼」「価値観」が重要です。
相手のステータスに魅力を感じて結婚を決めた場合、どうしてもその他の要素はおざなりになりがちなので、結局幸せではない結婚生活を送ることになってしまう可能性があります。

「お互いが好きになり、信頼し合い、結婚した相手が医者だった」
という場合と
「医者だったから結婚した」
では同じ医者と結婚をしたとしても、その後の結婚生活は全然違ったものになるかもしれません。

それでも諦めきれない人へ

ここまできても、やっぱり諦めきれない・・・という人に、少しでもチャンスを広げるにはどういった方法があるかをお教えします。

・医者と接触のある仕事につく

まずは出会いがなければ始まりません。就職の際には医療事務、製薬会社、看護師、医師など、医者に関わるような職業を選びましょう。日常の出会いであれば、ちょっとしたきっかけで親密になり結婚まで進むことがあります。
ただし、医者は適齢期になるとお見合いをすすめられる事が多いので、待っているだけでは進展しません。
自分から誘うなど積極的に自己アピールをしてみましょう。

・友人知人を駆使して医者とかかわりがある人から紹介してもらう

お見合いが減っている今の時代でも、医師の世界では「お見合い」「紹介」が普通に存在するので、良い人がいたら紹介してもらいましょう。ただし、これは結婚適齢期といわれる20歳~25歳までしか使えない方法でもあります。
それ以上の年齢であれば、再婚希望の医者を紹介してもらうのもひとつの方法です。初婚の相手より少しハードルが低くなりますので、顔の広い知人がいたら紹介してもらいましょう。

・職業を限定していない結婚相談所に登録している「医者」を紹介してもらう

先ほど紹介した、医師専門の結婚相談所などは、医師は無料もしくはかなりの低料金で登録しています。結婚相手を真剣に探している人よりも、たくさんある出会いを楽しんでいる人が多くいるのです。
また、ライバルが多いのでよっぽど他人より上回る魅力がないと、お見合いまでもたどり着けないことがほとんど。

その点、職業を限定していない結婚相談所に登録している医者であれば、他の会員と同じ料金で入会、活動しているので結婚に対して真剣です。
登録医師はかなり少ないですが、出会いの方法のひとつとして利用してみる価値はあるのではないでしょうか。

医者以外の人との出会いも期待できますので、思わぬ良い相手と出会えるかもしれません。

また、医者や弁護士など憧れの職業の男性から選ばれる女性になるために自分磨きは必須です。婚活に的を絞った自分磨きのセミナーも多数ありますので、自分に合うものを受講してみることをおすすめします。

まとめ

今回は少し厳しい内容になってしまいましたが、これが「医者と結婚したい」と望む女性たちの現実です。
実際、サンマリエに来た女性の中には「他相談所で医者を希望していたけどよい出会いがなかった。」という人も少なくないのです。
残念ながら、結婚を希望する医者の数よりも、医者と結婚したい女性の方が数十倍多いのですから、うまくいく確率はとても低いということを理解しておくと良いでしょう。

医者と結婚したい女性は、一度結婚相談所の無料相談に行ってみるのもおすすめです。

諦める前に…婚活プランの見直しならサンマリエへ

結婚相談所によって料金、サポート体制、システムが違うということはすでにご存知の方が多いと思います。しかし、真剣に活動をしていてもあまり成果が見えなかったり、担当者とうまくいかなかったり・・・と悩んでいるなら、それはもしかしたら今活動中の結婚祖横断所のシステムがあなたに合わないだけかもしれません。

「入会して1年、まったく出会えない」
「このまま続けていいか迷っている」
「担当者がなんとなくつめたい気がする」
「入会時に言われていたことと違う」

そう思ったら、活動場所を変えるタイミングかもしれません。
今ご活動中の結婚相談所と、老舗結婚相談所のプロ仲人システムを提供するサンマリエをぜひ比べてみてください。
➡無料カウンセリングのご予約はこちら


【記事公開日】2019/11/12
【最終更新日】2020/05/28

関連記事