婚活応援ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚活コラム
  4. 婚活に疲れた人へ│婚活に疲れる原因と解消する方法

婚活に疲れた人へ│婚活に疲れる原因と解消する方法

「婚活」という言葉が出てきてから約10年経ちますが、婚活と聞くと「必死でみじめな感じがする」「モテない感じがして恥ずかしい」など、ネガティブなイメージを持つ人もいるようです。

しかし、いざ「結婚したい」と思ったときに交際相手がいないのなら、何かしら行動していかないことには、結婚したいと思える相手と出会うチャンスはなかなか訪れないのではないでしょうか。

結婚相手を見つけるべく、婚活を頑張っている人はたくさんいるのですが、中には「婚活に疲れてしまった・・」という人もいるようです。

そこで今回は、婚活に疲れてしまう原因と婚活疲れを解消する方法をご紹介します。

どうして婚活に疲れるの?

まず、婚活に疲れてしまう原因についてお伝えします。原因を知れば、具体的な対策もとりやすいのでぜひご覧ください。

仕事や趣味の時間を削っている

婚活をはじめると、仕事や趣味の時間を削ってまで婚活を頑張る人もいるようです。

結婚したいと頑張る姿勢は素晴らしいのですが、大事な仕事やプライベートの楽しみまで削ってしまうことは、おすすめできません。

婚活は少し心の余裕を持って、無理のない範囲でする方が案外うまくいくものです。余裕のない状態だと、相手に切羽詰まったネガティブなイメージを与えてしまう可能性もあります。

いろいろな人と出会いすぎて精神的に疲れる

婚活中は、できるだけ多くの異性と会って相手を探したい気持ちにもなりますよね。

しかし、あまり多くの人と出会いすぎると誰にしたら良いか迷いが生じて、疲れてしまうこともあるようです。

多くの人に断られてしまう

一番精神的なストレスが大きいのが、「多くの人に断られてしまう」ということです。

自分の気に入った相手に断られてしまうということはとてもショックなことですよね。
1人に断られるだけでもかなりショックなことですが、多くの人に断られてしまうと、自信を失ってしまい、婚活をあきらめてしまう人もいるようです。

最も婚活疲れを招きやすいのは、「多くの人に断られること」

婚活疲れの一番大きな原因が「多くの人に断られる」ということを先ほどお伝えしましたが、ここでは、断られるケースごとの原因と対処法をご紹介します。

会いたいという希望を出して断られる場合

婚活パーティーや、街コン、婚活アプリなどを利用し婚活をしている中で、「たくさんの人に好意を示したのに、ことごとく断られてしまう」という話をよく聞きます。
「多くの人に断られてしまう」という人で、このような項目に当てはまる人はいませんか?

・高望みをしている

まず考えられるのが、ルックスの優れている人や高収入な人など、ハイスペックな相手にばかり希望を出しているということです。

男性の場合は、自分よりだいぶ歳の離れた若い女性ばかりを希望する人も多く見受けられます。

自分と釣り合いのとれない相手にばかり希望を出していて、ライバルもたくさんいますし、ハイスペックな人は同じように魅力の高い人に引かれる傾向があります。

多くの人に断られているということは、理想の相手像が高くなりすぎている可能性が考えられます。一度自分を見つめ直して、「どういった相手となら上手くいくのか」再度設定し直してみることをおすすめします。

・数打てば当たる方式で婚活している

とりあえずたくさんの人に希望を出しているという場合も考えものです。多くの人に希望を出しすぎているときは、ひとりひとりへの対応が薄くなりがち。

なので、「この人真面目に考えているのかな?」「誠実さが感じられない・・」と、相手に不信感を与えてしまっている可能性があります。

積極的に動くことは大切ですが、ある程度人数を絞ってひとりひとりに誠意が伝わるように接すようにしてみましょう。

・そもそも相手が結婚に前向きでない

結婚を前提に活動をしていても、出会う相手が結婚に前向きだとは限りません。特に街コンや出会い系アプリなどの”結婚相手探し”のくくりのない出会いの場には、恋愛目的の人が多く集まります。

結婚を考えていない人に、「結婚前提にお付き合いできる相手を探している」と伝えても重く受け取られてしまう可能性は高いですよね。

結婚相手を探すのなら、婚活目的の場を選ぶようにしましょう。

・きちんとした写真を使い、プロフィールを証明する書類を提出しているか(婚活アプリの場合)
街コンや婚活パーティーに比べると、結婚に真剣な人が多い婚活アプリでは、プロフィールの充実度や、登録している写真の良し悪しでマッチング率が変わります。

結婚相手を探す場所なので、「この人は結婚相手にふさわしい人なのか」男性も女性も厳しくチェックしています。

なので、プロフィールを証明する書類を提出したり、清潔感のある明るい印象の写真を使用するなど、プロフィールを充実させるとマッチングする可能性がグッとあがります。

デートした後に断られる場合

せっかく会う約束をしてデートをしたのに、再度会えないか誘ったら断られてしまったというケースもあります。写真やプロフィールの段階ではお互い気に入っていたはずなのに、なぜ断られてしまうのでしょうか?

その理由を、男性と女性にわけて解説していきます。

男性がお断りされてしまう例

・清潔感がない
・ファッションセンスがなさすぎる
・配慮が感じられない
・一方的に質問してくる
・会計時に1円単位までこだわり割り勘にした

「また会いたい」と思ってもらうには、相手に好感を持ってもらうことが大切です。

好印象を与えるために、清潔感は欠かせません。「良い人だけど、不潔で匂いが気になった・・」ということも多く見られます。衣類のシワにも気をつけて、デートにふさわしいファッションを心がけましょう。
また、「いきなり子供を産む気があるのかどうか聞かれた」「親の介護の話をされた」など、初対面でいきなり失礼な質問をしてしまったり、店員に横柄な態度をとる、自分を大きく見せようと自慢話ばかりするなど、配慮のない態度は器の小ささを際立たせてしまいます。

そして、デートで会話が弾んでも最後の会計には要注意です。女性は会計時の男性の態度をよく見ています。1円単位までこだわって割り勘にすると、「細かすぎて男らしくない」と判断されてしまうこともあります。
また、最近は割り勘派の女性も多いですが、相手女性がどういったタイプかわからないうちは男性が支払う方が好印象です。

女性がお断りされてしまう例

・写真と本人が違いすぎる
・つまらなそうにしている
・学歴や年収について根掘り葉掘り聞いてくる
・香水がキツすぎる
・お茶代を支払ってもお礼の言葉がない

写真と本人のギャップにがっかりしてしまう男性も多いようです。写真は作り込みすぎず、本来の自分とあまりかけ離れすぎないように気をつけましょう。

また、いくら美人であっても笑顔がなかったり、終始つまらなさそうにしていたら、「自分といっしょにいても楽しくないんだな」と、次のデートに誘おうという気持ちにはなれないものです。
なるべく笑顔を心がけ、好印象を与えるように心がけましょう。

婚活疲れを解消する方法

次に、婚活に疲れてしまったときにどのように解消したら良いのか解説します。

しばらく婚活から距離をとる

婚活を頑張りすぎて疲れてしまったのなら、しばらく「婚活」から距離を置いてみるのも良いかもしれません。

ただ、いつまでに結婚したいという具体的な希望がある場合は、婚活をストップすると不安になってしまうかもしれません。
そういった場合は期間を決めて、婚活を忘れて趣味や友人との付き合いに没頭してみると良いでしょう。

婚活のプロからアドバイスやサポートを受ける

婚活に疲れてしまった場合、モチベーションを高めるのに一役かってくれるのが、『プロの力を借りる』ことです。
最もおすすめな方法は、専任の担当者がつくタイプの結婚相談所を利用することです。
婚活のプロが出会いのサポートから、お見合いの設定もしてくれますし、困ったことがあればすぐに相談に乗ってもらうことができます。

相談に乗ってもらうことで心の負担も軽くなりますし、具体的にどう動いたら良いのか教えてくれるので、とても心強いですよ。

婚活について学んでみる

婚活に関するセミナーを受講してみるのもおすすめです。
婚活のノウハウ、レクチャー本など探せばたくさんありますが、やはり講師の言葉で語られると内容に重みが感じられ、モチベーションアップすることが多々あります。
何よりも婚活している人が集まっているので情報収集もできますし、同じように結婚を目指して活動している人たちがたくさんいることに安心できるでしょう。

まとめ

婚活をしていると、思うように活動が進まず疲れてしまう人も多いようです。

婚活に疲れてしまう大きな原因として、多くの人に断られてしまうということが挙げられます。これはとてもショックですよね。

しかし、断られてしまうということには必ず原因があります。「上手く行かない原因は何か?どうやったら上手くいくのか?」自分自身を見つめ直して、改善していくことで成功率は高まります。

婚活疲れの解消に休みが有効なケースもありますが、一番おすすめな方法は、頼れる人に相談しながら活動するということです。ぜひ、婚活のプロを味方につけて幸せな結婚を叶えてくださいね。

婚活タイプ診断やお相手検索体験などご来店特典サービスが充実『婚活シミュレーション体験』

サービス内容、活動内容、料金プランなど無料でお届け『資料請求』

関連記事