婚活応援ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚活コラム
  4. 結婚相談所にいる人は売れ残りばかり?

結婚相談所にいる人は売れ残りばかり?

結婚相談所や婚活サイトなどの婚活サービスを利用している人のイメージといえば、自然な出逢いがなく婚期を逃した『売れ残りの集まり』というイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。
特に結婚相談所は、婚活サービスの中でもそれなりの金額が必要なため、“最終手段”と考える人が多いため、より誤解されやすいといえるでしょう。

実際に結婚相談所を利用している人は本当に『売れ残りの集まり』なのでしょうか?
これから相談所を考えている人にとっては、とても気になるところですよね。
そこで今回は、結婚相談所には本当に「売れ残り」が登録しているのかを紹介していきます。

世間一般が持つ売れ残り男女のイメージ

あなたは「売れ残り男女」にどんなイメージをお持ちですか?
何年も婚活しているのに結婚できない人に対してだったり、年齢で区切って売れ残りかどうかを判断している人もいるでしょう。このように、「売れ残り」の基準は周囲の結婚状況や経験則等で判断していることが多いので、人それぞれ「売れ残り」と感じる年齢や状況はさまざまです。都会か田舎か、地域によっても違いますし、年代によっても違ってくるものなのです。

結婚相談所の会員は人気の年齢層が多い

意外に思われるかもしれませんが、結婚相談所の会員は婚活適齢期と言われる「20代後半~30代前半」の人が多く登録しています。
その理由を見ていきましょう。

①自分の価値を最大限に活かした婚活がしたいから

美人やハイステータスな人は『相談所を使わなくても出逢えるのでは?』と思われがちですが、これまで真剣に結婚を考えられる人が周囲にいなかったり、ハイステータスな人と結婚したいなど、より好条件の相手を求めて相談所を選んでいるようです。

②恋愛経験がない、あるいは少ないので安全に活動したいから

結婚相談所で活動している人の中には、今まで恋愛に興味がなかったり、異性が周囲に少ない環境で過ごしてきた人も一定数います。売れ残りではなく、そもそも売られていなかったわけですから、結婚を意識した時に一番安心して婚活ができる環境として、結婚相談所を選ぶのは当然といえるでしょう。

もし、あなたが相談所を考えていて、自分自身の経験が少ないことにコンプレックスを感じていたとしても安心してください。相談所は、利用者をサポートする体制が整っているので、お見合いやデート時の振る舞い方などを教えてくれます。1人で婚活をするよりも、プロからの適切なアドバイスは、婚活のモチベーションも変わってきますよね。

③長く交際していた人と別れたから

相談所を選ぶ理由として、結婚を考えていた恋人と別れたからという理由は多くみられます。長く1人の人と付き合ったためすぐに次というわけにもいかず、また出会いからスタートするには時間がかかりすぎる・・・そういった人も相談所を選んでいます。

相談所=売れ残りが多いのではなく、より効率よく活動したい結婚適齢期の人が多いことはご理解いただけましたでしょうか。

次は、売れ残りじゃないならどんな人が結婚相談所に登録しているのか、実際に入会業務を担当しているアドバイザーに話を聞いてみましたので、ご紹介いたします。

結婚相談所に登録している女性

女性が相談所に入会する理由として一番多いのが、「職場やプライベートで出会いがない」です。
女性が多い職場といえば、

・保育士
・看護師
・事務職
・アパレル
・ネイリスト
・エステティシャン

などが挙げられます。確かにこういった職業の女性の割合は多いですが、普通に男女の割合に偏りがない会社の女性も多く登録しています。
周囲に男性がいても、良いと思える人はすでに既婚者ばかりの場合もありますし、そもそも仕事モードの時に周囲の男性社員をそういった目で見ることはできないという女性も多いです。
数十年前の「女性社員は腰掛け」と言われ、結婚相手を探すために会社勤めをする女性がそこそこいた時代とは違い、今では女性もキャリアアップのため真剣に仕事をしているのがほとんどです。そんな中、社内で結婚相手を探すのは確かに難しいといえるでしょう。

“早く結婚したい!だけど出会いがない…”真剣に仕事をしている女性ほどこういった思いを秘めているものなのです。

そこで、おすすめするのが結婚相談所です。相談所は、結婚を真剣に考えている女性が仕事をしながら活動するのに最適な場所です。
まずは、いくつかの結婚相談所に話を聞きに行ってみて、仕事をしながら無理なく活動できるところを選んでくださいね。

結婚相談所に登録している男性

男性が相談所へ登録する理由として多いのが、仕事が忙しくて婚活が出来ないという理由です。
男性の年収は忙しさと比例していることも少なくないため、結婚するだけの条件を備えているにもかかわらず、仕事が忙しくてなかなか婚活に力を入れることができない、と悩んでいる人はとても多いのです。

結婚したくても忙しくて自分で婚活が出来ないという男性は、仕事と婚活を両立するために婚活サポートがしっかりしている相談所を利用する場合が多く見受けられます。
時間にある程度余裕がある人は、自力で活動する必要がある婚活アプリやパーティーなど、婚活の選択肢は多くありますが、仕事で出張が多かったり、24時間のうち仕事の割合が多くなればなるほど、結婚相談所の手厚いサポートが必要になってきます。

“仕事を頑張っている=経済的に安定している”こともありますし、責任ある役職に就いている人も多くみられます。また、女性に対して器用ではないが、誠実で真面目な男性が多いようです。

まとめ│結婚相談所に登録している人は売れ残りではない

相談所を利用しているからといって必ずしも、『モテない人』『売れ残った人』ばかりではないことがおわかりいただけましたでしょうか。
それでも「どんな人が活動しているのか」気になる方は、自分の目で確かめてみることをオススメします。

結婚相談所サンマリエでは、無料個別カウンセリングで実際に活動している方を見ることが出来ますので、一度カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

————————————————————————————
結婚相談所サンマリエは38年経験とノウハウを活かし、あなたに合った婚活方法をアドバイスいたします。
婚活への不安や悩みについてもお気軽にご相談ください。
無料個別カウンセリングのお申込みはこちら
————————————————————————————

関連記事

資料請求 来店予約