婚活応援ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚活コラム
  4. 相談所の乗り換えに失敗しないための3つの方法

相談所の乗り換えに失敗しないための3つの方法

将来をともに過ごすパートナーとの出会いを求めて入会する結婚相談所。
できれば最初に入った相談所で成婚したいものですが、なかなかうまくいかない場合もあります。

思い切って入会してみたけれど、実際に活動してみてどこか活動しにくさを感じる…なんてこともあるかと思います。
今回は乗り換えを検討中の方が知っておくべきことと相談所選びを失敗しないための3つの方法をお伝えします。

そもそも乗り換えは可能?

もちろん可能です。
インターネットや携帯電話の契約と同じように一度サービス契約をしたあとに乗り換えることは可能です。
一度使ってみたからこそサービスの中身を知ることができ、自分に合ったサービスを選ぶことができます。

乗り換える理由

さまざまな理由から乗り換えを希望する場合があります。

■活動スタイルが合わなかった
相談所にもさまざまなタイプがあるので、活動スタイルが自分の現在の環境と合う、合わないがあります。
相談所には自分で動くデータマッチング型やサポートが充実している担当型、それらを掛け合わせたハイブリッド型などがあります。

忙しい合間を縫って婚活をしている方が店舗に通って婚活をするのが難しいように、スマホやインターネットに慣れていない方がインターネット上で活動するのも難しく感じるでしょう。
まずは自分の現在の環境において、どのタイプが1番活動しやすいのかじっくり自分と向き合ってみましょう。

■担当と合わなかった
一口に”担当がつく相談所”といっても複数のスタッフが1人の会員を担当する相談所や1人の担当が専任のカウンセラーとして1人の会員を担当する相談所があります。
自分の将来を真剣に考えるからこそ、担当スタッフとの相性に疑問が出てくることもあります。

ただ、「合わないから担当を変えたい」というのではなく「なぜ」変えたくて「どのように」変えたいのかを自分の中でクリアにしてから次に進むとよいでしょう。

■出会えない
この理由で乗り換えを検討する方が一番多いと思います。
入会したのになかなか出会えないという状況は早く改善したいですよね。

人によって出会えない理由はさまざまですが、会員数の少なさからいつも自分の理想とは違うタイプの人しか紹介されない場合や自分が理想を追い求めるあまり現実的ではなくなってしまっている場合もあります。
出会えない状況をどうすれば改善できるのか?担当がついている相談所ではまずカウンセラーと相談して作戦を立てましょう。

乗換えを失敗しないために

意を決して乗り換えをするなら失敗はしたくないもの。
ご紹介する3つの方法を自分にあてはめて考えてみましょう。

①なぜ乗り換えたいと思ったのかを明確にする
②①で出た問題をクリアするためにはどうすればいいかを考える
③プロに相談する

一度相談所で活動をしている方は、自分が活動できるペースや適した方法がなんとなく分かっているはずです。
ただ自分一人で解決しようとすると煮詰まってしまうことがあります。

家族や友人のアドバイスも的外れだったりする場合も…。

その場合、さまざまな人の悩みを聞いて成婚に導いているプロからみた客観的な意見を参考にしてみることもおすすめです。
ほとんどの相談所では無料の説明会やカウンセリングを実施しています。

「行くと無理に勧誘されるのではないか」と心配する前に、自分に合った婚活方法を知るために行くということを意識してまずは話を聞きに行ってみましょう。
その際は、現在活動している結婚相談所を隠すよりは打ち明けたほうがよいでしょう。

というのも、今活動している結婚相談所とどう違うのかを、短い時間の説明の中で判断しなければならないためです。
ちなみに、現在活動中の相談所の悪い噂や悪口などを言ってくる相談所もあるでしょう。

その場合その結婚相談所は避けるのが賢明です。
他社の悪口を言って勧誘する結婚相談所は社員教育が徹底されていない場合が多いので、入会後不快な目に合うことが考えられるからです。

費用について

登録している相談所によっては違約金が発生する場合もあるので、確認が必要です。
担当制の相談所に登録している場合、「担当スタッフと気まずくなってしまうかも・・・」ということを気にしてしまうこともあるかと思います。

ですが目的はあくまで成婚なので、そのためにサービスのどの部分が自分に合わないのかスタッフに伝えて改善を試みましょう。

お得な乗り換え方法

一部の相談所では現在相談所で活動中の方を対象に、入会金や初期活動費などが割引になるサービスもあります。

まずは相談会やカウンセリングの際にスタッフに確認してみましょう。
また、勤務している会社の福利厚生で、結婚相談所の割引入会ができる場合があります。
提携している結婚相談所は企業によって違うため、一度確認してみるとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
「成婚のため」に自分でできるところ、プロに頼るところをしっかり見極めて効率よく活動しましょう。

乗り換え割とは…?

無料個別カウンセリングで自分に合った婚活方法を知る

婚活タイプ診断やお相手検索体験などご来店特典サービスが充実『婚活シミュレーション体験』

サービス内容、活動内容、料金プランなど無料でお届け『資料請求』

関連記事