婚活応援ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚活コラム
  4. 結婚相談所で婚活するのはお金の無駄?注目すべきはコスパと会員の質の高さ

結婚相談所で婚活するのはお金の無駄?注目すべきはコスパと会員の質の高さ

結婚相談所を利用するためには、入会金や成婚料などの費用がかかります。
なかには、結婚相談所にかかる費用をお金の無駄だと思っている人もいることでしょう。

しかし、婚活の実態や結婚相談所が選ばれる理由を知ることで、サービスを利用するメリットやコスパのよさが見えてきます。
今回は、結婚相談所はお金の無駄なのか確かめるために、コスパや人気の理由について詳しく解説します。

結婚相談所の利用を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

婚活方法は多種多様!無料がいいとは限らない

さまざまな婚活方法がありますが、無料がいいというわけではありません。

できるだけ婚活にお金をかけたくないという場合、無料の婚活サイトや低価格で参加できる街コンやお見合いパーティーを利用する人がほとんどです。
結婚相談所はほかの婚活方法に比べてコストがかかるため、お金の無駄ととらえる人もいます。

確かに、街コンや婚活パーティーは、1回の参加費が4,000~10,000円程度のため、参加しやすい点がメリットです。

ところが、ここで交際成立してお付き合いを経て結婚に進むプロセスは、今までまったく経験がない人にはハードルが高いといえます。
ネット婚活も同様で、だらだら回数ばかり重ねてしまうというのはよくある話です。

気が付いたら莫大なお金を払っていたのに、結婚できていないという人もたくさんいます。
本当に結婚相手を探そうと考えたとき、結婚相談所を利用するという選択肢は決してお金の無駄とはいえません。

無料の婚活サイトであっても、パートナーが見つからないまま時間だけが過ぎていくことも考えられるでしょう。

その点、結婚相談所ならカウンセラーがサポートしてくれることもあり、スピーディーな結婚を目指すことができます。
目先のコストだけで婚活方法を選ぶのではなく、結果に結びつくかどうかも考えてアクションを起こすことが大切です。

20代で自力で結婚できるのはこんな人

「平成27年国勢調査」によると、20代で結婚している人の割合は、男性が31.3%、女性が45%です(2015年10月時点)。
20代で結婚している人は、男女ともに半数以下であることがわかります。
ここでは、20代で自力で結婚できている人の特徴を紹介します。

学生時代からの交際相手がいる

学生時代から交際している相手がいる場合、結婚までスムーズに進めば20代前半でゴールインも考えられます。
卒業や就職のタイミングで結婚して、新生活をスタートさせるカップルもいることでしょう。
交際期間が長ければ、相手の性格や価値観を理解した上で結婚できる点がメリットです。

サークル活動や合コン、アルバイトなど異性と出会えるチャンスが多い学生時代は、自力でパートナーを探しやすい時期といえるでしょう。

職場で出会いがある

20代で結婚した人のなかには、職場でパートナーに出会って結婚にいたったケースも少なくありません。
男女の垣根がない職種や外部との交流が多い職場であれば、自力でパートナーに出会える可能性もあるでしょう。

営業や接客業など、仕事を通じてたくさんの人と接する機会がある職業ほど結婚に結びつきやすくなります。
学生時代からの交際相手がいない場合でも、職場での出会いに期待できるなら、20代で結婚できるチャンスは十分にあります。

20代半ばまで出会いがなかった人は行動を起こすべし!

学生時代や20代半ばまでに出会いがなかった人は、行動を起こさないと異性と知り合うチャンスはまずありません。
20代後半からは、婚活をはじめるなど自分から行動を起こす必要があります。

30代になると婚活サイトや結婚相談所の利用者数が増えるため、早めに行動に移しましょう。

婚活サイトや婚活パーティーは、費用が安く参加しやすいため、婚活初心者でも参加しやすいのが魅力です。

ところが、交際経験が少ない人や自分から積極的に行動するのが苦手な人にとっては、成果が表れにくいといえます。
せっかく婚活を早めにスタートしても、効果が表れにくい婚活方法を続けて時間と費用を無駄にしてしまっては意味がありませんね。

リーズナブルな婚活方法を選んだ人のなかには、なかなかゴールインできない状況に頭を抱えて結婚相談所へ足を運ぶ人もいます。
婚活をはじめる前に、活動期間やコスパにも注目して利用するサービスを決めることがポイントです。

結婚相談所がコスパに優れている理由

結婚相談所にかかるお金が無駄にならない理由は、コスパの高さにあります。
では、なぜ結婚相談所はコスパに優れているのか、その理由についてチェックしてみましょう。

真剣に結婚相手を探している人だけが入会している

結婚相談所を利用する人は、入会金や活動費を支払って婚活をしています。
遊び目的で支払うには高い費用であるため、真剣にパートナーを探したいと考えている人だけが参加しているといえるでしょう。

また、入会にあたって独身証明書や収入証明書などの書類提出が必要です。
そのため、交際後に既婚者であることや職業を偽っていたことが発覚するといったトラブルを回避できます。
コストに見合ったパートナーに出会えるのは、結婚相談所ならではといえるでしょう。

成婚までの活動期間が短く将来設計がしやすい

結婚相談所を利用して成婚した人の活動期間は、6カ月から1年未満が多数。
入会金や活動費にお金はかかりますが、短期間で結果が出せることを考えれば、ダラダラと婚活を続けるよりも計画的に将来設計をすることができるでしょう。

活動期間が短い理由は、カウンセラーのサポート力にあります。
カウンセラーは、会員が結婚相手に望む条件を把握した上で、おすすめの異性を紹介してくれます。
また、お見合いのセッティングや交際中の悩み相談にも対応してくれるため、活動開始から成婚までがスムーズでコスパも抜群です。

生涯のパートナーを見つけるための投資と考えよう

結婚相談所はコストがかかるからお金の無駄と考える人もいますが、結婚後何年、何十年も一緒に生活する家族を見つけるための投資と考えれば、決して無駄なお金にはなりません。
時間をお金で買うという価値観を持っている人にとっては、結婚相談所はコスパに優れていると感じることでしょう。

また、女性の立場から考えると、それなりの金額を支払って結婚相談所に入会している男性は、信頼できて経済的にも余裕があり、アプリなど手軽な方法を選ぶ男性よりも誠実なイメージがありますので、とても魅力的に映ります。

とはいえ、人の価値観はさまざまなので、やっぱり無駄だと感じる人は結婚相談所を選ばないのもひとつの選択です。

コスパやメリットを考えて自分に合った婚活をはじめよう

結婚相談所は、ほかの婚活方法に比べるとコストがかかります。
一方で、短期間で生涯のパートナー探しができることや、真剣に婚活をしている人が多く成果が得やすいというメリットもあります。

お金の無駄かどうかは、個人の価値観によるため、コスパを考えて自分に合っているか判断することが大切です。
出会いが少なくなる20代後半からは、自分でアクションを起こすことが婚活成功のカギです。
まずは、婚活に向けた一歩を踏み出してみましょう。

参考:【総務省統計局】平成27年国勢調査 抽出速報集計結果 結果の概要 表Ⅰ-3-2

婚活タイプ診断やお相手検索体験などご来店特典サービスが充実『婚活シミュレーション体験』

サービス内容、活動内容、料金プランなど無料でお届け『資料請求』

関連記事