婚活応援ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚活コラム
  4. 年収が低くても成婚できる?結婚相談所で女性が求める条件

年収が低くても成婚できる?結婚相談所で女性が求める条件

結婚したい気持ちがある一方で、年収がネックになるのではと心配している男性も少なくありません。確かに、高年収・高学歴・高身長といった3つのスペックを兼ね備えた男性が人気という時代もありました。しかし、近年女性がパートナーに求める条件は変化しつつあります。

そこで今回は、男女別に結婚相手に求める年収や年収が低い男性の婚活実態、さらに現代の女性が求めるパートナーの条件について詳しく解説します。

男女別「結婚相手に求める年収」

結婚生活を始めるためには、お金の管理や貯蓄など将来に備えたマネープランを考えることも大切です。当然、お互いの年収がどれくらいあるかによってお金の使い方や将来設計も変わってくるでしょう。

婚活を成功させるためには、まずは婚活中の男女が結婚相手にどれくらいの年収を期待しているのか知ることが大切です。ここでは、「結婚と婚活に関するアンケート2018」(※調査期間:2018年4月24日~4月26日)のアンケート結果についてチェックしていきます。


※参考サイト5月2日は婚活の日
http://www.konkatsu52.com/ank/006/#ask04

男性が女性に求める年収

男性が女性に求める年収で最も多かったのは、こだわらないという回答です。男性側の収入が安定している場合、女性の年収は婚活にさほど影響しないといえるでしょう
次いで300万円~400万円台の収を希望する男性が46%を占めていることがわかります。女性にもある程度の収入を求める男性が多いのは、共働き世帯の増加も影響しているといえるでしょう。

女性が男性に求める年収

女性が男性の求める年収で最も多かったのは、400万円台という回答で23%を占めています。30代男性の平均年収は487万円、40代男性の場合は583万円ですので、今時の女性は現実をわかった上で婚活をしているといえるでしょう。
また、「こだわらない」と回答した人も存在します。すべての女性が年収を重視するわけではないということが、このデータからもわかるのではないでしょうか。

年収が低いと利用できない結婚相談所もある

年収が入会に影響するかどうかは、結婚相談所が設ける規約によって異なります。定職があれば年収300万円以下でもOKなところもある一方で、年収○○円以上という枠を設けているケースも少なくありません。年齢に応じて年収を定めているところもあれば、年収が高くても派遣やアルバイトNGという結婚相談所もあります。

そのため、年収が低いとお目当ての結婚相談所が利用できないこともあるでしょう。年収に自信がない男性は、利用を考えている結婚相談所の入会基準を満たしているか確認してから詳しい説明を受けることが大切です。当然のことながら、年収を偽って入会することはできません。

また、入会するにあたって収入証明書の提出が必須となる結婚相談所がほとんどです。源泉徴収票や確定申告書など提出が必要な書類についてもリサーしておきましょう。なかには、入会審査がゆるい結婚相談所もあります。しかし、真剣にパートナーを探すなら会員情報をチェックする体制がしっかりしている結婚相談所の利用がおすすめです。

成婚できる?年収が低い男性の実態

年収をパートナー選びの基準の一つとして捉える人が多く、収入面がネックになることも珍しくありません。とくに、20代後半からは年収200万円台でのパートナー探しは正直厳しい傾向にあります。20代前半は年収が低くても将来成長が期待できる場合は、パートナー候補としてみてもらえる可能性も十分にあるでしょう。しかし、年齢を重ねるにつれ、年収が低い男性の婚活はむずかしくなります。

年収300万円台の男性が成婚するケースには、以下の例が挙げられます。

・容姿が優れている
・人柄が良い
・安定した企業に勤めていて将来有望
・貯金がそれなりにある

年収の低さを容姿や人柄の良さでカバーして成婚に至る男性は少なくありません。また、公務員のように収入が安定していて昇給など将来が期待できる場合は、現在の年収が300万円台でも問題ないと考える女性が多くみられます。

また、貯金額がそれなりにある男性であれば、年収はさほど問題視されないこともあります。月々の収入も大切ですが、すでにまとまった貯金があれば将来的にも生活の不安を感じずに済むのが魅力です。お金の使い方やマネー管理がしっかりしている人として好印象に映ることもあるでしょう。

ほかにも、年収が低いという部分よりも魅力的なポイントがある男性は、結婚相談所でもパートナーが見つかりやすいのが特徴です。

女性が男性に求める条件トップ3

かつては結婚相手を選ぶ際に、年収や学歴に注目する女性が多くみられました。ところが、時代が変わって、近年女性がパートナーに望む条件は変化しています。

女性が男性に求める条件の第1位は「性格が合うこと」となっています。なんと、この条件は男性が女性に求めるものと全く同じなのです。年収や容姿などよりも、一緒に結婚生活を続けていく上で必要なポイントに重きを置いていることがわかります。

「年収が低いと結婚相談所で成婚できないのでは?」と思っている男性もたくさんいますが、女性は年収以外の部分にも注目していることを知っておく必要があります。

女性の社会進出が進むなか、共働きの夫婦スタイルも増加しています。女性が結婚相手に求める条件の変化は、男性に養ってもらうという考えの女性が減ってきていることも理由の一つといえるでしょう。

年収にこだわらない女性も増加中

年収が高い男性のほうが婚活では有利と考える人もいます。もちろん結婚後の生活をイメージすれば安定した収入がある男性はとても魅力的です。しかし、女性がパートナーに求める条件からもわかるように、年収だけでなく内面や性格が自分と合っているかどうかチェックする人が増えています。

家事育児の協力や仕事への理解など、年収にこだわらない女性が増えてきているのが現状です。結婚相談所という効率の良い出会いシステムなら、そういった女性と出会える可能性もアップします。「年収が決して高いわけではないが結婚したい」と考えている定職のある男性は、結婚相談所の利用も視野に入れてみると良いでしょう。

平成27年版厚生労働白書 – 人口減少社会を考える –
https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/15/backdata/01-01-03-008.html

無料個別カウンセリングのお申込みはこちら

関連記事