婚活応援ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚活コラム
  4. バツイチは有利?結婚相談所でバツイチの成婚率が高い理由

バツイチは有利?結婚相談所でバツイチの成婚率が高い理由

バツイチは結婚相談所で不利なのではと心配している人もいるのではないでしょうか。
しかし、離婚経験者でも結婚相談所でパートナーに巡り会って幸せな結婚生活を送っている人はたくさんいます。

パートナー探しをスムーズに進めるためには、バツイチが結婚相談所で有利な点と不利な点を理解しておくことが大切です。
ここでは、結婚相談所でバツイチが成婚しやすい理由やバツイチ婚活におすすめの婚活方法について詳しくご紹介していきたいと思います。

※参考資料➡【再婚希望の方へ】結婚相談所での婚活がベストな理由と注意点

3人に1人は離婚経験者という現実

2018年に厚生労働省が行った調査によると、59万人が婚姻した一方で、20万7000人の男女が離婚しています(※1)。
つまり、3人に1人が離婚をしたという計算で、婚活中の男女を見てもバツイチやバツ2という人はさほど珍しくはありません。

婚活の場では「バツイチ=何かしら問題がある」と思われがちですが、離婚の原因は十人十色です。
人には誰しもよいところもあればマイナスな面もあります。

離婚を経験した上で再婚を目指す人は、結婚歴がない人よりもそのことをよく理解できているといえるでしょう。
結婚相談所の利用者のなかには、離婚歴だけで判断せずに性格や考え方をしっかり見極めながらパートナーを探している男女が大勢います。

結婚相談所は会員に合った手厚いサポートが期待できるため、バツイチの成婚率をグッと引き上げています。

バツイチは結婚相談所で不利?有利?

バツイチの人が結婚相談所で活動するとなれば、初婚の人よりも不利な点は少なからずあります。
一方で、バツイチならではの有利な点もあることを知っておきましょう。
結婚相談所でバツイチが成婚しやすい理由にもつながるため、離婚歴がある男女は要チェックです。

バツイチはこんなところが不利

パートナー探しをする際に、初婚の人の多くは条件欄の「初婚」にチェックをして検索します。
そのため、スタートの段階でバツイチはパートナー候補から外れてしまうのが不利な点です。
結婚歴がない人に比べると、当然出会いの数も少なくなってしまいます。

また、子どもがいる場合は、当人同士の相性だけでなく子どもとの相性も考えなければいけません。
ある程度物心がついた子どもであれば、メンタル面のサポートも必要です。

理解を得ることのむずかしさや転校・引っ越しなど環境が変わることに対する不安もあるでしょう。

バツイチはこんなところが有利

一度結婚と離婚を経験している人は、結婚歴がない人よりも恋愛力と結婚力に優れています。
相手が何を求めているのか考えて行動できる人が多く、積極性や行動力も抜群です。
自分からアクションを起こすことが大切だと知っているので、交際から成婚までのスピードが早い傾向にあります。

また、結婚に必要以上の夢を持たないのが特徴です。
結婚に憧れや夢を抱くことは悪いことではありませんが、現実は甘いことばかりではありません。

毎日の生活やお互いの時間を確保する大切さなどを知っているという点では、結婚歴がない人よりも有利といえるでしょう。
「結婚=生活」ということを理解しているため、相手のちょっとした失敗にも寛大であることが多いです。

さらに、バツイチの人は一度結婚で失敗しているため、自分の欠点がよくわかっています。「失敗は成功の母」とは、まさにこのことです。

欠点を修正しつつ結婚を目指せるのは、バツイチならではの利点といえます。

子どもがいる人ほど結婚相談所がおすすめ!

バツイチでしかも子どもがいるという人には、結婚相談所での婚活がぴったりです。
恋愛結婚や婚活アプリによって結婚を目指す場合、相手の本心は遊び目的だったりと少なからずリスクがともないます。

ここからは、子どもがいる場合に結婚相談所を利用するメリットについて解説します。

子どもを含めた将来を考えてくれる人に出会える

申し込みをしてくる人は、バツイチであることや子どもがいることに理解を示しています。
そのため、子どもを含めた将来を考えてくれる相手に巡り会える可能性が高いといえるでしょう。

子どもと一緒に再婚を目指すなら結婚相談所の活用が最短ルートです。

遊び目的の人がいないから安心

恋愛やルールが甘い婚活サービスだと、遊び目的で近づいてくる人も存在します。
一方で、結婚相談所はお金を払って真剣に結婚相手を探す場であり、ただ遊び相手が欲しい程度の人はいないため安心です。

会員同士が安心してパートナー探しができるように、入会時には男女ともに独身証明書の提出が義務付けられています。
よい雰囲気になった人に子どもがいることを伝えたら距離を置かれたという話は少なくありません。
その点、結婚相談所なら子どもの存在やバツイチであることをオープンにして婚活できるのが魅力です。
等身大の自分と大切な子どもを愛してくれるパートナーを見つけたい人は、ぜひ結婚相談所を利用してみましょう。

バツイチの婚活はカウンセラーのサポートが必須

データマッチングは検索条件によってパートナー候補を選べる便利なシステムです。
しかし、初婚にチェックを入れる人が多いためどうしてもバツイチは不利になってしまいます。
条件検索だけでは相手の性格まで正確に判断することはできません。

バツイチの婚活では、初婚かどうかでふるいにかけられるデータマッチングよりも、カウンセラーと相談しながらパートナー探しができる結婚相談所のほうがおすすめです。
気になる人へのアタック方法や心配なことをなんでも気軽に相談できるカウンセラーの存在は、バツイチの婚活において力強いサポーターといえます。

また、ヒアリングをもとにぴったりの会員を紹介してもらうこともできるため、スムーズに成婚を目指すことが可能です。
活動時間がなかなか確保できないという人でも、カウンセラーが一人ひとりに合ったプランを提案してくれます。
紹介からお見合いのセッティング、さらに相手への返事や成婚までの流れも丁寧に対応してくれるので安心です。

バツイチの婚活に不安を抱いている人やスピーディーに成婚を目指したい人は、実績が豊富なカウンセラーにサポートしてもらいましょう。

※参考資料➡データマッチング型 今どきの結婚相談所は?

再婚を目指すなら結婚相談所を利用しよう!

バツイチは婚活で不利になる点もあります。
しかし、結婚相談所におけるバツイチの成婚率は高く、バツイチならではの有利な部分を活かした婚活ができると高く評価されています。

バツイチであることにコンプレックスを抱く人もいますが、結婚や自分自身について冷静に判断できるという点は大きなメリットです。
紹介から成婚までトータルサポートをしてくれる結婚相談所のカウンセラーと一緒に、生涯のパートナーを探しましょう。

※カウンセラーについて➡婚活の鍵となる結婚相談所のカウンセラーについて知っておこう

【厚生労働省】平成30年(2018)人口動態統計の年間推計

関連記事