婚活応援ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚活コラム
  4. 結婚相談所の同時交際について知ってほしいこと

結婚相談所の同時交際について知ってほしいこと

結婚相談所に入会すると、たくさんの人と出会うことができます。
そしてその出会いは、結婚を真剣に考えている人たちとの出会いです。
その多くの出会いからたった一人の結婚相手を探すためには効率よく活動する必要があります。
ひとつひとつの出会いを大切にするためにも、結婚相談所での「同時交際」について知っておいてください。

一般的に『同時交際』というとあまりよいイメージはわかないかと思います。
めったにないことですし、周囲から不誠実だと思われてしまう場合もあります。

しかし、結婚相談所では同時交際が普通に行われています。
これはなぜかというと、結婚相談所に登録している人達は、結婚相手を探すために動いているわけであり、誰かと恋愛を楽しむために動いているわけではないからです。

ですので、【同時交際期間】は結婚相談所で出会うたくさんの人の中から、【結婚を前提として付き合っていける人を見つける期間】だと考えてください。

しかし、同時交際にはいろいろな注意点も存在します。
ここでは結婚相談所で出会った人と同時交際する際に押さえておきたいポイントをお伝えします。

後ろめたい気持ちになる必要はない。同時交際は仮交際のときのみ。

いくら結婚相手を見つけるための同時交際だとしたとしても、真面目は人であればあるほど、同時に複数の人と交際するのは後ろめたさを感じてしまいますよね。

しかし、後ろめたさを感じる必要は何もないのです。

同時交際ができるのは、あくまで仮交際期間のみです。

結婚相談所で交際をスタートするには、まずお見合いを行います。
お互いが好印象を持ち、もっとこの人のことを知りたい。好きになれそうだな。と、感じるような人とは仮交際期間へと入ることになります。

しかし、この仮交際期間は永遠に続くわけではありません。
デートを3~4回ほど重ねる中で、今後もお付き合いを続けて行くのか、それともお別れをするのかを決める時期なのです。

ですから、もしあなたが仮交際期間に複数の人と交際していたとしても、本当にお付き合いをしているわけではなく、その方を知るために会っているのだと考えてください。

もちろんあなただけではなく、相手も複数の人と仮交際している可能性があるので、あまり深く考える必要はないでしょう。
ただ恋愛を楽しむためにお付き合いをする相手を探しているわけではなく、みんながみんな結婚に真剣なのです。

仮交際期間で複数の人と同時に交際できるのは素晴らしいことだと考え、運命の相手をいち早く探してみてくださいね。

同時交際にも注意点がある

いくら同時交際が認められているとしても、いくつか注意していただきたい点があります。

・スケジュール調整が大変になる
同時に複数の人と交際を行うわけですから、もちろんスケジュール調整は大変になります。
同時交際の方とまんべんなくデートをしていくうちに、1人に偏りがちになってしまう場合があります。
きっとその人との相性がよいのでしょう。

そのときは担当カウンセラーに真剣交際に進むタイミングを相談してみましょう。
また、スケジュール調整の失敗や、相手の名前を呼び間違えてしまったりすることで、うまくいっていたお二人の関係がぎくしゃくする可能性もありますので、気をつけるようにしてください。

・相手の交際状況を詮索しない、させない
はじめから同時交際を隠さずに宣言する人もいるかもしれませんが、相手のことを考えるのであればわざわざ言う必要もないのではないでしょうか?

仮交際の相手が会うたびにさぐりを入れてくる場合は、早めに担当カウンセラーに相談してみてください。
もしかしたら、お相手は真剣交際に入りたくてあなたの気持ちを確かめたいのかもしれませんが、まだ見極めの段階で返事がしにくい場合は、担当カウンセラーよりさりげなく注意してもらいましょう。

同時に、あなたも相手の方の交際状況も詮索したりカマをかけたりしないように注意してください。

・担当カウンセラーに交際状況を報告しておく
仮交際時は定期的に担当カウンセラーに状況を報告しておきましょう。
同時交際をすることによって心があちこちに揺れ動くこともありますが、そんなときには自分の気持ちと向き合うためにも担当カウンセラーに相談をしてみてください。

あなたの交際状況をよく知るカウンセラーだからこそ、今後の進み方について最適なアドバイスをもらえるでしょう。

カウンセラーについて➡婚活の鍵となる結婚相談所のカウンセラーについて知っておこう

・真剣交際に発展するタイミング
仮交際期間にはたくさんのお相手を見定めることができるので、ずっと続けばいいと思われる方も少なくありませんが、仮交際期間にはいつかは終わりが来ます。

ずるずる続けてもよいことはないので、白黒つけるタイミングにはきちんと見定めが必要です。
「フィーリングが合う」「この人とずっと一緒にいたいと思う」「結婚観が一緒」「価値観が一緒」
上記のように、仮交際期間から真剣交際へと移行する場合は、価値観などでの見定めが必要です。

結婚相談所をとおしていたとしても、結婚はゴールではありません。

2人の人生のスタート地点に立つことになります。
だからこそ、今後この人と一緒に生活をしていけるかの見定めが必要となるのです。

仮交際期間を経たからと行って、必ずしも真剣交際へと進む必要はありません。

しかし、だらだら、ずるずるしないためにも、1ヶ月…長くても2ヶ月以内には交際をどうしていくのか決断をしましょう。
それがお互いのためになるはずですよ。

参考資料➡あなたは暗黙のルールを破っている!?仮交際の実態と有効活用法
参考資料➡真剣交際~お相手と向き合う大切な期間~

担当にはつつみ隠さず何でも話そう

自分の恋愛を人に話すというのは恥ずかしいことかもしれません。
しかも、同時交際をしているのであれば、1人1人に対してどう思っているのか伝えるは勇気がいるという人もいるでしょう。
しかし、担当には現状をすべてつつみ隠さず話しましょう。
担当にはすべて話しをすることでトラブル回避にもつながります。

・誰と真剣交際に移行するかの気持ちを伝えていることで、担当からほかの人への配慮もしてくれる
・真剣交際に移行するためのポイントを教えてもらえる
・相手の気持ちも聞くことができる

上記の様に、普通の恋愛と違い結婚相談所では相手の気持ちも事前に知ることができます。
たとえば、あなたは真剣交際に移行しようとしているが、相手はフェイドアウトしようと思っている可能性もあるのです。

そうする気持ちのすれ違いというのはトラブルにも発展しないとは言い切れません。

担当が間に入ってくれていることでトラブルも回避できますし、あなたと相手の気持ちが違ったとしても時間を無駄にすることなく、傷も少なく次に進むことができます。
担当は自分のマネージャーなんだと考え、すべてをつつみ隠さずに話す様にしましょう

まとめ

同時交際にはメリットもデメリットも存在することが分かりましたね。
しかし、結婚相手を見つけるにあたって、同時に何人もの方と出会えるのは素晴らしいことです。

・スケジュール調整が大変になる
・相手の交際状況を詮索しない、させない
・担当カウンセラーに交際状況を報告しておく
・真剣交際に発展するタイミングを知る

上記の注意事項を忘れずに同時交際を行えばきっとうまくいくはずです。
あなたの運命の人を一刻も早く見つけて幸せになってくださいね。
結婚相談所での活動について詳しく知りたい場合は、ぜひ無料相談に行ってみてください。

結婚相談所での活動について詳しく知りたい場合は、ぜひ無料相談に行ってみてください。
無料個別カウンセリングのお申込みはこちら

婚活タイプ診断やお相手検索体験などご来店特典サービスが充実『婚活シミュレーション体験』

サービス内容、活動内容、料金プランなど無料でお届け『資料請求』

関連記事