成婚ストーリー

  1. HOME
  2. ご成婚ストーリー
  3. お相手への条件はお人柄第一

特別紹介状
イサオ様(50歳)アヤコ様(48歳)

お相手への条件はお人柄第一

イサオ様は、大企業に勤める立派な肩書を持った方でしたが偉ぶったところや高圧的なところも全くなく、穏やかでとてもやさしい笑顔の方。
ご入会時にうかがったお相手への希望は、「なによりも人柄が大事なので、一緒にいて元気になれるような人がいいです。」とのことでした。

イサオ様は一度他社で成婚退会後、破断になったことでサンマリエにご入会いただいた方です。
実は、イサオ様のお母さまの身体が少し不自由だから、というのが破断の理由でした。

入会後担当カウンセラーがその話を聞いた時、
「破断になったお相手とはたまたまご縁がなかった方。これから貴方と同じような、優しいお気持ちの方を選びましょうね。」
と話したそうです。
それと同時に、イサオ様の今後のために今後の活動についてもプランニングしました。
忙しい仕事、介護、婚活・・・時間がいくらあっても足りないような日常を送っているイサオ様にとって、どうしたら効率よく結婚相手と出会えるのかを一緒に考えたのです。

一緒に考えていくうちに、イサオ様は一人でお母様の全てを背負うのではなく、しかるべき機関にも頼ることにし、婚活に充てる時間を少し多めにとることにしてくださいました。

その後イサオ様は、何人かとの仮交際が始まりましたが、ご自分で申し込んだ方には断られることが続きました。
熱心に申し込んできた3人のお相手の気持ちには答えることができずにいましたが、何人かからお断りが続いた後、仮交際中だったご成婚相手のアヤコ様のことが気になるように。

アヤコ様は資格取得の勉強をしているとても聡明な女性で、イサオ様が一人目のお見合い相手でした。その後もアヤコ様はどなたともお見合いをせず、イサオ様にお決めになりました。

担当カウンセラーは少し優柔不断なイサオ様に
「恋はタイミングでつかむもの。そして、結婚もタイミングなんですよ。」とお伝えし、お相手の気持ちを伝えると共に背中を押してみたところ、数日後には「プロポーズします」とのお返事が。

お二人で成婚のご挨拶にいらした時、お顔立ちがまったく違うのに、まとう雰囲気がとても良く似ていると感じました。
馴れ初めから交際中に楽しいエピソードまで明るく話すイサオ様、アヤコ様、とてもお似合いのお二人でした。