成婚インタビュー

  1. HOME
  2. ご成婚インタビュー
  3. 満点の星たちに祝福されて……

ネット検索
佐々木さん35歳

満点の星たちに祝福されて……

お相手の氏名と交際期間を教えてください。
青砥さん(34歳)、交際期間は1年です。
交際期間1年でゴールインされたカップルにお話をうかがいたいと思います。
キッカケから教えてください。
青砥さん:
ネットくりんちゃあです。

佐々木さん:
ネットくりんちゃあで彼が申し込んできてくれました。
お互いの第一印象はいかがでした?
青砥さん:
可愛らしい人だなぁと思いました。

佐々木さん:
緊張で表情がこわばっていましたが、名刺を差し出すしぐさなどから、まじめでしっかりとした方だなと思いました。
お互い好印象でのスタートだったわけですね。初デートはどちらへ?
青砥さん:
軽く食事したあと、山の上の展望台までドライブしました。昔よく走ったところだったので若い頃を思い出しながら……

佐々木さん:
カフェでの食事のあとに山の上の展望台までドライブ。そこからは美しい夜景と満点の星が見えました。この景色は私にとってサプライズプレゼントでした。
忘れられない初デートとなりましたね! 思い出の場所にもなったのでは?
佐々木さん:
はい。お互いの気持ちを確認し合った山の上の展望台です。最初『友だちでいよう』と言って結婚の話をしてくれなかったのですが、この日、本当の思いを伝えてくれました。頭上に星が瞬いて2人を祝福しているかのようでした。どんな豪華なプレゼントもこの日の星々の輝きにはかなわないほど。ずっと心に残っています。

青砥さん:
僕も初めて告白をした展望台ですね。
満点の星空の思い出……とてもロマンティックですね。お相手の一番好きなところは?
青砥さん:
なんでも大らかに受け止めてくれて可愛いところかな。毎日笑顔でいてくれてとても癒されます。彼女がいれば何もいらない!って思います。

佐々木さん:
今の時代に珍しいほど心のピュアなところ。あと家事も手伝ってくれてご飯を美味しいそうに食べてくれるところかな。
結婚を意識したのはいつぐらいから?
青砥さん:
だんだん内面を見せてくれるようになった頃ですね……クールに見えて本当は可愛い人なんだとわかり始めてからです。

佐々木さん:
私は数十人の方とお会いするなかで、この人はGO!!だという感覚が身についていたみたい。プロフィールを見たときから意識してました。
お写真でもさわやかで仲睦まじいお2人ですね。プロポーズの言葉は何と?
青砥さん:
結婚したい、入籍は彼女の誕生日になどと言う話がプロポーズの代わりとなってしまいました。

佐々木さん:
告白を受けてからすぐに入籍の話になり、プロポーズの言葉を聞けないまま結婚してしまいましたから。
佐々木さん、ちょっと残念そうですね。青砥さんから改めてプロポーズしてあげてほしいですね。どんな家庭にしたいですか?
青砥さん:
明るくて楽しい家庭にしたいです。

佐々木さん:
泣いたり笑ったり良い意味で事件の多い家庭にしたい。一つ一つのことがらを乗り越えていくなかで絆が深まるから。
家族の絆をしっかり結んでいくコツをお聞きしたいのですが?
青砥さん:
お互い『感謝』を忘れないことかな。

佐々木さん:
ありがとう、ごめんなさいなど当たり前の言葉を、ネガティブな言葉はポジティブに言い換えて会話すること。感謝を忘れないよう努力すること(多分)。
とても大事なことですよね。会員の皆様にエールをいただけますか?
青砥さん:
過去のことはさっさと忘れて先へ先へと進みましょう。時間がもったいないですよ。ガンバレ!

佐々木さん:
私は恥も外聞もかなぐり捨ててモーレツにお相手を探し続けました。知り合う人みんなに相手を探していることを伝え協力してもらったりもしました。モチベーションを高くもってがんばってください!
ややもすると婚活疲れで意気消沈している会員もいらっしゃるかもしれません。とても前向きにカツを入れていただきました。お2人からの力強い言葉で皆さんも奮起されることでしょう。どうぞ末長くお幸せに~。