成婚インタビュー

  1. HOME
  2. ご成婚インタビュー
  3. 世界中の誰よりも君を愛し続けるよ

ネット検索
哲治さん50歳

世界中の誰よりも君を愛し続けるよ

お相手の氏名と交際期間を教えてください。
千秋さん(48歳)、交際期間は7か月です。
交際7か月でゴールインされた幸せいっぱいのお二人にお話をうかがいたいと思います。出会いのきっかけは何だったのでしょう?
千秋さん:
「くりんちゃあで知り合ったんですよ」
お二人ともネット会員でいらっしゃいますよね。最初に感じたお互いの印象はいかがでしたか?
哲治さん:
「にこやかでまじめそうな方だなぁと思いました」

千秋さん:
「写真より感じのよい方だなぁと思いました」
とても穏やかでにこやかなお二人ですね。お似合いですね。最初のデートではどちらへ?
哲治さん:
「海遊館でデート。結構僕がダジャレを連発してたんですが、ニコニコ聞いてくれましたね。その後は一緒に観覧車に乗って最高だったなぁ」

千秋さん:
「海遊館&観覧車と映画かな。前からメールで肩こりがあると言っていた私に、彼が無臭性のアンメルツを渡してくれて、その心遣いがうれしかったですね。それに彼のご両親に私のことを話してくれていて、うれしような気恥ずかしいような気分でした」
和やかで楽しいデートだったようですね。お二人の思い出の場所はどこでしょう?
哲治さん:
「USJのクリスマスかな」

千秋さん:
「クリスマスシーズンのUSJで過ごしたのが素晴らしかったです」
ロマンティックな思い出をつくられたのですね……お互いが好きなところはどんなところですか?
哲治さん:
「彼女はとても小柄なんだけど、いつも元気があって心にも体力にも余裕があるところがいいなと思いました。電車に乗っても、普通に席を譲ってあげるところとか……さり気ない優しさっていうのかな」

千秋さん:
「私のことを一番に考えてくれる優しいところが好きですね」
お話をうかがっていると、お二人の温かい和やかなオーラを感じますね。結婚を意識したキッカケやプロポーズの言葉を聞かせてください。それと相思相愛なお二人にあえてお聞きしますが、ここが良かった!というところも教えていただけますか?
哲治さん:
「初めて会った時に『あっ!この人僕にバッチリ合いそうだ』と感じました。直感でそう思ったのですが、日頃の彼女のしっかりした部分とか、私の足りない部分を補ってくれるところに惚れ込んで、『世界中の誰よりも君を愛し続ける』とプロポーズしました」

千秋さん:
「初めて会った日の帰りに交際を申し込まれ、お受けしたら私の両親に挨拶しないといけないなと話してくれたことで結婚を意識しました。『世界中の誰よりも君を愛し続ける』と言ってくれました。彼は私をを大切に思ってくれて、どんな小さな望みも叶えてくれます。家事も手伝ってくれるので言うことなしかな」
わぁ、すごい!大胆なプロポーズですねー!!。うらやましいです。聞いてるだけで映画の主人公になった気分がします(笑)。お二人がご結婚されることになって、まわりのみなさんはどのような反応をされたのでしょう? 
哲治さん:
「父は千秋さんに初めて会ったときに、この人なら息子に合うなと直感したそうですよ」

千秋さん:
「両親は大喜びで、友だちに話したら自分のことのように涙ぐんで喜んでくれました」
本当におめでとうございます。これからお二人はどんな家庭をつくっていきたいですか?
哲治さん:
「お互いの良いところを褒め合える家庭にしたいなぁ」

千秋さん:
「ありふれてるけど、笑顔の絶えない明るい家庭にしたいなぁ」
ラブラブなお二人ですが、今後上手くやっていくコツなんかあったら教えてください。
哲治さん:
「自分が悪いときは心から謝ること。寛容な心をもつってことかな」

千秋さん:
「どんなことにも感謝を忘れず『ありがとう』を言い、お互いを思いやる優しさをもち続けることかな」
感謝の気持ちと寛容な心~できそうでなかなか難しいことですよね。お互いを気遣い、思いやる心をもったお二人、どうかこれからも深い愛情を育てていってくださいね。最後にサンマリエの会員の皆さんへメッセージをいただけますか?
哲治さん:
「相性は外見だけではわからないことが多いです。どんどんメールなどでお話ししてみてください」

千秋さん:
「本当にどんなところで縁があるかわからないものです。一時は結婚をあきらめた時もありましたが、あきらめずにサンマリエで活動した
お陰で彼とめぐり会うことができました。どうか皆さんもあきらめずに頑張ってくださいね」 お二人のご多幸をお祈りしております。和やかなお時間をどうもありがとうございました。