成婚インタビュー

  1. HOME
  2. ご成婚インタビュー
  3. ラブラブパワーは地球を救う!!

ネット検索
律子さん34歳

ラブラブパワーは地球を救う!!

お相手の氏名と交際期間を教えてください。
裕之さん(34歳)、交際期間は7か月です。
ネットくりんちゃあが結びの縁となりましたネット会員のカップルです。こんにちは。
裕之さん:
はじめまして。くりんちゃあで彼女を見つけて、僕のほうから連絡を入れたのが縁となりました。

律子さん:
彼からアピールを受けて、メッセージをよく読んだうえで『とりあえず』連絡をとりました。
裕之さんは熱烈アピール、律子さんは冷静に対応をした形でスタートしたお2人ですが、初めて会ったときのことを覚えていらっしゃいますか?
裕之さん:
もちろん覚えています。明るくて話しやすい人だな、フレンドリーだしイイかもって思いました。

律子さん:
私も。受けた印象は彼と同じでした。なんか初めて会ったとは思えない感じでしたね。
初めてとは思えないデジャヴを感じた2人は、その感覚を実現されたわけですが、初デートで行ったのも『2人で行ったことがあるような』場所だったのでしょうか。
裕之さん:
そこまではないですね。長島アウトレットと、なばなの里に行きました。ただ…。
ただ?
裕之さん:
すごく寒かったんですが、そこで初めて手をつないだんです。
つないだ手の温かさは何となく懐かしい感じがしたような…。

律子さん:
そうね~。なばなの里でイルミネーションを見ていたときだったわよね。
ロマンチックなイルミネーションの洪水で、2人の心のライトも煌いたわね。
なんてロマンチックでラブラブなお2人なんでしょう!
裕之さん:
ラブラブですよ。ね~。

律子さん:
ね~。
世界はバラ色ですね。えーっと。では思い出の場所は「なばなの里」で決まりですよね。お互いのどこが一番好きですか?
裕之さん:
うーん。一緒にいて安心できるところですね。

律子さん:
一緒にいるときはもちろん、彼のことを考えるだけで穏やかな気持ちになれるところです。
すごく大切なことだと思います。その安心感を2人のものにするために、ご結婚を意識されたのですが、プロポーズは何と?
裕之さん:
照れくさいな。『笑顔が好きだから、ずっと、その笑顔を見て生きていきたい』といいました。

律子さん:
また泣いちゃうかも。『はい』と泣きながら答えました。
いやぁ、アツアツのラブラブですね。汗をかいてきちゃいました。
ちなみに、このプロポーズをされた場所は?
律子さん:
池でスワンボートに乗っていたときです。
私たちにとっては『ラブ・スワン』って名前をつけてもいいぐらい。
…更に室内温度が上がりそうです!
ご結婚されたばかりでのラブパワー全開のコメントをありがとうございます。
裕之さん:
そんなことないですよ。これが僕たちの日常です。
目指しているのは『笑顔の絶えない明るい家庭』ですからね。

律子さん:
ほんとですよ。人が集まってきてくれる明るい家庭を目指してます。
ラブラブパワーは、その原動力ですよね~。
「1人の幸せ+1人の幸せ=地球規模の愛情」ですね。
では、最後にサンマリエ会員へエールをお願いします。
裕之さん:
ILだけでなく、パーティー、くりんちゃあなど、活用できるものは、
すべて活用したほうがいいと思います。とにかく会ってからがスタートだと思います。
頑張ってください。

律子さん:
待っていても何も始まりません。とにかく行動あるのみです。
ためになるお言葉をありがとうございました。これからも仲良くお幸せに。