成婚ストーリー

  1. HOME
  2. ご成婚ストーリー
  3. いつもお互いの温もりを感じていたい

データ検索
博之さん47歳

いつもお互いの温もりを感じていたい

お相手の氏名と交際期間を教えてください。
益美さん(49歳)、交際期間は1か月です。
交際1ヶ月でゴールインされた熱々のお2人にお話をうかがいたいと思います。
出会いのきっかけは何だったのでしょう?
博之さん:
くりんちゃあを見たら、益美さんから申し込みがあったんですよ。

益美さん:
そうです。私から申し込みました。
お2人ともネット会員でしたね。最初に感じたお互いの印象はいかがでしたか?
博之さん:
透明感があって、きれいな女性だなぁって思いました。

益美さん:
柔和な感じで、とても落ち着いた話し方をする人だなぁと思いました。
好印象でのスタートだったんですね。お2人のお写真を拝見してとてもお似合いだな、いい感じだなぁと思いました。最初のデートでは何を?
博之さん:
食事して、いろいろ益美さんからお話を聞きました。楽しかったなぁ。

益美さん:
会話が弾み、共通点があり過ぎて驚きの連続というか、ずっと話していたいなと思いました。
まあ、期限切れにならないように、ちゃんとお返事はしましたね(笑)。
最初から、自然ないいムードだったようですね。
お2人の思い出の場所を教えてください。
博之さん:
初デートで待ち合わせした駅の時計台のところかな。

益美さん:
初めて会って、お別れの際に私から握手をした駅の改札口です。
ロマンティックですね……。しっとりと落ち着いたお2人にピッタリ。初対面から1ヶ月でご成婚ということですが、結婚を意識されたキッカケは何ですか? お互いのどこにいちばん惹かれたのでしょう?
博之さん:
彼女の優しくて女性らしさがあるところに惹かれましたね。
僕を気遣ってくれる思いやりにジ~ンときて(笑)。結婚しようと思ったのは、ごく自然な流れですね。

益美さん:
自然に時が流れるままに結婚を意識しましたね。
私を大切にしてくれる彼の思いやり、温かいハートに参りました(笑)。
お話をうかがっていると、こちらまでじんわりとした温かい和やかな雰囲気に包まれるようです。プロポーズの言葉はどちらから?
博之さん:
『いつも益美さんの温もりを感じていたい。結婚してください』と言いました。

益美さん:
『死ぬまで共にそばにいてください』と言ってくれました。
わぁ!ステキなプロポーズですね。うらやましいです。一生大切に胸の小箱にしまっておきたい言葉ですね。お2人がご結婚されることになって、周りのみなさんはどのような反応をされましたか?
益美さんは婚約されたお嬢さんがいらっしゃるそうですが……。
博之さん:
すごく喜んでくれました。

益美さん:
自分のことのように喜んでくれて……。応援してくれました。
本当におめでとうございます。幸せの花も満開ですね。
これからどんな家庭にしたいですか?
博之さん:
そうですね。2人仲良く明るく笑顔の絶えない楽しい家庭にしたいですね。

益美さん:
私も2人で末永く、円満な家庭を築いていけたらと思います。
これまでいろいろ苦労されてきたことも多かったと思うのですが、今後うまくやっていくために気をつけたいことはありますか?
博之さん:
隠しごとはしないで何でも言うこと、かな

益美さん:
秘密にすることなく何においても会話をもつことでしょうか。
何ごとも隠さずオープンにということですね。どんな些細なことでも会話をするというのは大切なことですよね。お互いを気遣い、思いやる心をもったお2人、これからも深い愛情を育んでいってくださいね。
最後にサンマリエの会員の皆さんへメッセージをいただけますか?
博之さん:
サンマリエの会員になって良かったです。
きっといい人が見つかりますので、あきらめずにがんばって活動してください!

益美さん:
サンマリエに入会1ヶ月目でお相手とめぐり合って交際となり、成婚に至ったことが本当に不思議で、今でも信じられない思いです。赤い糸は必ずあります。多くの出会いを大切にしてくださいね。
末永いお幸せをお祈りいたしております。
心にしみるお話、どうもありがとうございました。